昔と変わらないUがそこにいた

Pocket

久しぶりにUとあって新橋の居酒屋で飲みました。
こうしてUとゆっくり話ながら飲むのはもしかしたら初めてだったかもしれません。

「U」とは私の高校時代からの友人です。
今の私があるのはUがいたからと言っても過言ではありません。゚(゚´Д`゚)゚

高校生のときの私はうまく人間関係を築くことができず、いつもほとんど一人で過ごしていました(TдT) ウゥ…
当然学校も楽しくなかったので、毎日のように遅刻はするし、気分が乗らなければ授業も出ないでそのまま早退することもしばしばでした。
なので、なおさら人との関係も希薄になり悪循環に陥っていました。

一方のUはというと、勉強も学年トップレベル、ギターを弾けば速弾き世界ランキングに登録される程の腕前を持ち、さらに非常に明るい性格で友達も多く社交的な人間でしたヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

Uとは2年生のときに同じクラスになりました。

Uの本当にスゴイところは誰に対しても平等に接するところです。
いろいろな才能を持っていても絶対に人を見下すようなことはなく、私のような人間に対してもいつも対等に話をしてくれました。゚(゚´Д`゚)゚。

私は1年生のときは全然授業にも出ていなかったので当然学校の勉強なんてチンプンカンプンでしたが、試験前になるとUは私に優しく勉強も教えてくれました。
私がわからないことに対して、Uはそんなことは当然知っているという態度はとらず、「俺もよくわかんねぇな~」なんて言いながら一緒に考える振りをして教えてくれましたね。
あんな簡単なこと、Uからしてみればわかってて当然のことだったでしょうに(´゚’ω゚`)

そして、いつでも私以上に私の力を信じていてくれたように思います。
私の能力からしたらかなり難しい目標を立てても、Uはいつも私のことを一緒に頑張る仲間として同じ目線で受け入れてくれたように感じます。

そんなUの今はというと、大学院修了後に一部上場の大企業に就職して数年間働いたあと、現在は自ら会社を立ち上げ活躍しています(゚Д゚≡゚Д゚)
現在、メディアでも取り上げられているような有名な起業家や芸能人とも頻繁に交流しているようですが、数年ぶりの突然の連絡だったにもかかわらず、私が飲みに誘ったらすぐに時間を作ってくれました

今回バイクでの世界一周旅行を計画していることをUに話したら、特段驚くこともなく、目を細め微笑みながら「そういうのいいなぁ」って。まったくあの頃と同じような笑顔で( ^∀^)

久しぶりに会ったU
昔と変わらぬ笑顔で

以前ご紹介したNさんも、Uと同じように私のことを私の能力以上に評価してくれていますが、UはNさんとは反対に、私の事を全く心配することもなく、お前なら旅行も楽しんでくるだろうし、帰ってきてからの生活も自分で切り拓いていくんだろうなって感じで後押ししてくれたように感じました。

「日本に帰ってきたあと、何かあればいつでも頼ってよ!」ってUは言ってくれましたが、「頼ったりしないよ。でも相談させてもらうこともあると思うから、そのときはアドバイスちょうだいね」とだけ伝えました。
私は助けてもうらばかりじゃなくて、いつかはNさんに対してもUに対しても恩返しができるような人間になりたいと思っていますから ( ´∀`)

でも、そんな風に言いながらも、いざ私が困ったりしたら、きっとまるで呼吸をするかのようにごく自然に手を差し伸べようとしてくれてしまいそうなんですけどね。
それも鈍感な私には気づかないようにしれっと…。

出発を今年にするか来年にするか決めあぐねてはいますが、出発前にUと話ができて、良い時間を過ごすことができて本当によかった。

Uと過ごした高校時代
Pocket

このギャラリーは、3 枚の画像があります  写真 他