旅の相棒(バイク)の選び方

Pocket

世界を共に回る相棒(バイク)を何にするかというのもかなり悩んだことの一つです。

私自身、前にも述べましたが二年ほど前に急に思い立ってバイクで世界中を回ることを計画し、そこからバイクの免許を取得したのでほとんどと言っていいほどバイクに関する知識はありませんでした(今でもあまりありません)(;´Д`)アウ…。

ただ他のバイクで世界中を回った方々の書籍やブログを拝見し、マシントラブルバイクの性能で苦労をされた場面もしばしば登場してくる現実を考えると、実際にどんなバイクが良いのかは悩みました。

ユアンマクレガーの大陸横断バイクの旅の中でも、バイク選びは相当に迷走していました(といってもメーカにスポンサーとしてバイクを提供してもらうことを前提に話を進めていたので、それが難しかったのでしょうが)。
結局ユアンマクレガーたちはBMWのR1150GS アドベンチャーで冒険に出ることになりました。
このバイクは見た目もかなり男前ですが、価格も相当な男前Σ(||゚Д゚)なので私の相棒候補にはなりませんでしたが。
というより、そもそもが1150ccと大き過ぎて私が設定した基準からは外れていたので、最初から候補に入っていませんでした。

R1150GS

では、実際に私はどのような基準で相棒(バイク)選びをしたかというと、以下の4点です。

1.オフロードバイク
2.排気量500cc以上900cc未満
3.航続距離が長いこと(500kmくらい欲しい)
4.日本車

海外では悪路を走ることは避けられないのでオフロード車であることは必須でした。
更に以前紹介させていただきましたクロサワコウタロウさんの珍夜特急ユーラシア大陸編やおっさんさんのブログを拝見すると、排気量の小さいバイクでの巡行はエンジン負荷が大きく、かなり大変な思いをされているような記述がところどころあったため、ある程度排気量の大きいバイクであることも重要な条件と考えました。もちろん小型のバイクであることで取り回しの良さや悪路の巡行はより楽になるというメリットもあるので、そのあたりはどうしてもトレードオフの関係になってはしまうのですが…。また、反対にあまり大きすぎるバイクですと、それを乗りこなす技術は私にはないのでリッタークラスのバイクは対象外としました。
それともう1つ、大きな大陸を走るのに、ガソリンスタンドが数百キロ先まで無いヽ(ill゚д゚)ノ アンビリバーボなんてことも十分に考えられるので、航続距離も長い方が当然良いと考えました。
最後の条件の日本車というのは特に強いこだわりがあったわけではないですが、日本人として海外を走るなら日本車がいいかなぁ( ´∀`)bくらいの気持ちです。BMWのGS800とかカッコイイから全然乗りたいんですけどね。如何せん価格が男前過ぎる(゚Д゚;)アラマッのですよ。新人ライダーの私めがこんなん乗ってコケたら泣いちゃうよ。゚(゚´Д`゚)゚。ってのが目に見えていたので今回は他のにしよーっとって感じです。

BMW GS800

ところが、調べてみると日本国内で大排気量のオフロードバイクはかなり数が少ないということがわかりました。

一番最初に行きついたのがHONDAのアフリカツイン。名前もカッコイイしと思ってバイク屋で聞いてみると、古いタイプのもので状態の良いのを探すのは大変なのと車体が重いよ((((;゚Д゚))))とのこと。また、アフリカツインの後継車であるCRF1000L Africa Twinが2016年に発売予定と聞いたけれど、1100ccと大き過ぎることと、バイクの免許を取ってからあまりブランクを開けたくなかったので(バイクの免許を取得したのが2015年11月)発売を待つのはちょっとということで断念(´Д⊂グスン。

Honda_XRV_750_Africa_Twin_2000
CRF1000L Africa Twin

そのほかになるとこの条件を満たすバイクはKTMやトライアンフ、BMWといった海外産のバイクがほとんどで、どうしようかなぁなんて思っているときにたまたまネットで見つけたのがYAMAHAのXT660Zテネレヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

日本メーカーが出す排気量660ccのオフロード車、航続距離も約500kmとまさに理想的で、私が求める条件とピッタリΣ(゚∀゚)アヒャ。しかも見た目もメチャクチャカッコイイキャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

これだ!!コレシカナイ!!と思ってバイク屋を回りましたが、実はコヤツ、YAMAHAのバイクのクセにヨーロッパ限定車ときやがりました(TдT)
いい加減泣いちゃいますよ。もう逆におかし過ぎて笑っちゃいますよ(゚^Д^゚)゚。プギャーハハ。バイク屋さん曰く、この手のタイプのバイクは日本ではあまり売れないそうです。

確かに日本国内走るのにはこんなに航続距離無くても困らないし、山道走るならもっと小さくて軽い方が扱いやすいし、山に行くまでの移動でも高速道路で100km/hくらいで走るなら250ccくらいでもなんとかなるし、ちょっと向いてないのかもしれませんね…。

そんな風にあきらめかけていたとき、たまたま入ったバイク屋(モトランド平井店)の姉御肌の男前な雰囲気のお姉さんが、「テネレなら蒲田店の店長が乗っていて、その店長が積極的にテネレを仕入れているから蒲田店にならあるかもよ」とのことォオー!!(゚д゚屮)屮

まじかーい!!キタ━(゚∀゚)━!ってことで蒲田店に電話をしていただくと在庫があるとのこと。ソッコーその足で蒲田店に見に行きました。

そして、ここモトランド蒲田店のK店長はとっても親切な方で、バイクのこと全然知らない私に対して一生懸命相談に乗ってくださり、遂に念願の相棒(バイク)を手に入れることができました( ´∀`)つ□ 涙拭けよ!!。・゚・(ノД`)・゚・。

遂に手に入れた最愛のパートナー。・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )ヨチヨチ

愛車のテネレ

こいつと一緒にいろんな人に出会って、いろんな景色を見て、いろんなことを経験して、一緒に泣いて、一緒に笑って…
大変なこともあるとは思うが、よろしくナ((o(´∀`)o))

Pocket

このギャラリーは、6 枚の画像があります  写真 他

旅の相棒(バイク)の選び方への1件のコメント

  1. ピンバック:遂に届いた相棒(バイク)の装備 – 地球と遊ぶ バイクで行く世界一周の旅