ToiToiToiでアルマゲドン

Pocket

先日、中国の宇宙ステーション「天空1号」が地球上のどこかに落下するというニュースが駆け巡りました。

そのニュースに伴い、カフェToiToiToiではちょうどTさんが1日店長を務めたエープリルフールの日に、みんなで映画「アルマゲドン」の鑑賞会を行いました。
※カフェToiToiToiは大岡山にみんなでお金を出し合って作ったお店です。こちらについては機会があればどこかで触れたいと思います。

アルマゲドンってもう20年前の映画なんですね…Σ(゚Д゚)。今年の3月に大学院を卒業して4月から社会人となるToiToiToiの元アルバイトのS君が、その日お店に来てくれていたのですが、アルマゲドンが上映されていたのは彼が4歳かそこらのときだったというので、それはもうなんというかやるせない気持ちですよね。

アルバイトの子たちに私は「こんな社会人いるの?良いのそれで?大丈夫なんですか?」なんて聞かれてしまいますし、アルバイトの子たちとは同世代の人たちくらいの感覚で普段話をしてしまっているのですが、ぐうの音も出ないような現実を突き付けられた感覚です。

ま、私の考え方が緩いというか甘いということと、アルバイトの子たちはみんな考え方がしっかりしていて大人びているというのが年齢差をそこまで感じさせないのでしょうが、一回り以上年の離れているという現実を考えると、もっと頑張れオジサンよ!って言われないように本気で頑張らないと、若者たちの将来に希望を与えられないですよね…Σ(; ゚Д゚)ウハッ

別にかっこ悪いって言われたって良いじゃないダサいって言われても良いじゃない。それでもハートと瞳は輝かせていたいよね
でも、男に生まれた以上、損得じゃない、他の誰でもない自分自身がカッコイイって思える、自分自身に胸を張れる選択をいつでもしたいよね。
誰かのために一生懸命になれる人でいたいし、熱く生きていたいよね

私は弱い人間だからいつでもそういう風にいられないけど、やせ我慢でも良いから少しでもそんな風になりたいです。

アルマゲドンの上映会は、さすが鑑賞していた人たちは科学技術系のネタに強いだけあって、ところどころ突っ込みまくり。落ち着いて見てやいない。

でも初めてアルマゲドン見ましたが、みんなで見たからおもしろかったですね。ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

アルマゲドンの真似…
決してア〇ラ〇00%ではない
Pocket

このギャラリーは、2 枚の画像があります  写真 他