スノーピーク アメニティドームを試してみた

Pocket

先日のツーリングキャンプにて購入したばかりのテント(スノーピーク アメニティドーム)を試してみましたので良かった点、気になった点をまとめてみます。

スノーピーク アメニティドーム

【良かった点】

まず、作りがしっかりしているということ。使用されている生地やポールの材質など値段(29,808円)に比して非常に良いのではないかという気がします。旅先でテントが壊れてしまったときの睡眠の確保に大ダメージを与え兼ねないため、長く使うにあたって壊れにくいということは非常に重要な項目だと感じています。

また、このテントは強風に非常に強い作りになっているということです。Amazonのレビューでも他のテントが飛ばされているような環境の中でも、このテントは大丈夫だったというものがいくつもありました。
アフリカや南米では特に強い風が吹くことも想定されるので、私の中では最もこの点を評価してこのテントの購入にいたりました。

防水、保温もしっかりしているように感じました。先日のキャンプでは夜中は気温1℃まで下がったそうですが、テントの中はそのくらいの気温でしたらかなり快適でした。

【気になった点】

想定より大きかったです。バイク旅行において睡眠時にはパニアケースなどはテントの中にしまいたいので、2~3人用のサイズを選んだ方が良いという話がりゅうちゅんさんのブログにもありました。私自身も狭いテントの中で快適に眠れないということは心配ではあったので、大きい方が良いとは思うのですが、これからしばらく使ってみて、大きすぎることがデメリットになるのかどうかは見ていきたいと思います。

2点目に気になったことは、設営の手間が多少あるかなということです。強風に耐えらえるようにということで、ペグダウンする箇所が多いので多少手間がかかるかなという印象です。強風が想定されない地域ではペグダウンの箇所を減らしても良いかとは思うのですが、そのことによりポールへの負荷が大きくなって破損に繋がることは怖いかなと感じます。
ただし、この点についてはこれから使用していくにあたり、設営に慣れていくことでどこまで対応していけるかなという私自身のスキルの問題になってくると思います。慣れれば10分程度で設営できるという意見もありますので、そうなれば特に問題にならない点かと思っています。

キャンプ初心者のため、これからまだまだ慣れたり学んでいった方が良いことはたくさんあると思いますが、とりあえず一回使ってみた感想としては概ね満足のいくものでした。

Pocket

このギャラリーは、2 枚の画像があります  写真 他