抗マラリア薬は事前にテスト

Pocket

予防接種のお話に続き、実は結構厄介なマラリア予防薬のお話がございます(;´゚д゚`)エエー

世界で年間40万人以上がマラリアで命を落としているという非常に怖い病気であるにも関わらず、マラリアには予防接種というものがございませんΣ(゚д゚lll)ガーン
それでいて蚊というありふれた昆虫を媒介して感染するというとても厄介な病気ですΣ(||゚Д゚)ヒィィィィ

このブログをご覧になっている皆さんの中にはバックパッカーとして人気ブロガーでもあったご夫婦が2011年に旅先でマラリアで亡くなったという事件をご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。もちろんこの事件につきましては様々な要因が重なって、病院にかかるのが遅れてしまったという不運もあったのは確かですが、それでも依然としてマラリアが恐ろしい病気であるには違いありません

特にアフリカや南米のアマゾンの方に行かれる方は要注意の感染症なのですが、予防接種が無いならどのように防げば良いのか知りたいところですよね。

お医者様に伺ったところ、蚊に刺されないようにしてくださいとのことでしたハイ(ノ・∀・)ノ=●ウンコー!!

んなバカなって話ですよね。日本にいたって気を付けていても蚊に刺されることはありますし、ましてや海外を旅していて、場合によってはテント泊。野宿に野ぐ〇生活をしている人間が蚊に一度も刺されずに旅を終えるなんて不可能に近い。

で、全くどうにもならないかと言いますとそんなことはなく、抗マラリア薬というものがあるそうです。
でも、これはこれでなかなか面倒な代物であることには違いないのですけどね…。

抗マラリア薬には2種類あるそうで、まとめるとこんな感じです。

【メフロキン】
・毎週1錠服用
・830円/1錠(6か月分ですと、830円×25週=20,750円)
・副作用あり(目まい、嘔気など)

【マラロン】
・毎日1錠服用
・484円/1錠(6か月分ですと、484円×180日=87,120円)
・副作用なし

上記を考えると、滞在期間が長ければ長いほど経済的にはメフロキンの方が有利です。ただし厄介なことにメフロキンは30%の人に副作用の症状が現れるというのだから考えものですよね…。

ということを踏まえて副作用が無いか確認するために、お医者様より試しに事前に1錠処方していただくことが可能です(´▽`)アリガト!

そして私もお試しで1錠処方していただき7月10日に服用してみました。
その後なのですが、副作用があるのかどうか正直全くわからないというのが結果ですΣ(゚Д゚ υ) アリャ

その10日後くらいに飲み会があり、いつもより少し飲み過ぎてしまったなってことがあったのですが、不覚にも帰りの駅でリバース事件勃発。
また、服用20日後のこのブログを書いているこの日は多少の吐気があり、夜ご飯は軽めにしたのですが、これも連日の猛暑の影響でアイスを食べ過ぎたりビールをがぶ飲みしたりが影響しているのではないかとも取れなくもなく、普段あまり経験していないことが起きているのはこの薬のせいなのか、それとも疲れや猛暑による暴飲暴食のせいなのか全く判断がつきません。しかも病院でいただいた資料には服用後4週間は車の運転は避けるようにって…私バイクで毎日悪路を走り続けるのですが…

まあ気にしても仕方ないのでとりあえずメフロキンをもらって出発しようと思います┐(´д`)┌ハイハイ

だって、もしアフリカに6か月いるとしたら、マラロンですと484円×180日=87,120円って、ちょっと…って感じですからね…。

Pocket