ふもとっぱらでキャンプ

Facebook にシェア
Pocket

またまたキャンプの師匠Kさんにお誘いいただき、今回はかの有名なふもとっぱらキャンプ場でキャンプをしました。

私が寝ているときに一番キレに富士山が見えた(Kさんからご提供)

今回は、前回苦戦したテント設営は、Kさんの「今回は私は手伝わないよ」の一言で気合いを入れて行ったところ、とりあえず大まかなところはササッと設営することができ、「このくらいでできればなんとか大丈夫じゃない?」との合格点をいただくことができました。

約一年ぶりのキャンプ、テントや寝袋がカビてないかも心配でしたが、それもなく、まぁまぁなんとかうまく設営できました。

空前のアウトドアブームも相まってキャンプ場はテントがいっぱいでまるでお祭りかサーカス会場かと思わせるような大盛況っぷりでした。

 

テントがいっぱい

 

でも、大人になって自分でキャンプに行けばあの特別な雰囲気を味わえるんだということを知り、多くの人がキャンプにはまるのはよくわかるなと思いました。

皆さんも小学生や中学生のときに学校行事や子供会の行事でキャンプをご経験された方は多いかと存じます。
私自身、当時そういった行事でのキャンプが楽しかったかどうかは覚えていないのですが、キャンプ場の焚火の独特の匂いを嗅ぐと、あの頃の甘酸っぱい感情を思い出します。

焚火の火が消えてなくなりそうになるときの何とも言えない切ない気持ち。
朝霧の中の森の匂い。朝の片づけが終わればまた日常に戻るのかとなんとなくしんみりもしましたね。

焚き火の匂い

子供って子供なりにたくさん悩んでたくさん考えて、大人以上に真剣に物事に向き合っているんじゃないでしょうか?

大人になってもすべての大人はいつでも少年少女の日に帰れるはずです。

一日一日を精一杯生きていればその日はいつの日か大切な一日になるはずです。

良く脳科学の先生などが嗅覚は記憶を呼び起こしやすいと言いますが、私にとってはキャンプの匂いは少年の日に帰れるタイムマシンなのかもしれません。

ふもとっぱらにもテネレ
ふもとっぱらにもテネレ2
Facebook にシェア
Pocket

このギャラリーは、9 枚の画像があります  写真 他

ふもとっぱらでキャンプへの4件のコメント

  1. ピンバック:SOTOストームブレイカーの使用感 – 地球と遊ぶ バイクで行く世界一周の旅

  2. ピンバック:これは買わなくて良かったかなと思ったらとても便利だった – 地球と遊ぶ バイクで行く世界一周の旅

  3. ピンバック:アメイジングカントリーロード – 地球と遊ぶ バイクで行く世界一周の旅

  4. ピンバック:コレ、良いけどどうやって持ち運ぼう?? – 地球と遊ぶ バイクで行く世界一周の旅