踏み出せないでいる君へ

Pocket

私がこの旅に出ようと決めてから一時期はどうしてもたくさんの不安があったというのは以前お話しした通りです。

今の恵まれた環境を失うのが怖い、旅先で強盗に遭ったらどうしよう、荒野でバイクが壊れたら?、怪我や病気をしたら?、果たして帰国後は生活していけるのだろうか…?

どうしてもそういった不安や恐怖は拭えないでいました。

考えれば考えるほどそういった不安が次々に出てきました。

でもある時ふと気付きました。いろいろな不安なことを並べているけど、コレって結局はやらない理由を並べているのではないか…?

結局何かを決断するときは究極的にはやるかやらないか、もっと言えばやりたいかやりたくないのかの二択でしかないのです。

やりたいと思うならやると決めて、そのためにはどうしたら良いのかを考えれば良いのです。起きてもいないことや起きるかもわからないことをやる前から心配していたら何もできません。

でも、一方で私はやらないと決断することも勇気ある決断だと思っています。

最悪なのはやりたいけど、でもなぁって尻込みしていつまでも行動しないことです。

私は9年ほど前、初めてカンボジアを訪れたときは、何もない自分、何もできない自分に打ちひしがれていて、現状から逃げて全く別のことをしようと思っていました。

君たちの笑顔は私の宝物だよ

でも、あのとき、とにかく今は目の前のことを一生懸命やろう、それが今の自分にできる全てだと思い、環境を変えるでもなく、ただそのとき目の前にあることに真剣に向き合うことにしました。

それから9年も経て今、旅に出る決断をしました。

遅いと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私にとっては今がベストだって胸を張って言えます。

今すぐに何か別のことをやらなくて良いじゃないですか。まず目の前にあることに真剣に向き合えば必ず新しい扉が開かれます。そうすれば必ず美しい人、美しいことに出会えます。

そしていつか思い立ったときがその人にとってのベストなタイミングになるはずです。

だから思い悩むことはありません。どこかに行かなくても意識を変えるだけであなたは新しい人生を歩めます。

Pocket

このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他