海外旅行保険はどうする?

Pocket

長期の海外旅行になるので、誰に聞いても海外旅行保険は必須と言います。

それもそのはずで、海外で怪我や病気をして病院にかかった場合、日本では考えられないような医療費を請求されることがあります。海外旅行中に手術をして破産したという方は実際にいらっしゃるそうです。

ではどんな保険に入るのが良いのかということで色々調べてみたところ、国内の保険ですと大体の相場として年間40万円ほどとなっています。唯一他社と比べて圧倒的に安い保険が東京海上日動の海外旅行保険で、プランにもよりますが、年間およそ20万円程度となっています。

ただしこれらの保険は数年前に比べてどんどん高額化していってるようです。理由といたしましては、近年、海外旅行保険の保証を受ける件数が増えていて、かつ内容も高額化していることに起因しているそうです。

予想以上に高額なので驚いていたのですが、それでも裏を返せばそれだけ海外でトラブルに巻き込まれるリスクは高く、保険は重要なものだということが伺えます。

金額面を考えますと、国内の保険ではほぼ東京海上日動一択になってしまいますね(費用以外に譲れない保証の内容があれば当然別のものを検討する必要があると思いますが)。

国内の長期の海外旅行保険は予想以上に高額でした(-。-;

人によってはクレジットカードの自動付帯保険と利用付帯保険をうまく利用して、さらに別途加入する保険はバラがけにして必要最低限の費用に済ます方もいらっしゃるようですが、クレジットカードの海外保険だけが適用される期間などの保証はやはり心許ないですので、そこをどう捉えるかは難しい判断です。

私の保険に対しての考え方といたしましては、今後の生活や今回の旅に大ダメージを与えるような損害を受けかねないトラブルに巻き込まれたときに保証されることが何よりも大事だと思っているので、少額の細かい保証というのは私にとっては保険としてあまり意味のあるものだと思っていません。

ですので細かいオプションのようなものは不要と考えています。

国内の保険は確かに保証が手厚いですがその分費用が高いです。

そこで目を付けたのがドイツの保険会社のグローブパートナーです。

こちらの保険は費用は東京海上日動の海外保険の半額程度ですが、金額の割に手厚い保証となっています。

ただ細かいところで、携行品に対する保証が無いとか、病院にかかった時の通訳の費用が保証されないとかあるために敬遠される方も多いようです。

でも、実際問題として、携行品の保証はされてもされなくても旅を続けるという面においては関係が無く、盗難や紛失の際にお金がいくらか戻って来たら嬉しいよねくらいのものです。

通訳についても確かに現地語しか通じない地域ですと必要になるかもしれませんが、そのお金が無くて病院にかかれないとか破産してしまうということは考えられないと思います。これらの保証が無いために多額の借金を背負うようなことはまず無いので、私は気にしません。

保険は長期の海外旅行をする際には必須かつ高額なものになりますので、きちんと調べて選びたいですね。

ちなみに国によっては入国の際に英語の保険の証書を求められて、それがない場合、別途保険への加入をさせられることがあるようです。日本の保険会社の場合、英語の保険の証書の発行に数日かかるようですので、早めに検討した方が良さそうですね( ^ω^ )

Pocket

このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他