ロシアの格差

Pocket

ハバロフスクに滞在した日の夜、食事をしようと洋介さん、チアキさんと外に出ました。

ハバロフスクはウラジオストクからシベリア鉄道で繋がれていて、私たちのホステルはハバロフスク駅のすぐそばでした。

地図アプリで検索すると駅の反対側にも食事ができるところがあるようでしたので、そちら側に行ってみることにしました。

陸橋を渡って駅の反対側に行くのですが、その陸橋自体も駅の表側の賑やかさとは全く違い、陰気な雰囲気が漂っています。

陸橋から見える駅の反対側は明らかにスラムでした。

陸橋から見える寂れた家屋
賑やかな駅の表側とは明らかに違います

明るいうちにこの陸橋を渡って駅の表側に戻って来られるなら大丈夫だとは思うのですが、夕飯を終える頃には日は沈んでしまっていることでしょう( ̄O ̄;)

犯さなくても良いリスクは避けるべきと判断し、引き返しました。

ウラジオストクからハバロフスクまで来て、優しいロシア人に触れてきましたが、一歩奥に踏み込めばそこには安易な考えで踏み込んではいけない世界があるのも事実です。

ピカピカのレクサスやベンツといった高級車が走る一方で、このように激しくぶつけたような車も走っています

その背景にあることの多くが貧困や格差が大きいのではないでしょうか?

先日の上野会でGさんがアメリカの教育についてお話をされたとき、そこにいらしたKさんがニューヨークの格差のお話をされていたのを思い出します。

ニューヨークでも道路一本挟んだだけで、全くちがう世界になると…。

道のこちら側はキレイな身なりで教育水準の高い学校に通い、道を挟んだ向こう側はスラム…。

こういう区分けは自然とできてしまうものなのでしょうか?

私は小学校、中学校、高校と地元の公立の学校に通っていましたが、私立に行く人たちは、親御さんが、家庭環境の良くない子供たちから我が子を遠ざけるという意味もあったように感じます。

公立の特に小中学校はいろいろな家庭環境の子供たちが通いますが、私はいろいろな友人と一緒に机を並べて勉強をしたことは良かったと思っています。

もちろん中には素行のあまり良くない友人もいて、私の両親もそういう友人と付き合うことをあまり快く思っていなかったようですけど、私は彼らのいろいろな気持ちを知ることができましたし、私は私だから、彼らと一緒になって誉められないことをしようとは思わなかったので、何も問題なかったと思います。寧ろいろいろな事情を抱えた人たちと一緒に過ごせたことは私の人生にとってプラスであったと思っています。

しかし、国内だけでなく海外も含めたこういったことは安易に触れることはできませんが、考えずにはいられない問題です…

 

 

Pocket

このギャラリーは、3 枚の画像があります  写真 他