チタに到着!

Pocket

6/29(土)東京出発21日目、ロシア13日目

チェルヌイフェルスク~チタ 走行距離290km

チタに到着!

ブラゴヴェシチェンスクから約一週間かかり、久しぶりに大きな都市であるチタに到着したのはこの日の午後でした。

事前にチタ~ウランウデ間の治安が悪いと聞いていたため、先入観もあったためか、このチタの街に入った瞬間、ある種の嫌悪感というか陰気臭さを感じました(;´д`)

クマのオブジェなんか置いてありやがりますが、なんかどこか陰気臭い

街並みもあまりキレイでは無く、どこか歩いている人たちの雰囲気も好きになれません。

私たちの泊まるホステルは駐車場が別料金でこの建物の従業員の喫煙所の目の前で人の出入りも多く、そこは安心できるものでした。

ホステルにチェックインする際に、二段ベッドの上段は500ルーブル、下段は550ルーブルという案内があり、荷物をベッドのすぐ横に置ける下段の方が何かと便利なので、私も洋介さんも二人とも下段を希望しましたが、下段はどちらか一方だけと言われました(;´д`)

すると、すかさず洋介さんが上段を買って出てくれました。洋介さんはいつも私を優先してくださいます。本当に申し訳なくなってしまいます(>_<)

部屋に入ると二段ベッドが二つ、私たちとは反対側の二段ベッドの下段にはすでに先客がいるようでしたが、このときは不在でした。

夕食を食べに街に出てみるとそこは大きな都市だけあって食事できる場所もいろいろあり、そのあたりは便利そうには見えましたが、やはりどこか陰気な雰囲気が漂っています。

暗くなる前に帰りたいということと、雨が降りだしそうでしたので近くの中華料理屋に入ることに決めました。

当然のように我々の容姿を見て、中国語のメニューが渡されます。

ロシア語のメニューよりかは漢字である分、予想が付けやすいかと思ったのが、以外と悪戦苦闘(;´д`)

何度も注文を取りに来る店員にも申し訳無いので、結局エイヤ!で注文したところ、分量はかなりの量が出てきましたが、味はこれまたなかなかなものでした。

きっと、厨房にはきちんとした中華料理の修行をした人が調理をしているのでしょう。

お腹も一杯になり、ホステルに戻ると、別部屋に泊まっていたロシア人の老紳士が、キッチンにて手招きしています。

キッチンに行くと、何やらヨーグルトをご馳走したいのでここに座れと…。

中華料理でお腹一杯でしたが、せっかくのご厚意なので、席に着き、ヨーグルトをご馳走になりました。カスピ海ヨーグルトでしょうか?確かに濃厚で美味しいのですが、更にパンまで勧めてきます。お腹一杯の我々は頑張ってそれを頬張ります(;´д`)

ただ、この老紳士が我々を精一杯もてなそうとしてくれているのは非常によく伝わって来ました。

写真を撮らせてもらおうと思ったのですが、「私のようなお爺さんの写真は撮らないでくれ」と固辞されてしまったので、仕方なく諦めました。

部屋に戻り、暫くすると向かいのベッドの先客が戻ってきました。どうやらロシア人の期間労働者のようです。

ロシアではこういったドミトリーは旅行者よりも期間労働者が多く見られます。私がこれまでドミトリーで出会った旅行者は、ハバロフスクで出会ったチアキさんのみで、あとはみんなロシア人の期間労働者ばかりです。

この先客が戻って来るなり洋介さんが「この人はアレですね(>_<)、オイニー、ツイキーな(臭いキツイ)人ですね(;´д`)」と言います。

私はこのセキュリティの良くないドミトリーでは同居人に牽制する意味でもきちんと挨拶をしておいた方が良いと思い「ズドラストビーチェ(こんにちは)」とロシア語で挨拶をしたのですが、その彼は目も合わせることなく小さな声で「ya」と返事するだけでした。

それを聞いた私は咄嗟に思いました。明日はバイクの整備と買い出しの用事があるので、このドミトリーには二日間滞在しますが、その間、必ず何か物が無くなるな(-_-#)だってコイツ、物を盗りそうな顔してるもん(;´д`)

他の物は無くなっても仕方ないけど、パスポートと現金、カード類だけは絶対に肌身離さずにいようと決心し、不安なまま就寝するのでした(-_-#)

Pocket

このギャラリーは、3 枚の画像があります  写真 他

チタに到着!への2件のコメント

  1. アバター たなべ
    たなべ コメント投稿者

    ヒデさん、元気に大陸を走っているのを拝見出来て、良かったです。youtubeも見たよ~。面白いから、続けてね。(^^)/

    • アバター hide
      hide コメント投稿者

      わぁ(*^o^)/\(^-^*)
      ありがとうございます~!
      これは自分の記録用にもつけてますので誰も読む人がいなくなっても続けますよ~(o^O^o)
      楽しんでくださる方がいるならなお嬉しいです!