アルバニアという国

Facebook にシェア
Pocket

10/15(火)東京出発129日目、北マケドニア3日目、アルバニア1日目 マブロボ〜エルバサン 走行距離237km

みなさんはアルバニアという国をご存知でしょうか?私はこの旅に出てここまで来て初めてこのアルバニアという国を認識しました。マザーテレサの出生地ということで知っている方も中にはいらっしゃるかもしれませんね。今日はそのアルバニアに入ったというお話です。

 

朝起きて、この宿のご年配の女性に挨拶をします。今日はどこに行くのかと聞かれ、とりあえずアルバニアに入ると思うと伝えます。

すると、「アルバニアに入る前に、この国の南西にオーフリッド湖という湖があり、大変綺麗なので行ってみるといいわ」と教えてくれました。

もともと私はオーフリッド湖の北側の国境からアルバニアに入る予定でしたので、自然とオーフリッド湖を見ることになるだろうと思っていました。

この日も天気が良く気持ち良く走れます。この国を走っていて気付いたのですが、この国のお墓は非常に独特です。地面に薄い石版を刺しただけで、各々の石版の向きも揃っていないのです。旧ユーゴスラビアの国に入ったばかりなのでなんとも言えないのですが、旧ユーゴスラビアの国の中でもこのようなお墓を作る国はこの北マケドニアくらい(この記事を書いている時点で旧ユーゴスラビアの国にはまだモンテネグロとセルビアにしか行っていないのでなんとも言えないのですが)なのかなと思うとなんとも興味深いです。

小さくてごめんなさい
これが北マケドニアのお墓です。大変質素です

オーフリッド湖の近くに来て道路からオーフリッド湖が見えるかなと思っていたのですが、この道からは見ることができませんでした。南に下がって行けば見られるのかもしれませんが、オーフリッド湖の南から国境を越えられるかどうか不明だったので、残念なのですが諦めることにしました。

北マケドニアとアルバニアの国境も拍子抜けするほどあっさりとしていました。

まだ多少の北マケドニアディナールがあまっていたのでアルバニアのレクと換金してもらうことにしました。国境を抜けてすぐのところに換金所はありました。

事前に1北マケドニアディナールは2レクと調べていたので、持っている1,200北マケドニアディナールは手数料を差し引いても2,000数百レクになると思っていました。

するとこのガメツイ両替商は1,500レクだと言います。おかし過ぎます。普通のレートなら2,400レクのところを1,500レクとはありえません。それはおかしいと伝えると、1,200レクに1.5を掛けて1,500だと言います。そもそも1,2001.5を掛けたら1,800ですし、1.5って言うレート自体あり得ません。そのことを伝えると、仕方ないから1,800で良いとか言ってきます。だからおかしいから!今のレートは1北マケドニアディナールに対して2レクだと言っても、英語がわからないふりをします。

手数料を考えても2,200くらいにはならないとおかしいのです。こんなひどい換金所は初めてです。2,200だというと1,900だと言います。やっぱり自分がぼったくってるっていう認識はあるようです。だから2,200くらいが相場だからと伝えると、2,000だったら換金してやるけどそれ以上言うなら換金してやらないとまで言いました。

ここで換金できないとなると他で換金できる場所のあてもないですし、下手をすると1円にもならない恐れがあります。コイツがこんなに強気なのもそれがわかっているからでしょう。

仕方ないので2,000で良いと言うと、お前はなんて商売上手なんだというようなことを言ってきます。テメェ、そんだけぼったくっといて余計にムカつくんだけど(*ω´)

しかもしれっと1,900しか渡さない姑息さ(*ω´)

足りねぇぞというと、バレたかと言った表情でもう100レク渡してくるのでした。

気を取り直してアルバニアに入国して走り始めます。

するとこの国の美しさに一瞬にして目を奪われます。

国境を越えてすぐにオーフリッド湖が見えました。
大変美しいです

オーフリッド湖はこのアルバニアからでも見ることができました。ついつい無駄にオーフリッド湖を半周してしまいました。

あまりの美しさについついオーフリッド湖を半周してしまいました
近くで見るオーフリッド湖は息をのむほど透明で美しいです

しかし、この国のドライバーは大変マナーが良いです。車間距離を十分にとって決して無理な割り込みなどもしてこないため大変気持ち良く走れます。

途中立ち寄った町でATMを見つけたので現金を引き出します。

私がATMで現金を引き出してバイクのところに戻って来ると、右目が潰れていて右手の中指の第一関節から先が無い痩せ型の老人と89歳くらいの男の子が私のバイクを見ています。

この老人は喋ることもできないようです。私の存在に気付くとバイクのエンジンを指差して何か仕切りに伝えようとしてきます。おそらくエンジンの排気量を聞いているのだろうと思い660ccですよと伝えます。

すると伝えようとしたことが通じたのが嬉しかったのか嬉しそうに笑って、一緒にいる男の子に身振り手振りで何かを伝えようとしています。

今度はバイクを揺さぶる仕草をして何かを伝えようとしてくるのですが、何を聞いているのかわかりませんでした。ただ、何か同意を求めているような雰囲気でしたので、そうですよと伝えると、また嬉しそうに笑うのでした。

一緒にいる男の子はずっと無表情でじっとこちらを見つめているだけでしたので、この子が言葉を話せるのかどうかはわかりませんでした。

バイクに跨り準備をしていると、おじいさんはキックでエンジンをかけるのか?と言った仕草をするのですが、私がセルでエンジンをかけると、あぁ、なるほどと言った表情になります。

出発するときに、笑顔でバイバイと言って手を振ると、このとき初めて男の子もおじいさんと一緒に笑って手を振ってくれました。

ここから1時間ほど走り、この日滞在したエルバサンという町に到着しました。

エルバサンは昔ながらの建物が残った、石畳の大変美しい町でした。

ここの宿の方はアルバニア語とイタリア語しか喋れないようで、コミュニケーションに難儀しました。

夕食を済ませて宿に戻る途中、見知らぬ老夫婦に声を掛けられました。どうやら同じ宿に泊まっているドイツ人夫婦のようで、私が宿の中庭にバイクを停めているのを見ていたようです。

「宿の方とコミュニケーションは取れた?」とご婦人が尋ねてきます。

うまく取れなかったと答えると、「そうよね。あの人アルバニア語とイタリア語しか喋れないって珍しいわよね。私たちも困っちゃって。」と言います。現地の言葉しか喋れない宿の人は結構いますが、他に喋れる言語がイタリア語だということに珍しいと言ったのかどうかまではわかりませんでした。

すると今度はご主人の方が「バイクはレンタルバイクかい?」と聞いてきます。

日本からずっと乗って来たと答えると二人とも目を丸くして驚きます。「つい先日、スウェーデンから電車とバスでここまで来たっていう若者に会ってそれでも驚いたのに、日本からバイクで走って来たなんて信じられないわ」と言います。

ご主人が「我々は明日オーフリッドに行くんだ。バスでだけどね」と言います。

私は今日オーフリッドを通って来て大変美しい場所だったと伝えると、「あら、私たちとあなたは反対方向から来て、ちょうどすれ違う所で出会ったのね。どうか無事に旅を続けてちょうだいね」と言います。ご婦人がそう言った所で宿に到着し、お休みを言ってお別れしました。

素晴らしい景色と心癒される優しい人たちとの会話で、このアルバニアという国もきっと私にとって素敵な国であろうと予感させてくれる1日目でした。

Facebook にシェア
Pocket

このギャラリーは、5 枚の画像があります  写真 他