浮かれポンチのアントニオ

Facebook にシェア
Pocket

10/28(月)東京出発142日目、クロアチア2日目、スロベニア1日目、イタリア1日目 ザダル~ベネチア 走行距離428km

本当はもう一日クロアチアのどこかに滞在してからスロベニアに入ろうと思っていましたが、アントニオからお誘いがあり、また次の日以降しばらくは雨予報だったためこのままベネチアを目指すことにしました。

キャンプ場から見えるアドリア海も大変美しかったです

アドリア海沿岸の美しい景色の中、北を目指して走って行きます。

スロベニアとの国境は山の中にありました。

スロベニアから先はシェンゲン協定と呼ばれるルールが適用され、日本人であれば90日間はシェンゲン協定内の国は自由に行き来できます。

ですのでスロベニアの国境は多少は厳しいのかと思っていたのですが、ここもパスポートとバイクの登録証の提示だけであっさりと通過できてしまいます。

スロベニアでもまた大変美しい景色が広がります。

スロベニアも大変綺麗な国でした
天気がイマイチでもこんなに綺麗なのですから、晴れた日は本当に綺麗でしょうね

本来ならスロベニアもゆっくり回ってみても良いのですが、物価もここに来て更に上がりますし、この日のうちにベネチアに行くとアントニオに伝えているので先を急ぐことにしました。

しばらく走っているといつの間にかガソリンスタンドの表示価格が跳ね上がっています。

気付かないうちにイタリアに入っていたようです。

国境らしきものにも気づきませんでした。本当にここからはフリーパスなんですね。驚きです。

世界中がこうなれば旅行者にとっては大変ありがたいですが、なかなかそうも言ってられないのでしょうけれども(;´д`)

この日は久々に400kmを超えるビッグトリップであり、夜露でびしょびしょに濡れていたテントを乾かすのに時間がかかり出発時間も遅くなってしまっていました。さらに最近は非常に日が短くなってきているため17時頃には日が沈んできます。

私はこれまで朝は早く出発し、日が高いうちに走行を終えて夕方以降はゆっくりするようにしていたため、夜間走行はほとんどしてこなかったのですが、最近は日が昇るのも7時過ぎ、日が沈むのも17時頃と日が短いため、うっかり夜間走行をすることになることが増えてきてしまっています。

ヨーロッパに入ってから路面状況はかなり良いとはいえ、それでも私は海外ツーリングでの夜間走行はとても嫌です。この日はアントニオの借りているアパートに行けるので泊まる場所が決まっているという安心感はありますが、もう少し時間に余裕を持って行動していればと後悔していました。

渋滞に嵌ったりもして20時頃になんとかベネチアに到着しました。アントニオからは有料の駐輪場を紹介されていたためそこにバイクを駐輪することにしたのですが、なんと一泊18ユーロ…(-_-;)

この旅でロシアに入って以降、宿ですらそんなに高いところに泊まったことないのではないでしょうか( ゚Д゚)

しかし安全を考えたら仕方ないので諦めます。

しかもこの駐輪場からアントニオのアパートまで徒歩で30分以上離れています。

このとき私はsimカードを契約していなかったため、とにかくどこかのお店に入ってwifiに接続して、アントニオにそろそろ着くと連絡したいと思っていました。

しかしお店の前に出ているメニューを見るとどこも目ん玉飛び出るほど高いレストランばかりです。この日は朝食を摂って以来ほとんど何も口にしていなかったのでお腹も空いていました。

とにかくひたすら歩き回っていると7ユーロくらいで食べられるパスタ専門のファーストフード店を見つけたのでそこで夕飯を摂りながらアントニオに連絡しました。

おいおい、こんなんで7ユーロも取るのかよと思わず口に出したくなるようなカップに入ったなんともお粗末なパスタを食べながら、やっとこさアントニオに連絡をすることができました。

夜遅くなってしまって連絡もできずにいたのでアントニオには申し訳なかったのですが、ようやくアントニオのアパートまでたどり着くと、私が来るのを今か今かと待っていてくれたアントニオがアパートの部屋から「ヒデ!」と歓喜の声で呼びかけてくれました。

階段を降りてきてハグで出迎えてくれます。

部屋に案内されると部屋にはもう一人若い女性がいました。

事前にアントニオからガールフレンドと一緒にいるとは聞いていましたが、「なんだ、娘さんと一緒だったのか」と思った矢先、このクソオヤジはこの若い美しい娘さんとイチャコラして、ガールフレンドのノラだと紹介してきやがりました。

ここに写っている女性がノラ。アントニオのガールフレンドです。
人に撮ってもらった写真ですけど、私が写真を撮るのが下手なのではなく、カメラが悪いんだと最近思い始めています

なんなんだこのどうしようもないオヤジは(# ‛Д’)。陽気で良いやつなのは間違いないのですけど、このときばかりはちょっと本気でこのクソオヤジのことを嫌いになってしまいそうでした。

そしてウズベキスタンでこのクソオヤジが行った「イージーライフ」。あのときはそんなのは大して羨ましくないと思いましたが、これはさすがに少し羨ましいと思ってしまいましたよ。

しかし散々歩き回って汗を掻いて喉がからからだった私にビールを差し出してくれて乾杯したことで一瞬火が付きかけた怒りの炎もすぐに鎮火されたのですが。

カザフスタンの宿で偶然の再会以来でしたので、お互いに旅の軌跡を報告します。

アントニオはトルコからギリシャに入ってアテネでノラと待ち合わせをしていたというのは以前のブログで書いた通りなのですが、実はアテネでスリに遭ってしまったそうです。

財布を抜き取られて現金とその中に入っていたカード類が無くなってしまったそうです。そしてなんとそのすぐ後に今度はノラもスリに遭ってしまったとのことでした。

アントニオが予備の財布を持っていたためお金はなんとかなったそうですけど、やっぱりヨーロッパの観光地は恐いなぁと改めて思い知らされました。

アントニオとノラはアテネで数日滞在したのち、そのままフェリーでここベネチアまでやってきたそうです。

アントニオの旅ももうすぐ終わりですね。ベネチアからスイスまではあとほんの少し。気を抜かないでとにかく無事に帰宅することを願っています。

そうそう、アントニオは一旦帰宅したのち、11月は日本に旅行に行くそうです。東京と京都を訪問予定だということですので、もしこんな顔をした陽気なスイス人がいたら一発ぶんなぐってやってください。

こんな顔のスイス人を東京か京都で見かけたら、一発ぶん殴ってやってください

そして困っていたら助けてあげてくださいね。

Facebook にシェア
Pocket

このギャラリーは、4 枚の画像があります  写真 他