ないものねだり

Facebook にシェア
Pocket

11/4(月)東京出発149日目、スペイン2日目 バニョラス~リエダ 走行距離262km

朝起きて、バイクの無事を確認します。この旅が始まってロシアにいたころは慣れていなくてバイクが無事かどうか不安になることもあったのですが、モンゴルや中央アジアを経ていくうちにいつの間にかそういった緊張感も私の中でかけていたことに気付きました。この辺りで一回緊張感を持つのは悪いことではなかったように思います。

宿の優しいお姉さんに挨拶をして出発します。

♪  ∧,_∧  ♪
   ( ´・ω・) ))
 (( ( つ ヽ、   ♪
   〉 とノ )))
  (__ノ^(_)

イタリア(特にベネチア)、フランスに比べればスペインは多少は物価は安いのですが、それでも旅の前半に比べれば格段に物価が高いのは間違いないので、この辺りはいつか観光旅行目的で訪れれば良いかなと思っています。

自然や景色であればただただ圧倒されて凄いなって思えるのですが、美術館や建築物などは歴史的背景などがわからないとどうしても私は楽しめないので、今の私にはブタに真珠なのです。

いや、下手をすると「ウンコにカレー」くらいの勢いかもしれませんね(この場合、カレーまでダメになってしまいますからね)。私が下手に見て、下手な感想を言ったりすれば、それこそその美術品の価値を貶めることになりかねません(*´Д`)。

ブヒブヒ
   ε⌒ヘ⌒ヽフ
   ( ( ・ω・)  ブヒ
  ε⌒ヘ⌒ヽフ⌒ヽフ
  ( ( ・ω・) ・ω・)  ブヒブヒ
ε⌒ヘ⌒ヽフ⌒ヽフ⌒ヽフ
( ( ・ω・) ・ω・) ・ω・)
‘し-し-J し-Jし-J

この日もとにかく首都マドリードを目指すために西に進むことにしました。

でも、人間はつくづくないものねだりをするものだと思います。

西モンゴルを走っていたときは、早くロシアに戻りたくて、ロシアに入った瞬間心底ホッとしたものです。

ウズベキスタンからカザフスタンに入ったときもそうでしたし、カザフスタンからロシアに入ったときもホッとしたのを覚えています。

しかしトルコに入って東ヨーロッパを抜けて西ヨーロッパまで来た今、早くアフリカに行きたい!って思うようになりました。

もちろん東ヨーロッパは大変素敵で、もう少しいろいろ見て回りたかったという思いはありましたけれども。

正直東ヨーロッパくらいにいたときはアフリカに行くのは怖いという思いがありました。

今でもふとアフリカはちょっと怖いなという思いはありますが、西ヨーロッパの快適な生活が続くと、なんというか前に進んでいないような閉塞感を感じてしまうのです。

ヘタレな私はきっとアフリカに入ったら今の快適な生活が恋しくなるんでしょうけどね。

 

エーライヤッチャ
  エーライヤッチャ
     ヨイヨイヨイヨイ

 ♪ /|  /|  /|
♪ ∠_ノ ∠_ノ ∠_ノ
〈(・∀・)ノ・∀・)ノ・∀・)ノ
`└|==|┘|==|┘|==|┘
 〈 〈 〈 〈 〈 〈

でも、ずっと怖かったアフリカ。よし、行ってやろうじゃないか!って思えるようになるために、西ヨーロッパで過ごす今の日々は私にとっては必要な毎日なんだと思えるようになりました。

Facebook にシェア
Pocket