リョウさんの決断

Facebook にシェア
Pocket

12月26日(木)東京出発201日目、セネガル6日目 ダカール

さて、クリスマスも終わったので本気でビザ取りのために動き出すことにしました。

朝食を食べているときにリョウさんは今後どうするのか聞いてみます。

このまま日本に帰国するのか、私と一緒に南アフリカを目指すのか?

これまでの反応見た感じですとどっちとも言えないかなとは思っていたのですが、最終判断は当然リョウさんが決めることです。

私としては、リョウさんが例えどんな結論を出そうとも、違った形のそれぞれのアフリカ旅行が待っているだけですのでどうなるのかはその運命に委ねるだけです。

 

するとリョウさん「一緒に行こうかと思います」ということでした。

どうするのかわからないなぁとは思ってはいたのですが、その決断を聞くと、やはり驚きはありました。すでにリョウさんはシェ山田に3週間以上滞在していて、バイクの輸送業者を探したりしていたので、私が来るまでは完全に日本に帰国するつもりでいたわけですから。

 

しかし、リョウさんの決断を聞いたマサさんは「そりゃそうでしょ!ここまで来たら行くっきゃないっしょ!」って言っています。

私が「じゃ、マサさんも我々の後ろに乗って行くしかないですね」と言うと「いやぁ、それができたら最高なんですけどね。荷物積めないですからね(*´Д`)」と本気で残念そうに言うのでした。

 

そこに山田さんも起きてきて、リョウさんが私と一緒に行くという話を聞くと「えぇっーー!!マジで!!だって日本に帰るためにいろいろやってたじゃん!うわぁ、朝からめっちゃテンション上がる!それは最高だね!!」って大はしゃぎでした。

 

これからどんな旅になるのか想像がつきません。でも、また新しく私の旅は動き始めるのでした。

Facebook にシェア
Pocket