えっ…、ガーナビザ…

Facebook にシェア
Pocket

1月17日(金)東京出発222日目、ギニア9日目 コナクリ

この日はガーナビザを受け取りにガーナ大使館に行きます。
言われた書類は揃えて提出しましたが、本当にビザを受け取ることができるのでしょうか?

書類提出した時に担当の方が細かく確認してくれたわけではないので不備が無いとは言い切れません。

多少の不安を抱えつつも、最悪書類の修正や追加提出はあっても、ここで取得できないということは無いだろうと思いとにもかくにもガーナ大使館に行くことにしました。

ガーナ大使館に到着すると先日迎えてくれた優しい笑顔の男性がまた私たちを中に案内してくれます。

しばらくすると例の担当の女性がやって来て、私たちにガーナビザの張られたパスポートを返してくれました。

やった\(^_^)/

ガーナビザもここコナクリで取得できました!

と思って喜んだのも束の間、ガーナビザを細かく見るとガーナビザの申請日とビザの有効期間が1か月との記載しかありません。

この担当の方に確認するとビザの申請日の1月16日から1か月間有効なため2月15日にはガーナを出なければならないということです。

実はこれは大変困った事態なのです。

我々はガーナの首都アクラでアンゴラビザを取得予定でいます。
このアンゴラビザがまたまた曲者でたくさんの煩雑な書類の提出をさせるくせにビザ申請の受付が月火の午前中だけなのです。

今の我々の予定ですと、最短でもアクラに到着するのが1月31日(金)のため、アンゴラビザ申請に行けるのが2月3日(月)2月4日(火)だと思っていたのですが、2月4日はアンゴラの祝日でお休みで、火曜日が祝日の場合その前日の月曜日も休みになるという情報を得ていました。

月曜日と火曜日しか申請できないくせに、火曜日が祝日だと月曜日も休みって…。

そうなると我々が次にアンゴラビザを申請できるのは次の週の2月10日、2月11日になり発行が2月14(金)となります。

この日に無事ビザが発行されればギリギリ2月15日にガーナを後にすることができるのですが、今までアンゴラビザを申請した人で発行予定日にビザを取りに行ったら提出書類に不備があったので発行は再提出後の週明けになると言われた人もいるそうです。

そうなった場合、我々は完全にアウトです。

アンゴラビザ取得目前まで行って諦めないとならないのです。

こんな綱渡りで申請するのは危険すぎるため幾つかの手を打つ予定ではいるのですが、本当にうまく行くのでしょうか?

まずは月曜日と火曜日だけ申請可能という話ではあるのですが、一部の情報によると水曜日も受け付けてくれるかもしれないということなので2月5日の水曜日も申請に行ってみます。
また火曜日が休みだと月曜日も休みという情報も不確かな部分もあるので月曜日にも行ってみます(2月3日月曜日も休みなのかメールでも確認しましたが、返事はありませんでした)。
それからビザの発行は通常金曜日だということですが、エクスプレス発行を申請(50USDくらい追加で支払う)すると2営業日で発行してくれるということなのでエクスプレス発行で申請する。
最終手段としてガーナビザの延長ができないかアクラのイミグレーションに掛け合ってみます。

これだけの打つ手はあるのでなんとかなるだろうと思うのですが、小心者の私はそれでもやっぱり不安なのです…(*´Д`)

あぁ(;´д`)
不安だー
眠いぞー
Facebook にシェア
Pocket

このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他