全然考えていなかったけど世の中は動き始めているのか…?

Facebook にシェア
Pocket

2022年3月末~2022年5月末 日本

2020年3月に急遽アフリカのアンゴラ共和国にて当国のコロナ水際対策を受け、全部の国境が突然すべて閉鎖される事態に見舞われて緊急帰国をして早2年。
日本人の生活もコロナがあるのが当たり前にはなりつつも、コロナの影響を色濃く残している状況は相も変わらずでした。

私も週のほとんどが在宅ワークであり、外出時のマスク着用は当たり前、出勤数も減っていることから外食する機会も大変減っていました。

2019年の6月にロシアに向けて旅立つ前と今ではその生活様式は大きく変っているのは当然ですが、交友関係にも少し変化がありました。

ロシア行きのフェリーが同じだったモンキーライダーの洋介さんカレポンチ野郎炎の男大澤さんとは日本での居住地が近いこともあり、定期的にキャンプをしたりオフロードツーリングに出かけたりしていました。

3月も終わろうかという頃、この日も洋介さんと一緒にオフロード遊びをしていると洋介さんが思わぬことを口にしました。

「そろそろ世界的にはコロナも落ち着いてきたから旅を再開しようと思うんですよねー。5月くらいには出発しようと思ってます」

え?!なにそれ…。

私の中では全く旅の再開なんて考えるような状況にはなっていないと思っていたのですが、世間はそうでもないようでした。

実はすでに1月頃から私たちと同じようにブラジルにバイクを置いて緊急帰国された方がすでに南米にバイクを取りに出発していたり、オーストラリアツーリングを企てている方、複数年をかけて世界一周を企てている方などが動き始めているという情報も入ってきました。

なんだってー!?
でも確かに間が空けば空くほどにアンゴラに置き去りにしているテネレさんへのダメージも大きくなるでしょうし、早い方が良いのは確かです。

まだまだ何もアフリカのテネレさんのことを考えていない状況だったのですが、この日を境に急速に私もアフリカにテネレさんを迎えに行くことを考えるようになりました。

そうこうしているうちに、洋介さんは2022年5月末、ウクライナ情勢など大きな懸念点がある状況のまま単身キルギスにモンキーを迎えに旅立っていきました。

出発直前に大澤さんと3人で相も変わらず下ネタだらけの新宿で焼肉壮行会。仕方ないですよね。だってあの焼き肉屋、一杯目のビールからいきなり強烈な便所の臭いがしたんですもんね。

洋介さんは今回も長旅になると思いますが、体調には気を付けて良き旅にしてください。

Facebook にシェア
Pocket