ただひたすら走る それも大好きだな

Facebook にシェア
Pocket

2022年9月1日(木)2回目東京出発28日目、この旅トータル313日目 南アフリカ3日目 オーグラビーズ~クラバー 走行距離640km

もう私にとって今回の旅はあとは最終目的地のケープタウンを目指すだけです。ここオーグラビーズから先には特に見るべきものも無いためひたすらにケープタウンを目指して走るだけです。

オーグラビーズからケープタウンまでの間にも目ぼしい大きな街もないため宿を見つけることができるかの一抹の不安を残し出発しました。

しかし、南アフリカは予想以上に景色の美しい国です。緯度的に南北の違いはあれどヨーロッパに近いのでしょう。スイスなどの田舎を彷彿とさせるような山間部に花畑の広がる大変美しい景色が延々と続きます。

この日は移動だけが目的でその他には何もないのですが、私にとってはそれだけでも大変楽しいです。

しかしスプリングボックでは宿のおばちゃんに夜は大変治安が悪いと言われたのであまり遅くならないうちに宿を見つけたいところです。
(アンゴラでもジョージさんにナミビアは良いけど南アフリカは夜間は走行しないようにとの注意を受けていました)

夕方16時頃、大きく新しいガソリンスタンドを見つけ、落ち着いた雰囲気のクラバーという町に到着しました。調べたところ宿もいくつかあるようです。
町はずれに、建物は古いけれども大変手入れが行き届いており、すごく丁寧な接客をしてくれる白人男性が営む宿を見つけました。

さて明日はいよいよこの旅の最終目的地であるケープタウンを目指します。

トータル10か月、足掛け3年を要したこの旅もいよいよ終わりを迎えようとしています。
ケープタウンに到着した時、私は何を感じるのでしょうか?それは行ってみないことにはわかりません。

実はこの日、洋介さんからデンマークで「事故に遭った」という連絡が届いていました。
交差点で後ろから追突されたようです。幸い大きな怪我はなく、愛車のモンキーにもほとんどダメージは無かったようですが、携行しているバッグやテントなどに穴があいてしまったようです。

このような事故は自分がいくら注意していたところで完全に防ぐのは難しいものではありますが、私の旅もあと少し。とにかく安全運転で最後まで気を抜くことなく無事に日本に帰国できるようにしようと気を引き締めるのでした。

それにしても洋介さんに大きな怪我がなく本当に良かったです。また、この日はカザフスタンのアルマトイで出会ったデンマーク人のブライアン宅にお世話になる予定だったようで、事故の対応もブライアンが手伝ってくれたようです。

Facebook にシェア
Pocket