なんだって?!バイクが日本に送れない?!

Facebook にシェア
Pocket

2022年9月2日(金)2回目東京出発29日目、この旅トータル314日目 南アフリカ4日目 クラバー~ケープタウン 走行距離330km

遂に私の旅において長距離のライディングはこの日が最後となります。
本当にいろいろなことがありました。たくさんの人に助けられて、ときには嫌なこともあり、笑って泣いて怒って喜んで…。

あー、やっぱりこういう気持ちになるんですね。今、この瞬間を噛み締めながら走ろう。ただただそう思いながら最後のライディングを楽しみます。

クラバーからケープタウンまでの道のりも大変綺麗な景色が続いていましたが、ケープタウンに近づくにつれ、雰囲気はヨーロッパの大都会の様相を呈してきました。

午後2時半頃ケープタウンに到着しました。

この日は金曜日のため、週明けに事前に連絡を取っていた船会社に訪問しようと思っていたのですが、少し早い時間に到着したので、この日に一度顔を出して、事前にやるべきことを確認し、月曜日に一気に手続きを進めようと考えました。

船会社に到着すると、初め、年配の白人女性が対応してくださったのですが、事前に私がメールでこちらの会社の方とやり取りをしていたのはご存じなかったようで、電話で確認してくださいます。

すると今度は私より少し年長と思われる白人の男性がやってきて対応してくださいました。私が「日本から来たバイク乗りの…」と言うと、すぐに認識してくださり話をしてくださいます。

私:「週明けに伺うと伝えていたのですが、手続きをするために何をすべきが事前に確認させていただいて、月曜日にスムーズに手続きができるようにしたく本日伺わせていただきました」

担当者:「そうですか?まずあなたのバイクを見せてもらって良いですか?」

そう言うと表に出て私のテネレさんを確認します・

担当者:「輸送の際にはできる限りガソリンを抜いてください。そして輸送費は容積で決まりますので、フロントシールドとハンドルを外して、パニアケースは外すようにしてください。あとは必要書類なのですが、カルネはお持ちですか?」

え?!持ち出す際にやっぱりカルネが必要になるの!!
困った…。

私:「カルネ、必要なんですか?すみません。私はカルネを持っていないのです」

担当者:「…。カルネは必要です。輸送するときに税関を通さないといけないので。本当に持っていないのですか?どうやって国境を越えてきたのですか?」

私:「特に国境では何も言われませんでした。国境でも税関に行く必要はあるか確認したのですがその必要は無いと言われて…」

担当者:「そんなことは無いと思うのですが、困りましたね…。カルネが無ければこちらとしても対応できないのですよ」

私:「どうにもならないでしょうか?」

担当者:「どうにもできないです」

私:「実は古いカルネならあるのです。2年前にパンデミックのために緊急で帰国せざるを得なくなり、先月再度アフリカに戻ってきました。日本でカルネを更新しようと手続きをしたのですが、日本国内の独自のルールで2年ごとに車両のメンテナンスチェックをしないとならなく、そのチェックがされていない車両に対してはカルネの発行はできないと拒否されてしまったのです…。日本でカルネを発行してもらうのは、日本という国を考えると不可能に近いのです」

担当者:「この古いカルネではどうにもできないでしょう。本来なら入国時に国境にてカルネに一時輸入許可のスタンプをカルネにもらって、こちらから輸送する際に輸出の手続きをしたというスタンプを税関にもらわないと手続きができないのです。もう一度国境に戻ってスタンプをもらってくればなんとかなるかもしれませんが、このカルネは有効期限が切れてしまっているので恐らくそれもできないのではないでしょうか?」

せっかくここまで来たのになんということでしょう…。
本当にどうにもならないのでしょうか…。

もし本当にそうだとすると八方塞がりになる可能性があります。
アフリカは税関処理が厳しかったのでヨーロッパに戻れればなんとかなるかもしれません。しかしそのためには来た道を再度北上するか、東側のルートを北上するしか道がありません。

来た道を戻るのはかなりの時間を要するのとあまりにも道が険しすぎます。それにどちらのルートを行くにしてもそもそもカルネが無い時点で入国を拒否される国があります…。日本でカルネを発行してもらえない限りどうにもできないのですが、あの陸運局の対応からして何を言おうと覆りそうにありません。交渉するどころか人格否定に近い対応でした。

かといってこのままバイクを海外に置きっぱなしにするのは後々問題に発展する可能性があります。
あくまでも私たちツーリストは一時輸出一時輸入という形で必ず日本に持ち帰るという約束で海外にバイクを持ち込んでいるのです。

すでに金曜日の夕方になりこれ以上のことはここでは何もできないでしょう。

この船会社のご担当者も親身に話は聞いてくださいます。
もし国境に戻って古いカルネにスタンプをもらうとしたら、その際には電話をくれればこの担当者からも話をしてくださるとは言ってくれています。

まず、本当にどうにもならないのか?
もう一度冷静になって、何か方法が無いのか考えることも必要でしょう。カルネなしでも南アフリカにバイクを持ち込んでいる人はいるので、カルネなしで南アフリカからバイクを輸送した人は本当にいないのか?土日を使って情報収集をすることもやる価値はあるでしょう。

本当に困りました。正直どうなってしまうのか不安です。ここまで来て…

Facebook にシェア
Pocket