• どうしていつも私は…

    Pocket

    この旅に出るという話をすると、多くの方がスゴイねと言ってくださいます。でも、実際には全然スゴイ事ではないのは私が一番承知しています。

    努力や才能によって誰かに認められて勝ち取ったものでもありませんし、前人未到の挑戦でもありません。日本中探せば似たようなことやもっと全然スゴイことをやった人はたくさんいます。

    私はこの話を人にするとき、どうしても後ろめたさや恥ずかしさを感じてしまいます(-_-;)

    大学生や20代の若者ならいざ知らず、40手前のおじさんが何を言ってるんだ?って思われそうで、特に女性からしたら何も魅力のないおじさんになってしまう(一方でこれがあるから仕方ないんだよっていう言い訳にもできるありがたさ( ^ω^ ))のも恥ずかしさに拍車をかけています。

    でも実際のところ、20代ではなく今で良かったと私自身は強く感じてはいます。20代や30代前半までに色々な人に出会って、たくさん悔しい思いも嬉しい思いも、絶望に近いような思いも感じたことがありました。

    悔しくて悔しくておじさんのくせに涙を流したことも、怒りに震えて相手に掴みかかりそうになったことも、嬉しくて先輩や仲間と抱き合って喜んだこともありました。

    そう言った震えるような感動があって今の私がいます。

    これからだって日本にいて会社勤めをしていても同じように怒ったり喜んだり悔しがったりできると思っています(そんなやつが近くにいたら周りの人間にはたまったものではないでしょうけどね( ̄3 ̄))

    それでも行くってことには私にとっては大事にしていることなのだと思うので、胸を張って行けばいいじゃない!って思うのですが、そこが私の弱さなんだと思います。

    先日子育てをしているお母さんとお話する機会がございました。そのお母さんはお子さんに対してどこまでゲームやスマホを認めるかで悩んでいました。あまりやらせたくはないけれど、学校で仲間外れになってしまうのも可哀想なのである程度認めないといけないので、その線引きが難しいという良くある悩みだと思います。

    私は人の親になったことはないので何も言えることは無いのですが、個人的には、自分の子供だったらゲームはあまりやらせたくないですし、それで友達に何か言われても、「自分は自分」、周りと自分が多少違っても平気だっていう強い子でいて欲しいなんて思ってしまいます。

    そんなこと言うクセに自分はなんなんでしょうねぇ( ̄^ ̄)

    どうしていつも私は、こんなにも見栄っ張りで弱虫で…。

    Pocket

  • M先輩とミットネス

    Pocket

    先日紹介させていただきました武道の先輩であるM先輩は現在個人でキックボクシングのサークルを運営しています。

    格闘技って聞くとなかなか一般の方々にはハードルが高いように感じてしまいますが、M先輩はご自身の優しい性格から、今まで格闘技や運動に触れたことがなかった人でも楽しく体を動かせることを目的としたサークルを立ち上げました。

    私も嬉しいことにそちらのサークルにお声がけいただき、定期的に参加させていただいておりまして、この度、私が海外に行くと言うことで送別会をしてくださいました。

    短い間でしたけど本当に楽しい素敵な時間をありがとうございました。
    また帰国したらよろしくお願いいたします( ^ω^ )

    今まではスポーツを競技としてしかほとんどしたことがなかったので、純粋にスポーツを楽しむ機会に恵まれて本当に心休まる時間をくださいました。

    帰ってきたらまた一緒に運動したいので、よろしくお願いいたします。

    元同門のM先輩、Rさんと3人で( ^ω^ )
    M先輩とツーショット( ^ω^ )

    横浜での活動ですので、地域が限られてしまいますが、近隣にお住いの方でもしご興味ある方がいらっしゃいましたら、直接コメントからでもお問い合わせからでもご連絡ください。サークルの連絡先をお教えいたしますm(_ _)m

    毎回、初心者や女性にも多数ご参加いただいていますので、初めての方でもご参加しやすいと思いますよ( ^ω^ )
    Pocket

    このギャラリーは、4 枚の画像があります  写真 他

  • 日本出国時の通関業務

    Pocket

    日本を出国するときとロシアに入国する際にはバイクの輸出入になるため、通関業務が発生いたします。

    2019年5月現在ではバイクと一緒にロシアに渡る方法は唯一鳥取県の境港からフェリーで渡る方法しかございません。

    DBSフェリーに予約を入れるとフェリー会社の方から日本側の通関の代行業者とロシア側の通関の代行業者を紹介していただけます。

    ロシア側の通関業務はロシア語で行う必要があるため、これはほとんどの方は代行業者を利用すると思います。私も現在やり取りをしていますが、とても対応が早くて丁寧な方なので、安心して利用できると思います。

    日本側の通関業務ですが、こちらはもちろん代行業者を利用しても良いと思いますが、税関に問い合わせれば丁寧に色々教えていただけるようなので、時間がある方は自分でやるのもありだと思います。

    私もせっかくの機会なので自分でできることは自分でやりたいので、自分でやってみようと思います。

     

    Pocket

  • 昔の仲間が見送ってくれた

    Pocket

    昔働いていた会社の同僚が送別会を開いてくださいました。

    出発間際で、まだ仕事もしていて準備も整っていない段階で飲み会ばかりやっていて大丈夫かよヽ( ̄д ̄;)ノオイオイってのは言いっこなしで、こうしてたくさんの方々が見送ってくださることは本当に嬉しいことです。

    このメンバと働いていた頃は本当に仕事仕事仕事の毎日で、寝ているときさえもずっと仕事のことを考えていたように思います。

    とにかく良い仕事をして、お客さんや社会に貢献することが私にとっては全てであり、それ以外のことに煩わされることが億劫でした。

    仕事では周りとぶつかっていてばかりでもありました。仕事の意味を履き違えていて自分に優位に物事を進めることを目的に話をするヤツや、きちんと考えなければならないことをいい加減にして適当なことをするヤツらが大嫌いで、そういう人と対話をするのは面倒だったので、一切の配慮もなく、相手が誰であろうと、そういう人たちにはストレートにモノを言っていた気がします。

    当然そんなことをしていれば周りは敵だらけになりますし、円滑に進むものも進まなくなってしまいます。

    こうして今でもみんなで飲めることを嬉しく思います
    あの頃はありがとう( ^ω^ )
    これからも熱く頑張れ!

    今ならもう少しうまくできるでしょうか?それができるようになることが大人になることだとは今でも思ってはいませんが、仕事を円滑に進めることを第一の目的にするならば、くだらないと思ってもやらないといけないということは今ならわかります。

    当時は、大人になってもこんな嫌がらせをしてくるヤツっているんだ?!って思うようなこともありましたし、あまり良く知らない人たちが知らないところで勝手なことを言っているのも知っていました。

    まぁ、当時の私にとっては仕事を完遂することが何よりも大切でしたし、何かしてくるヤツには上司だろうが何だろうがこっちから正面切ってケンカを売っていたので、私からすれば辛いとか苦しいといった感覚はありませんでしたが。

    私の中にも自業自得だという認識もある程度はありましたしね。

    でも、そんなときでも、私のチームのメンバはいざという時になるといつも絶対的な味方でいてくれたということが本当にありがたく、みんなのお陰で私は困難からも逃げずに強くいられたのだと思います。

    みんなのスタンスも良い仕事をすることということに焦点が当たっていたため、私に至らないことがあれば遠慮なく厳しくご指摘もくださいましたし(もし遠慮があったのでしたら、それは私の至らないところであり本当に申し訳なく思います)、体力的にも精神的にもキツイときでも全力で仕事に取り組む姿勢にはいつも尊敬の念を抱いておりました。

    私は良い仕事をするために大事なことは、コミュニケーションとチームワークだとずっと思っていて、今でもそれは変わっていませんが、みなさんと一緒に仕事をして、もう一つ大切なことを教わりました。

    「勇気を持つこと」

    苦しい局面で判断を迫られ迷うことが何度もありました。そんなときいつもみんなは「やりましょう!リーダーがやるって言うなら付き合いますよ」って言って、それが例え困難な道であったとしても私に勇気のある決断をするように背中を押してくれましたね。

    そんな時はだいたいみなさんが大活躍して私を支えてくださったので、決断した私が実は一番役立ってないんじゃないかって感じて寂しく思うこともありましたが、本当にみなさんは心強く、ありがたい存在でした。

    あの頃、私が周りと揉めてばかりいて、みなさんにもたくさんとばっちりが行ってしまったことは本当に申し訳無かったですが、全力でぶつかっていたあの時も今と変わらず私にとってはかけがえのない青春の1ページです。

    今はそれぞれ別々の場所で働いていますが、みなさんが今もこれからも幸せに熱くご活躍されることを切に願っています。

    Pocket

    このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他

  • 大好きな大好きな最強の先輩たち

    Pocket

    私の武道の先輩で強く優しく美しい先輩たちにご挨拶をさせていただきました。

    大きな体躯からは想像もつかないトリッキーな動きで相手を翻弄し、スピード、パワー全てにおいて超一流のI先輩(I先輩は以前このブログでも紹介させていただきました)。

    体操選手のようにしなやかで恐怖すら感じるほどのあまりにも美しい身のこなしと鬼神のような荒々しさでKOの山を築く天才IM先輩。

    規格外のパワーを武器に、打撃、組み技、寝技あらゆる局面で圧倒的な力で相手をねじ伏せるM先輩。

    I先輩の奥様にして知的で強く優しく美しき女性戦士のMK先輩。

    本当に強くて優しくて素敵な先輩方に出発のご挨拶をさせていただきました。

    強く優しい最強の先輩たちと一緒に

    I先輩とMK先輩の結婚生活で「I先輩のオナラがクサイことにMK先輩が怒る」ということを皮切りに、誠実で真面目なIM先輩の「あ、オナラするんですね」のツッコミから始まった飲み会は、ずっとずっと笑いが止まらない楽しすぎる時間でした。

    小学生の頃のいたずらの話や、M先輩が高校生の頃に地元の不良にカツアゲされそうになってポケットの中のお金を必死に守りぬいたにもかかわらず、その戦闘でそのお金を落とし夜中に懐中電灯を持って探しに行ったエピソードなど、次から次へと飛び出す楽しい話題に抱腹絶倒の夜でした。

    I先輩が小学生の時に、給食当番をサボっているクラスメートを本気で殴り付けたというエピソードは特に印象的でした。生まれて初めて人を殴ってしまったこと、後から聞いたらその子はイジメられていて、汚いから給食に触るなって言われていたために当番を手伝えないでいたこと、殴ってしまってごめんねって謝ってそのあと仲良くなったこと。全ての出来事を面白おかしく話していましたが、I先輩の誠実さ、優しさが滲み出ていて私まで優しい気持ちになりました。

    先輩方から、また餞別をいただいてしまいました
    必ず先輩たちに恩返しをできる人間になります!

    現役時代、試合のプレッシャーと追い込み練習の激しさに思わず「なんでこんなことをやっているんだ。こんなことをやってても人生に何も残らない」なんて愚痴をこぼしたとき、I先輩は言いましたね。

    「何言ってるんですか! 確実に残ってるものがありますよ!体にダメージは確実に蓄積されてますよ( ̄^ ̄)」

    そんな風に冗談を交えていつも練習を楽しいものにしてくださっていましたね。

    でも、振り返ればたくさんの大事なものが残っています。

    夜遅くまで必死に練習した毎日。

    試合では声が枯れるほどに応援し、応援していただき、勝てば一緒に喜んでくださり、負ければまるで自分のことのように悔しがってくださいましたね。

    私も先輩たちが勝つとすごく嬉しかったですし、強い先輩たちにも関わらず負けてしまった時は悔しくて悔しくて納得がいかなくてどうしようもなく遣る瀬無い気持ちなりました。

    あれに費やした労力をもっと別のことにつぎ込んでいれば人生変わっていたよねぇなんて冗談を言い合ったりしますが、あの時も、そして今になっても思い出せば色褪せることのない宝石のように輝く日々だったことは間違いありません。

    あんなに強いにも関わらず、決して偉ぶらず傲らず、みんなに対して公平公正で優しい先輩方と過ごした楽しすぎる日々は私の人生に深く刻まれています。

    Pocket

    このギャラリーは、3 枚の画像があります  写真 他

  • 海外旅行保険はどうする?

    Pocket

    長期の海外旅行になるので、誰に聞いても海外旅行保険は必須と言います。

    それもそのはずで、海外で怪我や病気をして病院にかかった場合、日本では考えられないような医療費を請求されることがあります。海外旅行中に手術をして破産したという方は実際にいらっしゃるそうです。

    ではどんな保険に入るのが良いのかということで色々調べてみたところ、国内の保険ですと大体の相場として年間40万円ほどとなっています。唯一他社と比べて圧倒的に安い保険が東京海上日動の海外旅行保険で、プランにもよりますが、年間およそ20万円程度となっています。

    ただしこれらの保険は数年前に比べてどんどん高額化していってるようです。理由といたしましては、近年、海外旅行保険の保証を受ける件数が増えていて、かつ内容も高額化していることに起因しているそうです。

    予想以上に高額なので驚いていたのですが、それでも裏を返せばそれだけ海外でトラブルに巻き込まれるリスクは高く、保険は重要なものだということが伺えます。

    金額面を考えますと、国内の保険ではほぼ東京海上日動一択になってしまいますね(費用以外に譲れない保証の内容があれば当然別のものを検討する必要があると思いますが)。

    国内の長期の海外旅行保険は予想以上に高額でした(-。-;

    人によってはクレジットカードの自動付帯保険と利用付帯保険をうまく利用して、さらに別途加入する保険はバラがけにして必要最低限の費用に済ます方もいらっしゃるようですが、クレジットカードの海外保険だけが適用される期間などの保証はやはり心許ないですので、そこをどう捉えるかは難しい判断です。

    私の保険に対しての考え方といたしましては、今後の生活や今回の旅に大ダメージを与えるような損害を受けかねないトラブルに巻き込まれたときに保証されることが何よりも大事だと思っているので、少額の細かい保証というのは私にとっては保険としてあまり意味のあるものだと思っていません。

    ですので細かいオプションのようなものは不要と考えています。

    国内の保険は確かに保証が手厚いですがその分費用が高いです。

    そこで目を付けたのがドイツの保険会社のグローブパートナーです。

    こちらの保険は費用は東京海上日動の海外保険の半額程度ですが、金額の割に手厚い保証となっています。

    ただ細かいところで、携行品に対する保証が無いとか、病院にかかった時の通訳の費用が保証されないとかあるために敬遠される方も多いようです。

    でも、実際問題として、携行品の保証はされてもされなくても旅を続けるという面においては関係が無く、盗難や紛失の際にお金がいくらか戻って来たら嬉しいよねくらいのものです。

    通訳についても確かに現地語しか通じない地域ですと必要になるかもしれませんが、そのお金が無くて病院にかかれないとか破産してしまうということは考えられないと思います。これらの保証が無いために多額の借金を背負うようなことはまず無いので、私は気にしません。

    保険は長期の海外旅行をする際には必須かつ高額なものになりますので、きちんと調べて選びたいですね。

    ちなみに国によっては入国の際に英語の保険の証書を求められて、それがない場合、別途保険への加入をさせられることがあるようです。日本の保険会社の場合、英語の保険の証書の発行に数日かかるようですので、早めに検討した方が良さそうですね( ^ω^ )

    Pocket

    このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他

  • 生きる意味、生きる価値

    Pocket

    キャンプの師匠Kさんに対して以前、「私は結婚もしていないし、子供もいない。なので、誰かの役に立たとうとしなければ生きる価値を見つけることはできない」というような話をしたことがあります。

    するとKさんはこう答えました。「なんで価値のために生きなければならないんだ??考えたこともないよ(ー ー;)」

    Kさんはシングルマザーとして大学生の娘さんを立派に育て上げ、今では毎週末のようにサイクリングやキャンプ、山遊びをして人生を謳歌されています。

    もちろん人間ですから、Kさんにだって他の人からはわからない悩みだってあるでしょう。でも、キャンプをしたりトイトイトイに来てみんなと語り合い、跳ねるように手を叩いて喜んでいるKさんはいつも自然体でとても楽しそうです。そして、Kさんと過ごしている周りの人たちもみんな楽しそうです。

    人が生きている価値って、特別なことをしなくても十分なんだなって教えてくれます( ^∀^)

    Kさんの足に落ちた毛虫
    地球からしたらよっぽど人間よりも価値のある存在なんだろうな

    今年の三月にトイトイトイから巣立っていった元学生アルバイトさんたちに「みんながどこで何をしていたとしても、とにかくみんなが幸せに生きてくれること、それだけが願いだよ」と伝えると、その中の一人が「私はヒデさんに幸せになって欲しい」って、不覚にもホロホロホロ(´;Д;`)っとしてしまうようなことを言ってくれた子がいました。

    生きる価値だの意味だの考えてる俺ってくだらないなぁって思いました。例え社交辞令だとしても嬉しかったですし、嬉しいとか楽しいとかそれだけで十分なんじゃないかと。

    でも、大学生の女の子にそんなことを言われるなんて、私はよっぽど孤独なおじさんに見えたのでしょうか(ー ー;)

    そんなことないからね( ^ω^ )、おじさんだって一生懸命生きてるんですよ( ̄Д ̄)

    結局人生の意味や生きている価値なんてわかりません。Kさんのおっしゃるように考えるだけ無駄なんだとようやく最近になって思えるようになりました。よく自分探しの旅なんていう人もいますが、そんなもん、もし見つけたとしたらそれこそつまらない人間ですよね。だって人間なんて日々変わるから面白いのに( ^ω^ )変わりゆくものを見つけても、それはすぐに違ったものになってしまいますよね。

    敢えて言うなら、楽しい、嬉しい、悔しい、そういった感情の高ぶりが生きていることを実感させてくれて、それこそが生きている価値なんでしょうね。

    あとは願わくば、私の人生に例え意味が無かったとしても、私が生きて、もがいた結果が誰かにとって価値のあるものにつながってくれたら嬉しく思います。

    Pocket

    このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他

  • 仕方ないのはわかっているけれど…

    Pocket

    海外にしばらく行くので携帯電話の解約をしてから行きます。

    私が前回契約を更新してから1年10ヶ月ということで、認識しておりましたように解約に伴い違約金が発生いたします。

    私の場合、ガラケー+タブレットという過去思い浮かばないくらい大失敗の買い物をしてしまっていたため、違約金も携帯電話とタブレット両方にそれぞれ掛かってきます。

    さらに私はモバイルwifiも契約しているため、これについても違約金が発生いたします。

    ですので、単に解約するだけで3万円以上の費用が発生し、さらに分割していて支払いが済んでいない端末代金も合わせると7万円程度の費用が発生いたします∑(゚Д゚)

    端末代は購入したものなので支払いは当然ですが、違約金は2ヶ月ずれているだけで払わなくて済んだお金を支払わないとならないのは仕方ないとは思ってもモヤつきますね(><)

    境港出発が6月中旬で、その一週間前くらいに東京を出発します。境港を出発するギリギリまでwifiは使いたいので、解約日を予約したかったのですが、解約するのは当日本人が行ってその場で解約する以外方法が無いというのも、うーむ、仕方ないのかもしれないですが、モヤモヤしちゃいますね(¬_¬)

    って言うお話でした( ̄^ ̄)

    Pocket

  • 最後の予防接種(⌒▽⌒)

    Pocket

    このブログの記念すべき第1回目の投稿が予防接種に関するお話でした。色々な地域に行くので、旅を円滑に進めるためここは必要な投資だと判断し、予防接種はきちんと打ってきました。

    ついに計画してたのはうち終わりました\(^-^)/

    そして、最後に唯一たった一回の接種で免疫が作られる腸チフスについては直前に打ってから行こうと計画していたためこの時期になりました。

    正直もう面倒だから打たなくても良いかなぁなんて思っていましたが、知人に、以前に海外に行った際に腸チフスに罹り入院して大変な思いをしたので、腸チフスは絶対に打った方が良いよとのアドバイスをいただいたので、最後一回だけなのでと思い、重い腰を上げて行って来ました。

    これで当初から計画していた予防接種は全て打ったことになり一安心です。

    美人という部類ではないかもしれませんが、知的でハキハキした魅力のある小林聡美似の素敵な女医さんに、「気をつけて素敵な旅を」と笑顔で見送っていただきました。

    有効期限を先生が記入してくださいました(^o^)
    Pocket

    このギャラリーは、2 枚の画像があります  写真 他

  • F先生に見送られて

    Pocket

    9つも年下ですが、私が先生と呼ぶ方がいます。

    F先生は私が以前勤めていた会社に新卒で入社されてきました。

    大変失礼ながらF先生は入社してから周りからの評判はすこぶる悪かったのです。とにかく意見をはっきり言い過ぎることが上層部の人間からすると生意気に感じられたのでしょう。

    確かにF先生に良くない部分はあったのかもしれません。でも、私は新しく外から入ってきた人が率直に感じることを口に出してくれることは貴重な意見であり、それに向き合うことは更なる改善のために大切なことだと思っていました。

    完璧な人間なんているはずもなく、また完璧な会社も存在するはずが無いのですから。

    F先生はそこに考えるための一石を投じるきっかけをたくさん与えてくださっていたと思います。

    F先生のドギツイ意見や態度を見聞きする度に、私はこの会社に以前からいる人間として何ができるのだろうと常に自身を振り返るきっかけをいただいていました。

    人にとってありがたい存在とは、自身を正してくれる人よりも、問いかけてくれる人ではないでしょうか?F先生の発する意見に、いつも私は何者であり、どうあることが会社や社会から求められているのか問われているように感じました。

    確かにF先生は生意気だったかもしれません。でも若い世代が生意気でなければそのコミュニティは衰退するだけです。

    生意気な若者に挑戦させる社会であって欲しいと願っています。

    F先生に出会って私が社会の荒波に揉まれてどれだけ丸くなってしまったか反省の仕切りです。尖っているつもりでいたけれど情けないですね(´;Д;`)でも、年寄りが尖ったらそれはただの老害になるので、若い世代の意見を受け止め彼らが活躍できる環境を作っていくことがこれからの私の在りようだと思っています。でも若い世代に責任を押し付ける気持ちは毛頭ありません。願わくば一緒に最前線に立って戦いたいです。彼らのエネルギーに負けないだけのバイタリティを持った人間でいられるように一層の努力をする所存でございます(*^o^*)

    旅に出ることをF先生に伝えると、是非出発前に会いましょうと時間を取ってくださいました。

    帰国したらまた会いましょうとも約束を交わして。

    先生と別れたあと、そういえば一緒に写真を撮っていなかったことを思い出し、慌てて先生を追いかけて声をかけたところ、「何があったんですか!?どうしたんですか!?チャック全開で走ってきて∑(゚Д゚)」と先生節全開で笑顔で応じてくださいました。

    なるほど٩( ‘ω’ )و確かに下を見ると、全開となっているチャックの隙間から、白いワイシャツの裾が元気に飛び出ている姿がなんとも愛らしい(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    チャック全開のステキオジさんとイケメンのF先生

    いやはや、酔っ払ってチャック全開で全力疾走している私も愛くるしいステキなオジさんになったなと自画自賛して今日というステキな日を締めくくることができました(^∇^)

     

    Pocket

    このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他