• 何を言ってはいけないか考える

    Pocket

    友人同士でお金を出し合って作ったカフェ、toitoitoi

    ここでは月に一度くらいのペースで勉強会を行っています。若手研究者を中心に、各々の研究分野や自身の興味のあることをテーマにして、居間にいるような気楽な雰囲気で誰でも参加できる、昔のフランスにあったようなサロン文化をイメージしたものです。

    最近は我々の関係者だけでなく、ご近所にお住いの方々にもご参加いただき大盛況となっています。

    もしご興味ある方がいらっしゃいましたら是非立ち寄ってみてください。各種イベントの案内はフェイスブックやツイッターでも行っています。イベントに参加しなくても美味しいコーヒーと料理を準備してお待ちしております。私の旅の経過もココで情報発信されるのではないですかね??知らないけど。

    と、お店の宣伝はここまでで、今日話したいことは、この勉強会で出会った一人の青年の言葉にハッとさせられたというお話です。

    その青年はこんなことを言いました。

    「今の世の中、何を言うべきなのか、何を言わなければいけないのかを考える人より、何を言ってはいけないかばかりを考える人間ばかりで面白くない

    なるほど、そういうことだったのかということがわかりました。

    だからみんな社会でうまくやっていけるのですね。私はついつい思ったことをそのまま言ってしまいます。おかしなことを言っている人に遠回しに注意しても結局自分の都合の良いように解釈して全く伝わらないので、そのままストレートに言ってしまうのですが、そんなの当然軋轢を生みますよねー…。特に日本人の年配の男性の方で、世間的に地位が高いと自分で思っている人ほどくだらないつまらないみっともない自分本位な言動が多いので、そのまま伝えてあげます。

    あなたたちみたいな人が会社や日本をダメにしてるんでちょっと黙っててくださいって。

    って、おい、そういう発言だよ!

    さらに悪いことに、むしろコレ言ったらおもしろいかなって思って言ってみて大失敗みたいなことばかり。

    そうか、だから私はいろんなところで浮いてしまうのですね。うーん、社会不適合者は早く日本から出て行ってくださいという声が聞こえて来ます。

    口は災いの元ですね。

    ここのところ連続してバイク旅行とはあまり関係のない話をしていますが、出発直前を控えて色々な心の動きがあります。今何を考えどう思っているのか、出発を目前に控えてどのように心境が変化していくのか記録に残しておこうという意図です。

    バイク旅行がスタートしたら新鮮な旅行の話をしていけると思いますので、それまでしばしお待ちください。

    Pocket

    このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他

  • 本当は不安ですよ

    Pocket

    この旅のことを話すとき、多くの人が、すごいね、勇気あるねと言います。

    別に旅に行くこと自体は誰かに認められてとか何かを勝ち取ってというわけではないので何もすごくはないのですが、やはり決断するには勇気が必要だったのは確かです。

    一番大きな不安はやはり仕事を辞めて長いブランクを作ってしまうことです。

    私は独り身ですので、帰国後も自分一人だけが食いつなぐことはどうにでもできるとは思っています。でも、情け無いことに今の待遇を捨てるのは惜しいと考えてしまう自分がいます。

    今は本当に色々なことが充実していて楽しいことがたくさんあって、仕事も以前から希望していたことに近いことができていて、それでいて給料もプライベートの時間も十分満足できるものを得ていて、これを手放してしまったらもったいないって思う格好悪い自分がいます。

    自分に自信があるからこういう決断ができるんだねなんて言ってくれる友人もいますが、自信なんてないです。帰国した後どうなってしまうんだろうっていう不安はどうしたってあります。

    だったら行くの辞めればいいじゃんっていう意見もあると思います。それが一般的な考え方だと思いますし、バイク旅行をする意味や価値ってなんなのって考えたときに、結局は自己満足でしかないのですから。

    でもきっと、今私の目の前にあるものは、目を奪われるものではあるかもしれませんが、心を奪われるほど恋い焦がれているのかと言われると、今の時点ではそうだと言えるものではありません。楽しいな、幸せだなって感じてこの生活を守りたいと思う一方で、満たされない気持ちがどこかにあるのです。

    おそらくもっともっと人とうまく付き合うことができて、大切な人を見つけて結婚し子供を育てて行くようなことが私にできたなら、きっとそれは人生をかけて全うしたいかけがえのないものになるのでしょう。しかしながら私はそういうことがうまくできずに今まで来てしまいました。だからこそ、家庭を持ち家族を守る知人を見るにつけ、応援したくなるのです。

    別に旅に出たところで自分の中で何かが変わるわけでもないでしょうし、過度な期待しているわけではないですが、バイクにまたがって世界を廻ってみようって思ったその日から、私にとってはそれが心を奪われるものになったのだと思います。

    自分で動き始めたから今の幸せな毎日があります。だから、今回も勇気を出して動けば、動かなければ巡り会うことのなかった新しい毎日が始まることを期待して、進んでみようと思っています。

     

    目を奪われるものが たくさんあるだろう。
    しかし、心奪われるものだけを 追い求めなさい。

     

    ネイティブアメリカンの教え

    Pocket

    このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他

  • 平凡な幸せな毎日

    Pocket

    こんなことを言って良いのかわからないですが、今の生活は私の人生の中で最も幸せかもしれません。この旅の準備のため始めたキャンプオフロードバイクですが、それが楽しくて楽しくて毎週末が楽しみで、それをやるだけの十分な時間があって、仕事もそこそこ充実していて、これ以上何を望むんだって自分でもわかっています。

    この旅に出ると言って壊れてしまった人間関係もあります。

    なのになんでそこまでして行こうと思うのか。
    正直今のこの幸せな生活を守りたいって思わない日が無いのも事実です。

    毎日夜眠るとき、あと何日こんな暖かくてふかふかの布団で眠れるんだろうか、旅に出たらこんな安心して眠れる日の方が少ないだろうなとか日本にいたら当たり前に過ごしていることも幸せに感じます。

    多くの人に言ってしまった手前というのは無くはないのですが、私の人生なので、私が決めれば良いことです。

    でも、人生に疲れたからとか今の仕事が嫌だからとかではなく、今の毎日が楽しくて幸せで仕方ないけれどもそれでも行くって思えるのならば価値のあることなのではないかと感じます。

    私はこの旅から戻ったら、途上国で雇用を生めるような事業を興し少しでもその土地で暮らす人たちの生活を良くできるようなことをやりたいと思っています。

    そんな想いがあるならばすぐにでもやれって言う意見もあるでしょうが、どんなにゴタクを並べても、全ての行動は欲から生まれていて、この旅に行きたい、たくさんの人に出会ってたくさんのことを経験したい、雇用を生むような事業をやりたい、いつか誰かのチカラになりたい、‥たい、‥たい、‥たい。

    結局は自分がやりたいことをやらないで後悔したくないっていうだけなんですね。

    もっと他の人と同じようにいろいろなことに折り合いをつけてうまく生きることができたら、本当ならもっと楽に楽しく生きられるのかもしれないなぁ。なんて思ったりも。

    Pocket

    このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他

  • ハワイツーリング

    Pocket



    Nさんの結婚式のためハワイに行きましたが、直前まで結婚式以外の現地での予定を全く考えておりませんでした(゚A゚;)アチャー
    出発当日の仕事中にネットで現地でのアクティビティを調べたのですが、当然、すでに予約は埋まっており、はてさてどうしたものかと…。(;´Д`)アウ…

    その時、急にふとバイクをレンタルして島をツーリングすれば自由に行きたいところに行ける!と閃きました!ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャヒャヒャヒャ

    調べてみると、チェイス・ハワイ・レンタルバイクというバイクレンタルを見つけました。
    コレ幸いと早速レンタルの予約。ハーレーダビッドソンのフォーティーエイトという車種を予約し、そのまま日本を出発しました。

    初めてのハワイ、土地勘も無く普段はオフ車に乗っているのに今回は初めてのハーレーダビッドソン?!

    さてさてどうなるものかと不安になりながら恐る恐るツーリングにゴー+(0゚・∀・) + ワクワクテカテカ +

    いきなりホノルルの交通量の多い地域を普段とは全く勝手の違うバイクで走り始めたものですからおっかなびっくり(((( ;゚д゚))))アワワワワ

    でもバイクをホノルル市街から東に進めると、そこには有名な大きなダイヤモンドヘッドへと続く道があり、一気に交通量も減って最高に気持ちよく走れましたヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
    本来なら駐車場に駐輪して(ハワイではバイクは車を停めるところに一台分として停車して大丈夫だそうです)、ダイヤモンドヘッドに上りたかったのですが、目の届かないところにバイクを置いて観光する勇気がなく結局は外から眺めて終了したんですけどね(ちなみに後日、トローリーバスで行ってちゃんと登りました)。

    ダイヤモンドヘッドからの景色1
    ダイヤモンドヘッドからの景色2

    その後はマウイ島の東の海岸線から北部に向けてグルっと回っていくと、人もあまり多くないコバルトブルーのとっても素敵なビーチにでました(>Д<)ゝ”ウォォー

    コバルトブルーの海
    コバルトブルーの海2

    今度はバイクを停めて海を眺めていると、車でドライブしていると思われる欧米人から良く声をかけられましたボクタチ(゚∀゚)人(゚∀゚)ナカーマ

    バイクと海

    「おっ、なんだお前、ジャパニーズか?すげえクールじゃねぇか?お前のバイクか?」ъ(゚Д゚)グッジョブ!!

    バイクと海2

    レンタルバイクであって私のバイクではないけれどなんだか誇らしい。ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!
    自由に行きたいところまで走って行けて、バイク好きが話しかけてくれて、海外で一人でも全然ぼっちじゃない。

    全然スモールな旅行だけど世界規模でこれができたら楽しいだろうなってワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ

    まだ見ぬ大陸を駆け抜ける旅行に思いを馳せながら、プレ大陸横断旅行として小さな足跡を残してきました

    穏やかな海
    バイクと海3
    ハワイのサンセット
    部屋から見たサンライズ

    Pocket



  • Nさんの結婚式 イン ハワイ

    Pocket



    出発を一年見送った理由の1つに、普段から大変お世話になっている友人Nさんの結婚式がありました(・∀・)キュンキュン!

    始めは仕事で知り合った仲ですが、そのあとはプライベートでも大変お世話になり、この度、ハワイで極々近しい方だけで執り行うという結婚式にまでご招待いただいたのでした(´▽`)アリガト!

    例え今年出発していたとしても、旅を中断してでも必ず出席してお祝いしたいと思っておりました( ゚∀゚)ノィョ―ゥ
    様々な事情を鑑みて出発は一年遅らせることになったのですが、なにはともあれ、Nさんの結婚式に出席でき、直接お祝いの言葉を伝えられたことは本当に良かったです(´▽`)アリガト!アリガト!

    今まで何十回と友人の結婚式に出席させていただきましたが、海外挙式に出席させていただいたのは今回が初めてで、それはだいぶ趣の違うものでした。

    まず日本での結婚式の場合、新郎新婦は事前に入場の仕方や式の進め方など事前に練習するものだと思いますが、ハワイでの結婚式では、我々列席者と新郎新婦はほぼ同じタイミングで式場に入り、新郎新婦も式をどう進めるかその場で説明を受けておりました。

    その際の式場の方の言葉に非常に感銘を受けました。

    「結婚にもお祝いする方たちにも形式はございません。大切なのは皆様の気持ちです」

    もちろん、世の中には厳正なしきたりが大切な場面もあるとは思います。
    でも、結婚式は新郎新婦やそのご家族ご両親が主役で、その人たちが心から幸せだと感じる式である事が何よりも大切なのではないでしょうか?

    Nさんのお母様がNさんに向けた言葉

    「幸せになるんだよ」

    思わずグッと込み上げてしまいました(´;ω;`)ウッ…

    Nさんは誠実すぎるほど誠実で、ときにはそれが原因で人とぶつかる事があるかもしれません。それでも、私はNさんのような人が社会からきちんと認められ、大いに活躍でき、そしてご自身も幸せになれるような社会なら、日本はもっとずっと素敵な社会になるだろうと思っています(屮゚Д゚)屮カモォォォン

    なにはともあれ、Nさん、ご結婚おめでとうございます!!ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ

    Nさんのような立派な方に友人と認めていただき、結婚式にまでご招待いただいたことは心からから嬉しく、誇りに思います。

    どうか素晴らしい人生を!!

    Nさんとみんなで

    Pocket


    このギャラリーは、2 枚の画像があります  写真 他

  • 初めてのハンモック泊

    Pocket



    以前の風の強い日のキャンプにて本当はハンモック泊デビューをする予定だったのですが、あまりの風の強さに日和ってその日はテント泊にしたのでした(∀`*ゞ)テヘッ

    しかし遂に待ちに待ったハンモック泊を実践いたしましたΣヽ(`д´;)ノ うおおおお!

    ハンモック

    なぜテントを持っているのにわざわざハンモック泊??とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。
    ハンモックの利点としてはなんと言っても設営と撤収の手軽さ。木が二本あればそこにつるすだけです。撤収もそれを外してまるめるだけ。なんてお手軽なんでしょう!

    さらには寝心地の良さもテントより良いと思います(^o^)ノ < おやすみー。テント泊の場合は下に石が無いかとか傾斜やその向きを気にしたりしないと寝苦しかったり場合によっては腰を痛めたりするのですが、ハンモック泊の場合は地面の影響を受けず、優しく包み込むようにくるんでくれるので、非常に寝心地が良いです。下が濡れていても関係無いというのもよりポイントが高いですね。

    キャンプ場では少し開けた広めの場所が人気スポットで場所取り合戦になることもございますが、ハンモック泊なら今のところそんなことはあまりないです。

    デメリットとしては中に大きな荷物は隠せない( ̄ー ̄)bヨイショ、ちょうど良い木が無いと設営できない( ゚д゚)ドシタ風が強い日は難しい( ̄Д ̄ )モヒトツといったところでしょうか?

    そういったデメリットがあるのは確かですが、それを補って余りある利点がハンモックにはあると私は感じております。

    そして、実際にハンモック泊をした感想ですが、非常に快適でした(>Д<)オメデト

    注意点としては、夏でも床側は冷えるので、きちんとエアマットや銀マットは敷いた方がいいです。でも、寝ている間にずれてしまうので冷える夜ハンモック泊は少し難しいかもしれませんね。それを防ぐためにアンダーキルトと呼ばれる防寒用のギアもあるそうですが、それを付けると収納時のコンパクトさに欠けるので、今のところ私は考えておりません。

    ただし、この日は泥酔してハンモックに潜り込んだためにきちんとエアマットをきちんと体の下に入れられなかったというのも大きく影響したとも考えられなくはないのですが…。

    もし、これからキャンプを趣味にしようと考えていらっしゃる方や、すでにキャンプはやっているという方でもテント泊の経験しかないという方はハンモック泊をしてみると楽しいかもしれませんよ。

    ちなみに私の購入したハンモックはヘネシーハンモック エキスペディションです。こちらはこれ一個買えばタープも蚊帳もつるすためのロープもすべて付いているので非常にお手軽です。

    この夏、キャンプに行こうとお考えの方はぜひテント泊も検討してみてはいかがでしょうか?

    ハンモックから見た景色

     

     

     

    Pocket


    このギャラリーは、2 枚の画像があります  写真 他

  • 抗マラリア薬は事前にテスト

    Pocket



    予防接種のお話に続き、実は結構厄介なマラリア予防薬のお話がございます(;´゚д゚`)エエー

    世界で年間40万人以上がマラリアで命を落としているという非常に怖い病気であるにも関わらず、マラリアには予防接種というものがございませんΣ(゚д゚lll)ガーン
    それでいて蚊というありふれた昆虫を媒介して感染するというとても厄介な病気ですΣ(||゚Д゚)ヒィィィィ

    このブログをご覧になっている皆さんの中にはバックパッカーとして人気ブロガーでもあったご夫婦が2011年に旅先でマラリアで亡くなったという事件をご存じの方もいらっしゃるかもしれませんね。もちろんこの事件につきましては様々な要因が重なって、病院にかかるのが遅れてしまったという不運もあったのは確かですが、それでも依然としてマラリアが恐ろしい病気であるには違いありません

    特にアフリカや南米のアマゾンの方に行かれる方は要注意の感染症なのですが、予防接種が無いならどのように防げば良いのか知りたいところですよね。

    お医者様に伺ったところ、蚊に刺されないようにしてくださいとのことでしたハイ(ノ・∀・)ノ=●ウンコー!!

    んなバカなって話ですよね。日本にいたって気を付けていても蚊に刺されることはありますし、ましてや海外を旅していて、場合によってはテント泊。野宿に野ぐ〇生活をしている人間が蚊に一度も刺されずに旅を終えるなんて不可能に近い。

    で、全くどうにもならないかと言いますとそんなことはなく、抗マラリア薬というものがあるそうです。
    でも、これはこれでなかなか面倒な代物であることには違いないのですけどね…。

    抗マラリア薬には2種類あるそうで、まとめるとこんな感じです。

    【メフロキン】
    ・毎週1錠服用
    ・830円/1錠(6か月分ですと、830円×25週=20,750円)
    ・副作用あり(目まい、嘔気など)

    【マラロン】
    ・毎日1錠服用
    ・484円/1錠(6か月分ですと、484円×180日=87,120円)
    ・副作用なし

    上記を考えると、滞在期間が長ければ長いほど経済的にはメフロキンの方が有利です。ただし厄介なことにメフロキンは30%の人に副作用の症状が現れるというのだから考えものですよね…。

    ということを踏まえて副作用が無いか確認するために、お医者様より試しに事前に1錠処方していただくことが可能です(´▽`)アリガト!

    そして私もお試しで1錠処方していただき7月10日に服用してみました。
    その後なのですが、副作用があるのかどうか正直全くわからないというのが結果ですΣ(゚Д゚ υ) アリャ

    その10日後くらいに飲み会があり、いつもより少し飲み過ぎてしまったなってことがあったのですが、不覚にも帰りの駅でリバース事件勃発。
    また、服用20日後のこのブログを書いているこの日は多少の吐気があり、夜ご飯は軽めにしたのですが、これも連日の猛暑の影響でアイスを食べ過ぎたりビールをがぶ飲みしたりが影響しているのではないかとも取れなくもなく、普段あまり経験していないことが起きているのはこの薬のせいなのか、それとも疲れや猛暑による暴飲暴食のせいなのか全く判断がつきません。しかも病院でいただいた資料には服用後4週間は車の運転は避けるようにって…私バイクで毎日悪路を走り続けるのですが…

    まあ気にしても仕方ないのでとりあえずメフロキンをもらって出発しようと思います┐(´д`)┌ハイハイ

    だって、もしアフリカに6か月いるとしたら、マラロンですと484円×180日=87,120円って、ちょっと…って感じですからね…。

    Pocket


  • 一通りの予防接種完了

    Pocket



    半年かけてようやくほぼほぼ予防接種が完了しましたヽ(´ー`)ノバンザーイ

    なぜ半年もかかるのかは以前投稿した予防接種はお早めにをご参照ください。

    人によっては必要最低限で済ませるという方もいらっしゃるようですが、私はここはケチるところではないと判断して、受けるべきと思われる予防接種は全て受けました:(;゙゚’ω゚’):
    たびたびこのブログでも紹介している、今年一足早くバイクの旅に出発したメタボンさんは、出発前は予防接種は極力少なくという判断だったようですが、ロシアの虫事情を現地で感じて、ダニ脳炎の予防接種はロシアで受けたそうです。しかもロシアで受けると、日本で受ける場合の10分の1程度というからそっちの方がお得やんってお話です(;´゚д゚`)エエー

    旅先で病院に行くという煩わしさはあるかもしれませんが、そういう判断もありかもしれませんね(>Д<)ゝ

    私の場合はすでに2回目までのダニ脳炎の予防接種を受けてしまっていたので3回目も日本で受けましたドモヽ(´Д` ) ( ´Д`)ノドモ
    これで私の残った予防接種は出発直前に一回だけ受ければ良い腸チフスだけになりました☆。.:*:・’゜ヽ( ´ー`)ノスキ~リ♪

    ちなみに私は予防接種は西新宿にある東京医科大学病院の渡航者医療センターで受けまして、ここで予防接種を受けると以下のような予防接種記録カードを発行してくださいます。

    予防接種記録_表紙
    予防接種記録_中身

    これがあれば、いざ海外で病気にかかったりしたときに、どの病気の予防接種は受けているということもわかりますし、野生動物に噛まれた場合などには狂犬病への対処法も、これを参考にしてもらえるわけですねヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

    いやはや、長かったですね。予防接種は複数回接種しないとならないものもあって、出発前に予防接種を受けるのもそこそこ骨が折れます。繰り返しになりますが、海外で長期間の旅行をご検討されていらっしゃる方はお早めにご準備すると良いですよ。

    Pocket


    このギャラリーは、2 枚の画像があります  写真 他

  • 風の強い日のキャンプ

    Pocket



    先日、ちょっと遠出してまたキャンプをしてきましたヽ(・∀・ )ノ キャッ キャッ。

    湖畔でのキャンプでしたが、到着した時点でかなりの強風が吹き荒れていましたヘ(゚д゚)ノ ナニコレ?。

    お誘いくださったKさんとKさんのボーイフレンドのSさんはいつもキャンプではハンモック泊をされていて、私もお二人に影響を受け、設営や撤収の簡単さからハンモックも購入したため、その練習を兼ねてのキャンプでした(ハンモックについての記事は別途アップいたします)。

    しかし、あまりの強風のため、私はこの日はハンモック泊は避け、結局はテント泊にしたんですけどね(;゚д゚)ェ…。

    でもさすがはKさんカップル。お二人はタープを張って風を凌いでハンモック泊しておりましたΣ(゚Д゚)スゲェ!!。

    初心者キャンパーの私は強風でのテント設営に全く歯が立たず、結局またもやKさんカップルに多大なる手助けをいただいてしまいました(ヽ´ω`)

    風が強い日はまずはグランドシートも先にペグで固定し、さらにテントそのものも先にペグで固定したのち設営をした方が良いというアドバイスを頂戴して、お二人の助力のおかげでなんとかテント設営できました。
    こういった状況も考慮してこういったときでも一人でテントを張れるようにならないといけないですねΣ(; ゚Д゚)ウハッ。テントが飛ばされないようしっかりとペグダウンする必要があるので、付属の小さいペグでは厳しいです。私は20cmのソリッドステークのペグを6本ほど持っていたためなんとかしのぐことができましたが、あともう6本ほど追加購入をしようと思います。Sさんのアドバイスですと25cmくらいあるとより良いということでしたが、しっかりとしたペグって意外と重いので、そこは検討したいところです。

    強風に耐えるテント

    ただ、こんな風の強い日にはスノーピーク アメニティドームの前室がとっても便利でしたキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!。

    夕飯の準備もこの中で行ったためかなり快適に過ごすことができました。ただし、前室やテント内で調理などされる方は十分お気を付けくださいね。テントに火が燃え移ってしまったりΣ(゚Д゚ υ) アリャ一酸化炭素中毒になったりΣ(; ゚Д゚)ウハッ危険が伴うものですので、特にこの2点については火の扱いや換気を良くするなど細心の注意を払うようにしてください。

    前室で調理

    そしてここでもKさんカップルから夕飯の差し入れをいただいてしまいました(゚∀゚)ウッーウッーウマウマ

    Kさんカップルからの差し入れ

    KさんもSさんも本当に優しくて、素敵なカップルだなぁっていつも思います。いつもお世話になってばかりで申し訳ございません。

    しかし、さすがはスノーピーク アメニティドームです。評判通り強風の中でもビクともせず夜を越えましたΣ(゚Д゚)スゲェ!!

    次の日の朝には強風はすっかり止んで穏やかなとてもきれいな景色を堪能することができました。

    静かな湖畔
    静かな湖畔 – 別の角度から
    静かな湖畔に佇むKさんと愛犬
    アルプスの山とバイク

    Pocket


    このギャラリーは、8 枚の画像があります  写真 他

  • 最弱ソロキャンパー

    Pocket



    先日のツーリングキャンプを経験し、先日、今度はお一人様キャンプに行ってきました( ゚∀゚)ノィョ―ゥ。

    前回のキャンプで、すでにスノーピーク アメニティドームの設営は経験しているので特に問題はないと思っていました。しかし、一人で設営してみて大苦戦しました(゚Д゚≡゚Д゚)エッナニナニ?。

    そういえば、前回はKさん始めいろいろな人が手伝ってくれたので問題なくできた気になっていたのですね…。

    あまりに苦戦している私の姿を見るに見かねてか、隣でキャンプをしていたお子さん二人連れのお父さんが手伝ってくださいました(; ・`д・´)。

    お父さん:緑のポールは緑のところに刺してくださいね。

    :(そんなことわかってるし、そうしてるけど…)、…?…!?。色の無いポール、緑のところに刺してるし!?Σ(゚Д゚;)アラマッ

    お父さん:ここのポールはそのポールの上を通してくださいね。

    :(そんなこと知ってるし、そうするつもりだけど…)、…?…!?。反対に通してるやん!?エッ(゚Д゚≡゚Д゚)マジ?

    そんなこんなもありつつそのお父さんに助けてもらいながらなんとか設営完了しました。
    目標15分で設営って息巻いておきながら、結局1時間弱もかかってしまいました。

    でも、そのおかげでこのファミリーと仲良くなれたんですけどね。

    わんぱくぼうず:ねぇ、ねぇ、お兄さんお名前なんていうのぉ??

    :ヒデさんって言うんだよ

    わんぱくぼうず。゚(゚^Д^゚)゚。プギャーハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

    ひとしきり笑ったあと、

    わんぱくぼうず:ヒゲが生えてるからヒゲさん。゚(゚^∀^゚)゚。ギャーハッハッハッハッハッハハッハッハッハッハッハ!!

    そういって笑い転げていました。

    そんな子供の無邪気さにおじさんメロメロですよ
    それでもおじさんがお子さんと仲良くし過ぎるのもお父さんからしたら、この人変態だったら怖いなって思わせてしまうのは非常に申し訳ないので、適度な距離感は保つわけですけどね。

    夕方の時間になったので(というか寄り道しながらキャンプに行ったので着いた時点ですでに夕方だったのですが)、夕飯の準備でもしようかなとも思ったのですが、来る途中にうどん食べたり、道の駅でソフトクリームを食べたりとしていたため、そんなにお腹も減っていませんでした。

    なので、お腹がすいたら準備を始めようなどと考えてのんびりしていたら、あたりはとっぷりと日が暮れてしまいました。

    そろそろ夕飯の準備でもするかなと思い始めてヘッドライトを装着して夕飯の準備を開始したのですが、この判断が誤りだったことに気づきますΣ(゚Д゚;)ギクッ。

    辺りが暗くなってしまってからヘッドライトのみでの作業をすると、虫さんたちがそれを目指して猛然と突っ込んできます(;゚Д゚)エエー。とにかく顔面に向かって飛び込んでくるのです。
    更にはクッカーの中を覗き込みながら作業をすると、今度は照らされたクッカーの中に猛然と虫さんたちがダイブして、私の料理の出汁になってくれますΣ(`Д´ )マヂデスカ!?。

    なんとか料理を作り終えて食事を開始すると、猛然と突っ込んでくる虫さんたちは、食事をしている私の口の中にもダイブしてきます。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウァァァン。

    虫の大嫌いな私は、うあ゙ぁあ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・ あ゙ぁあぁ゙ああぁぁうあ゙ぁあ゙ぁぁってな具合です。

    もし焚火をしていれば煙やその炎自身が虫さんたちから守ってくれるのですが、そんな準備もなく、虫さんたちの猛攻をもろに食らうだけの夕飯になってしまいました。
    焚火って、ワクワクしてすごく楽しい気分にしてくれるけど、それだけでなくて夜間に作業をする上で実益ももたらせてくれるのですね…。

    次回は焚火をしよう(´Д⊂グスン。そう心に誓って就寝しました。

    お酒だけはちゃっかり夕方から…

    こんな風につらい思いもしながら人は経験値を上げていくのですね。

    Pocket


    このギャラリーは、2 枚の画像があります  写真 他