• カテゴリー別アーカイブ 出発前-日本にて
  • 上野の集まり(みんな違ってみんなスゴい)

    Facebook にシェア
    Pocket

    私にカンボジアの孤児院と出会うきっかけを作ってくださった、世界を股にかけて大活躍するキャリアウーマンのONさん。

    彼女の結婚式をきっかけに、ONさんとその旦那様のTさんも含め、結婚式に集まった(集まれなかった人も含めて)人たちで定期的に上野で集まる機会を設けてくれています(この会の音頭も毎回ONさんがとってくださり、そのパワフルさには本当に頭が下がる思いです)。

    今回は、バーベキュー形式で、神様に思わずパンチを食らわせたくなるような不公平さを感じざるを得ない才能に溢れるSさんにホスト役となっていただき、美味しいお肉を焼いたりもてなしてくださいました。ありがとう((o(^∇^)o))

    Sさんは一体、天から何物与えられたのでしょうか??

    才能溢れるSさん
    美味しそうなソーセージ!
    焼き手も最高
    焼き加減も最高
    お肉も最高(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    この日はその他にも、Gさんの貴重なお話を聞くこともできました。

    Gさんはアメリカでホームスクーリング(学校には通わず、家庭で教育を受ける)で教育を受け、大変優秀な成績を修め、現在は日系企業にお勤めになっています。ホームスクーリングに関しては様々な課題もあるとは思いますが、教育について改めて考える大変貴重なきっかけをくださいました。

    知的で心優しいGさん!
    優しい物腰、いつも丁寧な対応、見習いたいです!

    この他にもこの上野会にはたくさんの才能溢れる素晴らしい方々がたくさんいて、私のような下級平民がアホづら晒してボケっと突っ立っているだけで恥ずかしいのですが、今回はナント私の送別会も兼ねてくださっていたようで…(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    Tちゃんは日本一美味いピザを焼く最高峰の料理人
    一緒にアホづらしてくれる(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    こちらでもたくさんの方にご挨拶が出来て本当に嬉しかったです。

    Mさんには是非素敵な出会いがあることを祈ってます!
    ONさんの旦那様のTさんとそのご友人たちと!
    ちょっとの時間しかなくても駆けつけるYゲンさんはいつも男前!
    ONさんも一緒に!
    日本出発前に素敵な集まりに出席出来て嬉しいです!
    皆さんがこれからもその才能を遺憾なく発揮し、大活躍されることを期待しています!
    Facebook にシェア
    Pocket

    このギャラリーは、14 枚の画像があります  写真 他

  • ロシア側の通関、とりあえず今の段階でやることは終わった

    Facebook にシェア
    Pocket

    フェリー会社からご紹介いただいたロシア側の通関の代行業者とのやり取りがとりあえず終わりました。

    ロシア側はバイクの受け取り側になるので、こっちにはインボイスの作成などは不要です。また担当者はロシア人ですが、メールのやり取りも非常に迅速で丁寧にご回答くださいます。

    ロシア側に提出したドキュメントは以下になります。

     

    ・パスポートの顔写真のあるページの写真

    ・ロシアビザの写真

    ・自動車登録証(陸運局で取得します)の写真

    ・車台番号の写真(車検証に記載されている番号がバイクのどこかに刻印されています)

    ・国際ナンバーの写真(カルネ取得時にJAFで一緒に申請可能です。カルネは発行日から一年間有効なので、なるべく直前に発行してもらった方がいいのですが、お願いすれば国際ナンバーだけ先に郵送してくれますし、スキャンしたものも送ってくれます)

    ・バイクの外観写真(私は前後左右からそれぞれ写真を撮って送りました。実際には両サイドにパニアケースが付くのですが、付けない状態の写真を送って確認したところ大丈夫との返事をいただきました)

    ・バイクの車種と年式(普通にメール本文に記載)

    ・日本の車検証の写真

     

    あとは、ロシアをバイクで走るには別途任意保険の加入が必須で、何ヶ月必要か聞かれます。私の場合は何度かロシアを出入りしますが、有効期間内なら入出国してもそのまま使えるとのことでした。

    ロシアーモンゴルーロシアーカザフを経由して中央アジアに入るので2ヶ月もあれば十分だとは踏んでいます。ただし、トルクメニスタンのビザ取得が難しいことと、イランには250cc以上のバイクは入れないという噂も流れているのでそこをどうしても通過できなければロシアに戻るしか道はないので、余裕を見て4ヶ月入ることにしました。

    業者に確認したところ、2ヶ月でも4ヶ月でも10〜15USDで金額にもほとんど差は無いということです。

    Facebook にシェア
    Pocket

  • 退職、そして未来へ

    Facebook にシェア
    Pocket

    遂に会社に退職の挨拶に行き、手続きをいたしました。

    もともとこの会社での仕事は私が以前から希望していた仕事に近い仕事であり、この仕事に対して社会的意義ややりがいを強く感じていて、待遇面も含め非常に恵まれた会社でした。そして何よりこの仕事が好きだと言えます。
    働いていた期間は短かったですが、様々なことを経験させていただき、本当にたくさんのことがあり大変楽しい時間でした。

    退職の挨拶で社長と面談したときに大変うれしく思ったのが、社長が私に会社の未来の話をしてくださったことです。
    今までのことではなく未来の話を。そして、「君が帰国する頃には会社はこうなっているはずだから、もし君にその気があるなら戻ってきたらまた一緒にやろう」と…。

    もちろん先の話はわかりません。会社がそのときになっても私を必要としてくれるような状況かわからないということは認識していますが、それでも大変ありがたく嬉しいお言葉でした。

     

    私がオフィスを出るときに、オフィスにいたみんなが「行ってらっしゃい!」と笑顔で見送ってくださったあの瞬間、思わず右拳を突き上げ「行ってきます!」と返しました。

    帰国しましたら必ず皆さんに挨拶に伺います!

    次に会うときはお互いに今よりずっと逞しくなって会いましょう!

    Facebook にシェア
    Pocket

  • toitoitoiの熱い夜

    Facebook にシェア
    Pocket

    このブログで何度も登場するカフェtoitoitoi 。 ここの仲間が送別会を開いてくれました(^○^)

    とりあえず飲めればなんでも良い人たちがたくさん集まってくれ、盛大な会になりました。

    愛すべきロクデナシの唄!写真が全てを物語っています!

    お花を持って駆けつけてくださるなんて、なんて男前!!
    Good Stock TokyoのSさん!
    いつもtoitoitoiを気にかけてくださりありがとうございます!
    Good Stock TokyoのSさんと、toitoitoiの取締役のNさん!
    toitoitoi 継続の影の立役者!
    A君もわざわざ青森から駆けつけてくれてありがとう!
    「たまたま出張だっただけ」とか余計なことを言わなくていいから( ^ω^ )
    超絶イケメンで優しいMっきーもありがとう(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
    すげぇ嬉しいよ!
    静かなる天才Sちゃんも来てくれてありがとう(>人<;)
    やっぱりツレない珍獣Tさん
    今日は珍獣Tさんもノってくれた(>人<;)
    サイコーだぜ!Tさん!
    学生アルバイトとして支えてくれていたSさん!
    立派なエリート企業戦士になって元気な姿を見せてくれてありがとう!
    Yっさんと一緒に!
    Yっさん!
    何をやってるんだ!何を( ̄O ̄;)
    だからぁ、二人で何をやってるんだ∑(゚Д゚)
    ドヤ顔で見せてこられても…(-。-;
    マジでYっさん顔でかいし( ̄O ̄;)
    だからぁ、二人して何をやってるんだ∑(゚Д゚)
    てぃ○こ触るな!o(`ω´ )o
    ほら〜(-。-;
    気づいたら結局こうなる…( ̄Д ̄)
    気づけばいつのまにかたぬきカルテットになってるし…∑(゚Д゚)
    でも、Yっさんいいヤツだぜ!
    Yっさん!
    やっぱりお前はサイコーだぜ!
    なんと∑(゚Д゚)
    この日一番のサプライズ!
    オ〇〇ル〜(>人<;)
    元気にしてた??(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
    木曜の夜にこんなにもたくさんの方に集まっていただいて…。
    オメェらどんだけヒマなんだよ!(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
    Facebook にシェア
    Pocket

    このギャラリーは、20 枚の画像があります  写真 他

  • 初めて実感した

    Facebook にシェア
    Pocket

    もう出発日は目前に迫りながら、本当につい先日まで全く実感がありませんでした。

    まだ普通に仕事をしていて、生活がほとんど変わっていなかったというのが大きいと思います。

    しかし遂に協業先の企業の方々にご挨拶をし、片付けをしたことで強く出発を意識しました。

    やっぱり私は今の仕事が好きで、今の仕事の社会的意義も感じていますので、自分から離れるにもかかわらず、今のプロジェクトは必ず良い形で着地をして欲しいと強く願っています。

    目の上のタンコブだったにもかかわらず、同じプロジェクトのメンバから、「気をつけて!」「ブログ、チェックしてますから!」なんて言われてしまったらグッと来ちゃいますよ(´;ω;`)

    後のことはよろしくお願いいたします(><)

    片付けたデスク
    今までありがとう(>人<;)
    Facebook にシェア
    Pocket

    このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他

  • 人間は生まれながらにして演技者である

    Facebook にシェア
    Pocket

    先日、どうしていつも私はなんてタイトルでブログをあげさせていただきました。

    人は誰しもなんとか今の自分を変えたいなんて思うことがあると思います。

    私も自分自身のこういうところ嫌だなとか変えたいなって思うことが時折ございます。

    見栄っ張りだったり、口が悪かったり、男のくせに喋り過ぎたり、イジイジしたり…∑(゚Д゚)

    でも、確か高校生の時だったか、たまたま手に取った本の一節にこんな言葉が載っていました(出典がはっきりしていないものを載せるのはどうかとも思いますが、思い出せないのでご容赦ください)。

    「人間は皆、生まれながらにして演技者である。ただ、皆、悲しいほど演技が下手なのだ。だから一生をかけてなりたい自分に近づけば良いのだ」

    以前ブログで高校時代の友人Uとの話を書かせていただきました。高校の頃の私は周囲とうまく人間関係が作れず、私にとっては最も実りの多い3年間ではありましたが、一方で途中までは最悪の暗黒時代でもありました。

    そんなときにこの言葉を見かけて少しずつ前を向けたのも覚えています。

    「今から変えよう」でも「そのままの君で良いんだよ」でもなく、「時間をかけてなりたい自分を演じればいい。どうせみんな演技が下手なんだから」というこの言葉に少なからず心が軽くなりました。

    だって誰だっていつも自分という人間を演じていますからね( ^ω^ )

    家族の前での自分、職場での自分、友人の前での自分、恋人の前での自分…。それぞれの立場でみんな自分という人間を演じているんじゃないですか?

    見栄を張ったりするのだって人に良く見られたいからです。その人たちが好きだから良く思われたいんです(><)

    じゃ、自分を演じたっていいじゃない、どうせみんな演技が下手なんだから( ̄▽ ̄)

    Facebook にシェア
    Pocket

  • 目の上のタンコブ

    Facebook にシェア
    Pocket

    先日、仲のいい会社の同僚が送別会を開いてくれたという話をいたしました。

    それとは別に、協業している企業の方も交えて別で送別会を開いてくださいました。

    私は正直、今のプロジェクトの方々からは口うるさい目の上のタンコブ的な存在にしか見られていないかなと思っておりました(実際そうですよって声が聞こえてきそうですけど…)。

    我が強くて声がでかくて、それでいて口も態度もよろしくない。さらに男ばかりの職場とは言え下ネタも平気で言う、アレっ…∑(゚Д゚)ヤバいヤバい、側から見たらうわぁ( ̄O ̄;)下品な気持ち悪いおじさんじゃん…。

    私の中での働く私のイメージって、かっちりスーツを決め込んで、スマートに優しく微笑んでサクッと仕事をこなすイケメンのはずなのですが、全然違うですやん(‘Д’)

    仕事中、事あるごとに「いえいえ、まだ自分若いんで( ^ω^ )」なんて言っても周りはみんな苦笑い…٩( ᐛ )و

    本当にどうしようもないおじさんですね( ̄O ̄;)

    たくさんの方にご参加いただきありがとうございます!
    大変心苦しいですが、後のことはどうかよろしくお願いいたします(><)

    飲み会には、中には面倒だけど仕事だから仕方ないか…って思ってご参加くださった方もいたかもしれませんが、すでにプロジェクトを離れて別でご活躍されてる方もご参加くださり、皆さまにご挨拶できて嬉しかったです。

    私は今の仕事はすごく好きですし、社会的意義も大きいと思っています。離れてしまうことはとても心苦しく申し訳なくも思っていますが、この後のことはどうかよろしくお願いいたしますm(_ _)m

    Facebook にシェア
    Pocket

    このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他

  • どうしていつも私は…

    Facebook にシェア
    Pocket

    この旅に出るという話をすると、多くの方がスゴイねと言ってくださいます。でも、実際には全然スゴイ事ではないのは私が一番承知しています。

    努力や才能によって誰かに認められて勝ち取ったものでもありませんし、前人未到の挑戦でもありません。日本中探せば似たようなことやもっと全然スゴイことをやった人はたくさんいます。

    私はこの話を人にするとき、どうしても後ろめたさや恥ずかしさを感じてしまいます(-_-;)

    大学生や20代の若者ならいざ知らず、40手前のおじさんが何を言ってるんだ?って思われそうで、特に女性からしたら何も魅力のないおじさんになってしまう(一方でこれがあるから仕方ないんだよっていう言い訳にもできるありがたさ( ^ω^ ))のも恥ずかしさに拍車をかけています。

    でも実際のところ、20代ではなく今で良かったと私自身は強く感じてはいます。20代や30代前半までに色々な人に出会って、たくさん悔しい思いも嬉しい思いも、絶望に近いような思いも感じたことがありました。

    悔しくて悔しくておじさんのくせに涙を流したことも、怒りに震えて相手に掴みかかりそうになったことも、嬉しくて先輩や仲間と抱き合って喜んだこともありました。

    そう言った震えるような感動があって今の私がいます。

    これからだって日本にいて会社勤めをしていても同じように怒ったり喜んだり悔しがったりできると思っています(そんなやつが近くにいたら周りの人間にはたまったものではないでしょうけどね( ̄3 ̄))

    それでも行くってことには私にとっては大事にしていることなのだと思うので、胸を張って行けばいいじゃない!って思うのですが、そこが私の弱さなんだと思います。

    先日子育てをしているお母さんとお話する機会がございました。そのお母さんはお子さんに対してどこまでゲームやスマホを認めるかで悩んでいました。あまりやらせたくはないけれど、学校で仲間外れになってしまうのも可哀想なのである程度認めないといけないので、その線引きが難しいという良くある悩みだと思います。

    私は人の親になったことはないので何も言えることは無いのですが、個人的には、自分の子供だったらゲームはあまりやらせたくないですし、それで友達に何か言われても、「自分は自分」、周りと自分が多少違っても平気だっていう強い子でいて欲しいなんて思ってしまいます。

    そんなこと言うクセに自分はなんなんでしょうねぇ( ̄^ ̄)

    どうしていつも私は、こんなにも見栄っ張りで弱虫で…。

    Facebook にシェア
    Pocket

  • M先輩とミットネス

    Facebook にシェア
    Pocket

    先日紹介させていただきました武道の先輩であるM先輩は現在個人でキックボクシングのサークルを運営しています。

    格闘技って聞くとなかなか一般の方々にはハードルが高いように感じてしまいますが、M先輩はご自身の優しい性格から、今まで格闘技や運動に触れたことがなかった人でも楽しく体を動かせることを目的としたサークルを立ち上げました。

    私も嬉しいことにそちらのサークルにお声がけいただき、定期的に参加させていただいておりまして、この度、私が海外に行くと言うことで送別会をしてくださいました。

    短い間でしたけど本当に楽しい素敵な時間をありがとうございました。
    また帰国したらよろしくお願いいたします( ^ω^ )

    今まではスポーツを競技としてしかほとんどしたことがなかったので、純粋にスポーツを楽しむ機会に恵まれて本当に心休まる時間をくださいました。

    帰ってきたらまた一緒に運動したいので、よろしくお願いいたします。

    元同門のM先輩、Rさんと3人で( ^ω^ )
    M先輩とツーショット( ^ω^ )

    横浜での活動ですので、地域が限られてしまいますが、近隣にお住いの方でもしご興味ある方がいらっしゃいましたら、直接コメントからでもお問い合わせからでもご連絡ください。サークルの連絡先をお教えいたしますm(_ _)m

    毎回、初心者や女性にも多数ご参加いただいていますので、初めての方でもご参加しやすいと思いますよ( ^ω^ )
    Facebook にシェア
    Pocket

    このギャラリーは、4 枚の画像があります  写真 他

  • 日本出国時の通関業務

    Facebook にシェア
    Pocket

    日本を出国するときとロシアに入国する際にはバイクの輸出入になるため、通関業務が発生いたします。

    2019年5月現在ではバイクと一緒にロシアに渡る方法は唯一鳥取県の境港からフェリーで渡る方法しかございません。

    DBSフェリーに予約を入れるとフェリー会社の方から日本側の通関の代行業者とロシア側の通関の代行業者を紹介していただけます。

    ロシア側の通関業務はロシア語で行う必要があるため、これはほとんどの方は代行業者を利用すると思います。私も現在やり取りをしていますが、とても対応が早くて丁寧な方なので、安心して利用できると思います。

    日本側の通関業務ですが、こちらはもちろん代行業者を利用しても良いと思いますが、税関に問い合わせれば丁寧に色々教えていただけるようなので、時間がある方は自分でやるのもありだと思います。

    私もせっかくの機会なので自分でできることは自分でやりたいので、自分でやってみようと思います。

     

    Facebook にシェア
    Pocket