• カテゴリー別アーカイブ 旅の準備
  • 通関…

    Facebook にシェア
    Pocket

    6/14(金)

    バイクで海外に行くために日本側の税関を通さないといけません。

    遠路はるばるココ境港まで、大雨に打たれたりバイクを転倒させたりしながら一週間近くかけてのんびり楽しみながらやってきたのですが、私も洋介さんも、重大な忘れ物をして税関通せないなんてことはないよね( ̄◇ ̄;)なんて言いながら不安な思いでやって来ました(-_-;)

    不安な思いはありつつどこかどうにでもなるだろうという安易な発想も胸に、テントをたたんで荷造りをしたその足で税関を訪ねました。

    税関に着き担当の方に書類を提出すると、洋介さんはすでに何度も税関の方とやり取りをして書類を作成していたため、あっさりと書類が受理されました。

    私の方はというと、実は名古屋にいるときに税関から連絡が来て、先にFAXで送っていた内容ではダメだとこの期に及んで言われてしまっていました( ̄O ̄;)

    通関のために必要なインボイスという書類の記載基準が全く曖昧で、しっかり書くとそれは不要ですって言われたり、一方でコレは書かないとダメとかこっちの感覚ではよくわからない精度の記述を求められます。

    私の勝手な勘違いがあったので私が悪いのですが、サイドボックスに入っているスペアパーツやキャンプ道具は記載しなくて良いと思っていたら、それは書かないとならないという連絡があったのです。

    うーむ。サイドボックスに入っている工具類は書かなくて良いと言われたのを、勝手な拡大解釈でスペアパーツとキャンプ道具も書かなくて良いと判断してしまっていたのです(>人<;)

    全く基準がわかりません…。東京を離れる前にFAX送ってやり取りをしてたのに、私も簡単に考えていてきちんと確認してなかったから仕方ないですね。

    境港に着く前に言ってもらえていたので、着いた段階で税関のご担当の方に相談すると、バイクには載せられないので、フェリー会社に行って、手荷物として持ち込めないか確認するように指示をいただきました。

    しかし、フェリー会社に行くとパニアケースの中身を手荷物にする以前に、私がフェリーに持ち込もうとしている荷物自体がすでに制限の25kgを大幅に超えてしまっていました。これではパニアケースの中身を手荷物としてフェリーに持ち込むなんて到底できません。

    バイクをフェリーに運び込むのは次の日なので、時間がかかってもいいので、通関書類を書き直すことを決意し税関に戻りそのことを伝えると、あっさりそれでいいとのこと( ̄O ̄;)

    税関としては、インボイスに書かれている品目が多いと荷物を検品するのが大変だから、出来るだけ荷物を手荷物としてフェリーに持ち込ませようと、事前のやり取りではインボイスに書かない方向に持っていこうとしているみたいです。手荷物のチェックは日本側の税関では行わず、ロシア側のみで行うため、日本側の税関はそのように誘導してきます。

    でもフェリーに持ち込む荷物には重量制限があり、これを超えるとロシア側での税関を通すのにロシア到着後に一週間以上かかってしまう恐れもあるそうです。日本の税関はそれを知らないのかもしれませんが、ちょっと対応がまずいのではないかと感じざるを得ません。

    今後同様の行程でロシアからバイク旅行をする方は日本側の税関が誘導してきても、バイクに積載したままロシアに運ぶ品目は、きちんとインボイスに書くようにした方が良いです。

    結局洋介さんが日本側の通関があっさり行ったのはバイクに積載している荷物のほとんどをフェリーに持ち込む手荷物としていたからでした。

    しかし、私も洋介さんもフェリーに持ち込む手荷物が明らかに重量オーバーしていたため、フェリー会社の方がロシア側でトラブることを予見して、特別な便宜を図ってくださいました。フェリー会社の方の立場もございますのでその詳しい内容は控えさせていただきますが、後続される方はインボイスにはきちんと積載するものを記載して、フェリーに持ち込む手荷物も制限以下にする方が良いと個人の感想としては思っております。

    Facebook にシェア
    Pocket

  • 日本から住所もなくなります(><)

    Facebook にシェア
    Pocket

    6/6(木)

    国際免許を取得して、そのまま引き続き市役所に行き、転出届けを出して来ました。

    国内に住所を残したままですと来年は日本にいないのに住民税を納める必要が出てくるからです。

    1月1日に住所がある自治体にその年は住民税を納める必要があるため、今年一杯は住民税を納める必要があります。私はつい先日まで仕事をしていて有給消化中に出発するため、夏のボーナスをいただけるので、今年の分の住民税はそこから引いてもらうように会社にお願いしました。

    皆さんはちゃんと給与明細は見ていますか?

    住民税の額ってびっくりするくらい大きいです。半年以上分まとめて納めるとなるとそれはそれは目ん玉飛び出ちゃうくらいの額になります。

    私はなんか結婚もしてなくて子どももいないので、ほとんど恩恵を受けていないように思うのですが、それでもこれだけの額を毎月納めているのですから、国や自治体には心から明朗会計でこの国の未来のために税金を有効活用して欲しいと思います(><)

    住民票を抜いた私は晴れて38歳住所不定、もうすぐ無職(有給消化中に出発しますのでまだギリギリ会社員です(*´ω`*))の肩書きを得ることに成功しました(๑˃̵ᴗ˂̵)

    Facebook にシェア
    Pocket

  • 国際免許を取得!

    Facebook にシェア
    Pocket

    6/6(木)

    国際免許が海外でどこまで意味のあるものなのかわかりませんが(国によっては国際免許を見せても、日本の免許を見せろと言ってくる国もあるようです)、余計なトラブルを避けるためにも日本でできる(これは日本でしかできませんし)ことはきちんとやってから出発したいと思います。

    連日の飲み会で疲れが溜まっていたせいもあり、家を出るのが少し遅くなり、運転免許センターに着いたのが11時ちょうどくらい…。

    しかし午前の受付は11時までということで、結局午後まで待つことになりました(><)

    こうなるなら先に市役所に行って別の用事を済ませてからこっちに来れば良かった( ̄O ̄;)

    国際免許を取得するには私の管轄になる神奈川県では以下のものを持参して免許センターに行けば即日発行してくれます。

    やった(^○^)
    国際免許も取った(*´ω`*)

    ・現在所持している運転免許証

    ・パスポート

    ・証明写真(5cm×4cm)

    ・2,350円

    証明写真を撮り忘れて行ってしまったのですが、免許センターで撮影して無事取得しましたとサ( ^ω^ )

    Facebook にシェア
    Pocket

    このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他

  • カルネ到着!

    Facebook にシェア
    Pocket

    6/6(木)

    海外ツーリングで最も面倒だと言われているカルネが自宅に郵送されてきました!

    本当にいよいよって気がしてきました。

    カルネの有効期限は一年間ですので、出発ギリギリに発行してもらえるようにJAFにお願いし、カルネ、国際ナンバー、Jマーク(海外走る時に車体に貼らないといけないみたいですが、こんな大きいステッカー、車体に貼れないし、どこまで意味のあるものかは不明ですが)、その他よくわからない書類と一緒に同封されてきました!

    ついに届きましたね(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾
    書類関係の準備はもう少しだ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    JAFのご担当であるHさんには、私が申請に行った時に予約をしていなかったために軽く怒られてしまいましたが、最初から最後まで非常に丁寧に迅速なご対応をくださいまして、本当にお世話になりました(><)

    カルネという制度のせいで海外ツーリングを非常にしにくくなってしまっていますが、ヨーロッパや北米を中心にカルネが不要な国もたくさんあるので、今後そういった国がさらに増えていけば、海外ツーリングももっとやりやすくなるでしょうね(><)

    でも、今は今のルールがあって、この時代の旅をするというも大事だと思っています(行けない国が出てくるのは嫌ですけど、インターネットなど便利なものがどんどん出て来て、旅自体が簡易化されていくことは、一方で旅の魅力を下げてしまう一因になりかねないので、紙の地図とコンパス、運と勘を頼りに世界を回った昔の偉人に思いを馳せて…。)

    Facebook にシェア
    Pocket

    このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他

  • 紙の地図

    Facebook にシェア
    Pocket

    今回の旅で本当に必要かどうかわからなかったけれど、無いのは不安でしたし、例え不要だったとしても海外の道路がある程度わかる紙の地図はどうしても欲しかったものです。

    どうして地図を広げるとこんなにも気持ちが高揚するのだろう(*´ω`*)

    簡単に手に入れられる物だと思っていたのですが、amazonで検索してもイマイチ出てこず、取得するのに難儀していました。

    近年、世界中にインターネットが張り巡らせられている状況を考えると紙の地図の需要は減っているのでしょうね(><)でも、電波も電気も届かない地域ではやっぱりアナログが強いわけで…。

    神保町あたりに行けば地図の専門店もあるだろうと思っていたのですが、そういったお店は日本の古地図など、実用的なものというよりも、文献的な価値を持ったものを扱っているお店がほとんどで、私のように海外を旅をするための地図というものはなかなか見つけられませんでした。

    ネットで検索すると日本橋にある「ぶよお堂」というお店が世界の地図を専門的に扱っているということで、早速行ってみました(*´ω`*)

    行ってみるとそこは海外旅行者にとっては宝の宝庫(*´ω`*)

    いろんな国のいろんな地図が店内いっぱいぎっしり並んでいました。

    とりあえず、世界地図と、wifiなどネット環境が整っていないところを多く通過しそうなモンゴル、中央アジア、アフリカの地図を買って大満足(*´ω`*)

    地図を見ているだけで世界に馳せる思いは強くなり、まだ見ぬ景色がイメージの中で膨れ上がります。

    私にとってはロマンの詰まった宝の地図(*´ω`*)

     

     

    Facebook にシェア
    Pocket

    このギャラリーは、3 枚の画像があります  写真 他

  • K店長からの餞別

    Facebook にシェア
    Pocket

    バイクのことでずっと懸念していたことがございました。

    ずっと前のブログで紹介したクロサワコウタロウさんの最高傑作、珍夜特急で絶対必要だったという話が出てくるセンタースタンドについてです。

    通常バイクのスタンドはサイドスタンドと呼ばれる、バイクの横に一本付いているつっかえ棒のような形状のものが一般的です(自転車のロードバイクやマウンテンバイクのスタンドをイメージするとわかりやすいかもしれません)。

    ただ、サイドスタンドですと、バイクを停車させている時も常にタイヤが地面に接地している状態になります。

    ダートを走ると舗装路を走るのに比してチェーンのメンテナンスの頻度は格段に増えますし、後輪を浮かして作業したいことは非常に多いと思います。

    そこでクロサワコウタロウさんはセンタースタンド(ママチャリのスタンドのイメージ)は必須であり、それが無かったために非常に苦労したという話が登場します。

    なので私もテネレを購入して初期の段階でセンタースタンドを装備したのですが、コレが予想外の問題を持っていました。

    とにかくテネレの車重が重くて、一人でセンタースタンドを立てられないのです( ̄O ̄;)思い切っていけば良いのかもしれませんが、4月上旬にバイクでコケて右肩を負傷し、そちらの状態もすこぶる悪く、そうでなくとも下手に力を入れて腰でも痛めたら大惨事ですので、どうしたものかと悩んでいました。

    そのことを先日のテネレのメンテナンス時にモトランド蒲田のK店長に相談したところ、なんと素敵なものをご提案くださいました。

    コレ!コイツの名前はわからないですけど、私からしたら魔法の杖のような感動です。※後日バイク仲間のIさんに教えてもらいました。こいつの名前はエマージェンシースタンドというそうです。

    魔法の杖?!

    センタースタンドを立てるのにあんなに苦労したのに、アレはなんだったんだろうってほどコイツを使うと簡単に後輪を持ち上げられます(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    サイドスタンドを立てた状態で、サイドスタンド側にバイクを押して、反対側からコイツを滑り込ませると簡単に後輪が持ち上がります。

    簡単!
    こんなに簡単に後輪を持ち上げられるなんて(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    しかも、なんとK店長、こんなに良いものを餞別としてプレゼントしてくださいました∑(゚Д゚)

    本当に心からK店長ありがとうございます!

    めちゃくちゃ嬉しすぎて、ご機嫌大声で歌を歌いながら帰路につきましたよ(^○^)

    もし海外ツーリングを考えている方で、250ccとかの車重の軽いオフ車などで行かれる方は荷物を減らす意味でもセンタースタンドを付けるのが良いかもしれませんが、テネレのようなアドベンチャータイプなど車重の重いバイクをご検討されているなら、この魔法の杖は相当に素晴らしいものになると思います(*´ω`*)

    Facebook にシェア
    Pocket

  • テネレ 出発前最終整備

    Facebook にシェア
    Pocket

    東京出発まで一週間となり、テネレをいつもお世話になっているモトランド蒲田に持っていき、最終メンテナンスをお願いいたしました。

    バイクの免許を取得し、世界旅行をするためのバイク選びのときからK店長には大変お世話になり、これまでたくさんの助言もいただいてきました。

    振り返れば私のバイク初めて体験はこのモトランド蒲田でたくさんさせていただきました。

    モトランド蒲田ではバイク購入時からたくさんのアドバイスをもらいました( ^ω^ )

    初めてのロングツーリングもモトランド蒲田のツーリングイベントでした。日帰りで新潟まで行って、高速道路にも初めて乗って、ヘトヘトになって、楽しむどころか正直バイク怖い(´;Д;`)って思った一日でした。

    次男坊crf250l を購入して、生まれて初めてダートを走ったのもモトランド蒲田のオフロードツーリングイベントでした( ^ω^ )

    前日に雨が降り、ダートなんて走れるのかって不安になっていましたが、この時はいつも私のテネレを見てくださっていたMさんが引率してくださり、丁寧なアドバイスを頂戴して、ダートを走って、バイクってなんて面白いんだろうって知った一日でした(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    初めてバイクを購入するときからずっと親身に相談に乗ってくださり、今までたくさんお世話になりました。

    出発前最後にテネレを丁寧に見てくださったおかげで、モトランド蒲田からの帰り道、テネレはいつも以上に嬉しそうにエンジン回して走ってましたよ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    ピカピカになって嬉しそうなテネレ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    出発時には挨拶に伺いますのでよろしくお願いいたします( ^ω^ )

    Facebook にシェア
    Pocket

    このギャラリーは、5 枚の画像があります  写真 他

  • ロシア側の通関、とりあえず今の段階でやることは終わった

    Facebook にシェア
    Pocket

    フェリー会社からご紹介いただいたロシア側の通関の代行業者とのやり取りがとりあえず終わりました。

    ロシア側はバイクの受け取り側になるので、こっちにはインボイスの作成などは不要です。また担当者はロシア人ですが、メールのやり取りも非常に迅速で丁寧にご回答くださいます。

    ロシア側に提出したドキュメントは以下になります。

     

    ・パスポートの顔写真のあるページの写真

    ・ロシアビザの写真

    ・自動車登録証(陸運局で取得します)の写真

    ・車台番号の写真(車検証に記載されている番号がバイクのどこかに刻印されています)

    ・国際ナンバーの写真(カルネ取得時にJAFで一緒に申請可能です。カルネは発行日から一年間有効なので、なるべく直前に発行してもらった方がいいのですが、お願いすれば国際ナンバーだけ先に郵送してくれますし、スキャンしたものも送ってくれます)

    ・バイクの外観写真(私は前後左右からそれぞれ写真を撮って送りました。実際には両サイドにパニアケースが付くのですが、付けない状態の写真を送って確認したところ大丈夫との返事をいただきました)

    ・バイクの車種と年式(普通にメール本文に記載)

    ・日本の車検証の写真

     

    あとは、ロシアをバイクで走るには別途任意保険の加入が必須で、何ヶ月必要か聞かれます。私の場合は何度かロシアを出入りしますが、有効期間内なら入出国してもそのまま使えるとのことでした。

    ロシアーモンゴルーロシアーカザフを経由して中央アジアに入るので2ヶ月もあれば十分だとは踏んでいます。ただし、トルクメニスタンのビザ取得が難しいことと、イランには250cc以上のバイクは入れないという噂も流れているのでそこをどうしても通過できなければロシアに戻るしか道はないので、余裕を見て4ヶ月入ることにしました。

    業者に確認したところ、2ヶ月でも4ヶ月でも10〜15USDで金額にもほとんど差は無いということです。

    Facebook にシェア
    Pocket

  • 日本出国時の通関業務

    Facebook にシェア
    Pocket

    日本を出国するときとロシアに入国する際にはバイクの輸出入になるため、通関業務が発生いたします。

    2019年5月現在ではバイクと一緒にロシアに渡る方法は唯一鳥取県の境港からフェリーで渡る方法しかございません。

    DBSフェリーに予約を入れるとフェリー会社の方から日本側の通関の代行業者とロシア側の通関の代行業者を紹介していただけます。

    ロシア側の通関業務はロシア語で行う必要があるため、これはほとんどの方は代行業者を利用すると思います。私も現在やり取りをしていますが、とても対応が早くて丁寧な方なので、安心して利用できると思います。

    日本側の通関業務ですが、こちらはもちろん代行業者を利用しても良いと思いますが、税関に問い合わせれば丁寧に色々教えていただけるようなので、時間がある方は自分でやるのもありだと思います。

    私もせっかくの機会なので自分でできることは自分でやりたいので、自分でやってみようと思います。

     

    Facebook にシェア
    Pocket

  • 海外旅行保険はどうする?

    Facebook にシェア
    Pocket

    長期の海外旅行になるので、誰に聞いても海外旅行保険は必須と言います。

    それもそのはずで、海外で怪我や病気をして病院にかかった場合、日本では考えられないような医療費を請求されることがあります。海外旅行中に手術をして破産したという方は実際にいらっしゃるそうです。

    ではどんな保険に入るのが良いのかということで色々調べてみたところ、国内の保険ですと大体の相場として年間40万円ほどとなっています。唯一他社と比べて圧倒的に安い保険が東京海上日動の海外旅行保険で、プランにもよりますが、年間およそ20万円程度となっています。

    ただしこれらの保険は数年前に比べてどんどん高額化していってるようです。理由といたしましては、近年、海外旅行保険の保証を受ける件数が増えていて、かつ内容も高額化していることに起因しているそうです。

    予想以上に高額なので驚いていたのですが、それでも裏を返せばそれだけ海外でトラブルに巻き込まれるリスクは高く、保険は重要なものだということが伺えます。

    金額面を考えますと、国内の保険ではほぼ東京海上日動一択になってしまいますね(費用以外に譲れない保証の内容があれば当然別のものを検討する必要があると思いますが)。

    国内の長期の海外旅行保険は予想以上に高額でした(-。-;

    人によってはクレジットカードの自動付帯保険と利用付帯保険をうまく利用して、さらに別途加入する保険はバラがけにして必要最低限の費用に済ます方もいらっしゃるようですが、クレジットカードの海外保険だけが適用される期間などの保証はやはり心許ないですので、そこをどう捉えるかは難しい判断です。

    私の保険に対しての考え方といたしましては、今後の生活や今回の旅に大ダメージを与えるような損害を受けかねないトラブルに巻き込まれたときに保証されることが何よりも大事だと思っているので、少額の細かい保証というのは私にとっては保険としてあまり意味のあるものだと思っていません。

    ですので細かいオプションのようなものは不要と考えています。

    国内の保険は確かに保証が手厚いですがその分費用が高いです。

    そこで目を付けたのがドイツの保険会社のグローブパートナーです。

    こちらの保険は費用は東京海上日動の海外保険の半額程度ですが、金額の割に手厚い保証となっています。

    ただ細かいところで、携行品に対する保証が無いとか、病院にかかった時の通訳の費用が保証されないとかあるために敬遠される方も多いようです。

    でも、実際問題として、携行品の保証はされてもされなくても旅を続けるという面においては関係が無く、盗難や紛失の際にお金がいくらか戻って来たら嬉しいよねくらいのものです。

    通訳についても確かに現地語しか通じない地域ですと必要になるかもしれませんが、そのお金が無くて病院にかかれないとか破産してしまうということは考えられないと思います。これらの保証が無いために多額の借金を背負うようなことはまず無いので、私は気にしません。

    保険は長期の海外旅行をする際には必須かつ高額なものになりますので、きちんと調べて選びたいですね。

    ちなみに国によっては入国の際に英語の保険の証書を求められて、それがない場合、別途保険への加入をさせられることがあるようです。日本の保険会社の場合、英語の保険の証書の発行に数日かかるようですので、早めに検討した方が良さそうですね( ^ω^ )

    Facebook にシェア
    Pocket

    このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他