• カテゴリー別アーカイブ キャンプ用品
  • 旅の準備 » キャンプ用品
  • 初めてのハンモック泊

    Pocket

    以前の風の強い日のキャンプにて本当はハンモック泊デビューをする予定だったのですが、あまりの風の強さに日和ってその日はテント泊にしたのでした(∀`*ゞ)テヘッ

    しかし遂に待ちに待ったハンモック泊を実践いたしましたΣヽ(`д´;)ノ うおおおお!

    ハンモック

    なぜテントを持っているのにわざわざハンモック泊??とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。
    ハンモックの利点としてはなんと言っても設営と撤収の手軽さ。木が二本あればそこにつるすだけです。撤収もそれを外してまるめるだけ。なんてお手軽なんでしょう!

    さらには寝心地の良さもテントより良いと思います(^o^)ノ < おやすみー。テント泊の場合は下に石が無いかとか傾斜やその向きを気にしたりしないと寝苦しかったり場合によっては腰を痛めたりするのですが、ハンモック泊の場合は地面の影響を受けず、優しく包み込むようにくるんでくれるので、非常に寝心地が良いです。下が濡れていても関係無いというのもよりポイントが高いですね。

    キャンプ場では少し開けた広めの場所が人気スポットで場所取り合戦になることもございますが、ハンモック泊なら今のところそんなことはあまりないです。

    デメリットとしては中に大きな荷物は隠せない( ̄ー ̄)bヨイショ、ちょうど良い木が無いと設営できない( ゚д゚)ドシタ風が強い日は難しい( ̄Д ̄ )モヒトツといったところでしょうか?

    そういったデメリットがあるのは確かですが、それを補って余りある利点がハンモックにはあると私は感じております。

    そして、実際にハンモック泊をした感想ですが、非常に快適でした(>Д<)オメデト

    注意点としては、夏でも床側は冷えるので、きちんとエアマットや銀マットは敷いた方がいいです。でも、寝ている間にずれてしまうので冷える夜ハンモック泊は少し難しいかもしれませんね。それを防ぐためにアンダーキルトと呼ばれる防寒用のギアもあるそうですが、それを付けると収納時のコンパクトさに欠けるので、今のところ私は考えておりません。

    ただし、この日は泥酔してハンモックに潜り込んだためにきちんとエアマットをきちんと体の下に入れられなかったというのも大きく影響したとも考えられなくはないのですが…。

    もし、これからキャンプを趣味にしようと考えていらっしゃる方や、すでにキャンプはやっているという方でもテント泊の経験しかないという方はハンモック泊をしてみると楽しいかもしれませんよ。

    ちなみに私の購入したハンモックはヘネシーハンモック エキスペディションです。こちらはこれ一個買えばタープも蚊帳もつるすためのロープもすべて付いているので非常にお手軽です。

    この夏、キャンプに行こうとお考えの方はぜひテント泊も検討してみてはいかがでしょうか?

    ハンモックから見た景色

     

     

     

    Pocket

    このギャラリーは、2 枚の画像があります  写真 他

  • クライミットのエアマット 使用後の感想

    Pocket

    先日のツーリングキャンプでクライミットのエアマットを使用してみた感想を記載してみます。

    クライミット_エアマット

    【良かった点】

    これは予想外でしたが、朝まで全く空気が抜けていませんでした( ゚∀゚)ノィョ―ゥ。多少は抜けても仕方ないものだと思っておりましたが、この点については非常に高品質なものではないかと感じました。
    空気が抜けていなかったので寝心地についても非常に良かったと思います。

    また、当然ですが、銀マットに比べて収納時は非常に小さくコンパクトにまとまるという点については最大のメリットです。

    Amazonのレビューでは空気を抜くのが大変だったという意見もありましたが、その点については想定していたよりも大変だとは感じませんでした。ただし、この作業を毎日行うことがどの程度負担になるのかというのはまだまだこれから考察していきたいと思います。

    【気になった点】

    エアマットを使用する以上は必ず考えなければならないのがパンクの心配:(;゙゚’ω゚’):です。空気漏れも少なく、しっかりした製品なので他のものに比べてパンクのリスクは少ないとは思いますが、起こらないということはありえないので、そのリスクをどう考えるかは難しいところだと思います。特に空気の注入口のあたりは負荷がかかりやすい部分ですので気を付けるところかなと感じています。
    実際に、今回のキャンプの主催者であったIさんも同じ製品を以前使っていて、空気の注入口がパンクしたということでした。

    この製品については、実際に世界のバイク旅行に持っていくかどうかは、パンクのリスクを鑑みて今後判断していきたいと思います。

    場合によっては銀マットの方が良いのかなとも思っています。

    製品としては満足できるものだとは思いますが、価格面と(銀マットと比べるとパンクのリスクがあるという意味で)耐久性を考慮するとどうかなぁというのが個人的な感想です。

    Pocket

    このギャラリーは、2 枚の画像があります  写真 他

  • スノーピーク アメニティドームを試してみた

    Pocket

    先日のツーリングキャンプにて購入したばかりのテント(スノーピーク アメニティドーム)を試してみましたので良かった点、気になった点をまとめてみます。

    スノーピーク アメニティドーム

    【良かった点】

    まず、作りがしっかりしているということ。使用されている生地やポールの材質など値段(29,808円)に比して非常に良いのではないかという気がします。旅先でテントが壊れてしまったときの睡眠の確保に大ダメージを与え兼ねないため、長く使うにあたって壊れにくいということは非常に重要な項目だと感じています。

    また、このテントは強風に非常に強い作りになっているということです。Amazonのレビューでも他のテントが飛ばされているような環境の中でも、このテントは大丈夫だったというものがいくつもありました。
    アフリカや南米では特に強い風が吹くことも想定されるので、私の中では最もこの点を評価してこのテントの購入にいたりました。

    防水、保温もしっかりしているように感じました。先日のキャンプでは夜中は気温1℃まで下がったそうですが、テントの中はそのくらいの気温でしたらかなり快適でした。

    【気になった点】

    想定より大きかったです。バイク旅行において睡眠時にはパニアケースなどはテントの中にしまいたいので、2~3人用のサイズを選んだ方が良いという話がりゅうちゅんさんのブログにもありました。私自身も狭いテントの中で快適に眠れないということは心配ではあったので、大きい方が良いとは思うのですが、これからしばらく使ってみて、大きすぎることがデメリットになるのかどうかは見ていきたいと思います。

    2点目に気になったことは、設営の手間が多少あるかなということです。強風に耐えらえるようにということで、ペグダウンする箇所が多いので多少手間がかかるかなという印象です。強風が想定されない地域ではペグダウンの箇所を減らしても良いかとは思うのですが、そのことによりポールへの負荷が大きくなって破損に繋がることは怖いかなと感じます。
    ただし、この点についてはこれから使用していくにあたり、設営に慣れていくことでどこまで対応していけるかなという私自身のスキルの問題になってくると思います。慣れれば10分程度で設営できるという意見もありますので、そうなれば特に問題にならない点かと思っています。

    キャンプ初心者のため、これからまだまだ慣れたり学んでいった方が良いことはたくさんあると思いますが、とりあえず一回使ってみた感想としては概ね満足のいくものでした。

    Pocket

    このギャラリーは、2 枚の画像があります  写真 他