• カテゴリー別アーカイブ 旅の準備
  • 最後の予防接種(⌒▽⌒)

    Facebook にシェア
    Pocket

    このブログの記念すべき第1回目の投稿が予防接種に関するお話でした。色々な地域に行くので、旅を円滑に進めるためここは必要な投資だと判断し、予防接種はきちんと打ってきました。

    ついに計画してたのはうち終わりました\(^-^)/

    そして、最後に唯一たった一回の接種で免疫が作られる腸チフスについては直前に打ってから行こうと計画していたためこの時期になりました。

    正直もう面倒だから打たなくても良いかなぁなんて思っていましたが、知人に、以前に海外に行った際に腸チフスに罹り入院して大変な思いをしたので、腸チフスは絶対に打った方が良いよとのアドバイスをいただいたので、最後一回だけなのでと思い、重い腰を上げて行って来ました。

    これで当初から計画していた予防接種は全て打ったことになり一安心です。

    美人という部類ではないかもしれませんが、知的でハキハキした魅力のある小林聡美似の素敵な女医さんに、「気をつけて素敵な旅を」と笑顔で見送っていただきました。

    有効期限を先生が記入してくださいました(^o^)
    Facebook にシェア
    Pocket

    このギャラリーは、2 枚の画像があります  写真 他

  • カルネの申請をしてきました

    Facebook にシェア
    Pocket

    自動車カルネの申請をしてきました。

    朝9:00。JAF東京支部が開くと同時に伺いました。1階入り口を入ってどこに行けば良いのかわからなかったのでとりあえず2階に行き自動車カルネの申請に来たと伝えると、すぐに担当の方を呼んでくださいました。

    席に座って待っていると自動車カルネのご担当の方が来たのですが、ちょっと不機嫌に、予約はしましたか?と聞かれました。(えっ…、し、してない(´;Д;`)

    予約はしていないことを伝えると、困った表情になり、いきなり来られても困るということを言われました。

    確かにこれだけの資料を確認するのだから当然ですね…(-。-;

    せっかく仕事前の朝の時間帯に来たのに出直さないとならないかと思ったのですが、不満は口にはされたもののご対応してくださいました。

    何ヶ所か書き方に不安なところもあったのですが、特に問題ないということで、一通りの資料を確認して30〜40分程度で申請が完了しました。

    そのご担当者さんがおっしゃるには、予約無しにいきなり来る人の大半はギリギリのスケジュールで持って来て、書類に不備の多い人が多いため、私もその手の輩だと思ったそうです。

    私自身、出発ギリギリまで仕事をしているため、どうしても旅の準備に割ける時間が少なく、書類に関しても手直しが頻繁してしまって何度も役所を訪問することになったらそれこそ間に合わなくなる恐れがあるため、計画をきちんと立ててタスクやスケジュール管理をしているのが良かったですね(*´ω`*)

    Facebook にシェア
    Pocket

  • 自動車カルネ申請資料作成

    Facebook にシェア
    Pocket

    海外をツーリングする場合、国境を越える度にバイク自体は輸出と輸入を繰り返すことになります∑(゚Д゚)国によってはその手続きが煩雑で、場合によっては高い関税をかけられることがあるようです。

    手続きの煩雑さもさることながら、高い関税をいちいち払わないとならないとなるととてもではないですが、バイクで世界中を廻るなんてできなくなってしまいます_(:3」z)_

    そういった手続きを簡略化するために自動車カルネというものが存在します。

    カルネの取得のためにはそこそこの数の書類の提出が必要で、カルネが海外ツーリングのハードルを上げているなんて言われています(~_~;)

    ただ、私個人の感想としてはカルネの取得よりも、カルネそのもののルールが融通が利かず旅に大きな制約をかけているように感じます。

    カルネのルールを簡単に申し上げますと、持ち出したバイクは必ず日本に持ち帰ること、そしてカルネ自体の有効期限は1年間というものです。

    なので壊れちゃったから現地で処分するとか、輸送費が高いから現地で売却するとかはできません。また、カルネ有効国(カルネ不要な国には出入りできます)からはカルネの有効期限が切れるまでに出国しないとならないため、必然的に連続して旅を続けられる期間も限られてきます。

    カルネの延長もできなくは無いのですが、ほとんど一から申請し直すのと変わらないため、結局は一旦日本に帰国することになります(代理人申請もできなくは無いですが、そんな七面倒なことを誰かにお願いするってのはなかなか難しいと思います。)

    カルネの申請にはスペアパーツリスト(車載するスペアパーツおよび工具を記載)、パーソナルアイテムズリスト(主にテントなどのキャンプ用具を記載)、旅行計画書(何月何日にどの国を入出国するかを記載)、旅程ルート地図、申請書、車両に関する記載、誓約書(必ず日本に持ち帰ります。約束破って違約金が請求されたらちゃんと払ってね)などなど、そこそこの数の資料を提出します(-。-;

    私がこれらの資料を作成していて一番困ったのが、車両に関する記載で、「エンジン番号」なるものを記載しないといけなかったことです。このエンジン番号というものは車検証にもどこにも記載されておらず、エンジンに直接描いてある番号を見つけないといけません。これがそこそこ探すのが大変で、しかも見つけても果たしてそれが本当にエンジン番号なのかどうか確信が持てないのです(´;Д;`)(エンジン番号の写真を撮ってここに載せたかったのですが、車体のかなり奥まったところにあり、上手く撮れなかったので悪しからず…)

    私の場合はエンジン番号の上数桁をネットで検索したところ、同じ車種の同じ年式のテネレのエンジンがネットオークションに出されていて、そのエンジンのエンジン番号の上数桁と一致していたため、まず間違いなくこの番号で合っていると確信が持てたのでラッキーでした( ^ω^ )

    おそらく多くの人がご自身の所有されている車両のエンジン番号なんてご存知無いと思いますので、もしカルネを取得することがある場合には、バイク屋に行ったタイミングにでもどれがエンジン番号なのかを確認しておくと良いかもしれません。

    なんだかんだで色々ありますが、これらの資料を作成するのに、集中すれば週末の一日あれば十分なのですが、スペアパーツリストやパーソナルアイテムズリストなどはある程度直近にならないとわからないですし、カルネは出発してから1年間ではなく、取得してから1年間有効なので、早く取得すれば良いというものでもございません。

    スペアパーツも手元に届いたし、キャンプ道具も揃ったのでやっとカルネ申請のための書類作成に取りかかれました(*´ω`*)

    コレが終われば、あとはロシアに入るための通関用の書類の作成、国際免許の取得、長期の海外保険の加入…、アレレ、まだもう少しありますね(^◇^;)

    Facebook にシェア
    Pocket

  • ロシアビザ、届きました

    Facebook にシェア
    Pocket

    先日、間に合いそうだと伝えていましたロシアビザが無事に発行されて手元に届きました。

    これをフェリー会社に伝えてまた一歩前進です。

    ロシア語読めません∑(゚Д゚)

    ロシアビザ…、手には入れましたがロシア語全然読めません。現地では英語はほとんど通じず、食堂でもロシア語のメニューしか置いてないお店も多いようです。

    ピロシキ、ボルシチ、スパシーバ(*´ω`*)

    ハラショー!Yheeeeeeeee!♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪

    ロシア語、十分いけるね(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

    ハラショー!ハラショー!Yheeeeee!

     

    Facebook にシェア
    Pocket

    このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他

  • スペアパーツ

    Facebook にシェア
    Pocket

    バイクで旅をするにあたり、故障のリスクが付きまとうのは仕方がなく、国によってはパーツを手に入れることすらできない可能性もあります。

    そのため消耗品などのパーツはいくらかスペアを持って行くことも検討しないといけません。

    しかし、当然ながらスペアパーツを持ち歩けばその分荷物も増えるわけで、どこまで持って行くかは難しい判断となります。

    あまり荷物を増やしたくはないのですが、どこまで持って行くべきか皆目見当がつかないため、とりあえず思い付く消耗品および転倒時などに破損しやすいパーツを持って行くことにしました。

    まずは転倒したときに破損しやすいクラッチ/ブレーキレバーおよび劣化して破損したときに走行不可になる恐れのあるドライブチェーン、クラッチ/スロットルワイヤーはスペアを持っていきます。

    手元に届いたスペアパーツの一部

    ついで消耗品である前後スプロケットおよび前後ブレーキパッド。

    スペアタイヤを積んで走るライダーもいるようですが、流石に荷物になるのでそこまでは考えていません。タイヤのチューブも意外と嵩張って重量もあるので持っては行きませんが、必ずどこかでタイヤ交換の必要に迫られることがあるので、そのタイミングで一緒にチューブも交換し、荷物のスペースが許すのであれば古いチューブをスペアとして持って行こうと思います。

    持って行こうと思っているスペアパーツも揃ったので、次は遂に一番面倒だと言われている自動車カルネの取得となります。

    東京出発まで約1ヶ月を切り、旅の準備も佳境を迎えています。

    Facebook にシェア
    Pocket

    このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他

  • お金の管理はどうするの?

    Facebook にシェア
    Pocket

    長期の海外旅行ともなればお金の管理もどうするか悩んだりもしてみました。

    現在ではおそらく多くの国でクレジットカードによる支払いやATMでの現金の引き出しをできるんだろうなと思っているので、セキュリティ面も踏まえて以下のようにしようと考えました。

    まず全ての銀行の口座はネットバンキングで管理できるようにしておきます。

    そして基本的な支払いはデビットカードで行います。

    そのデビットカードから引き落とされる銀行口座には1〜2週間、最高でも1か月程度の旅の資金しか入れません。こうしておけば詐欺などで多額の金額を騙し取られるリスクが減ります。

    実際にトルコで7万円ほどで購入した絨毯が、日本に帰国後700万円の請求がきて現在色々な手を打って取り戻そうとしているけれど、ほぼ無理だろうという人がいらっしゃるようです。口座にお金がなければデビットカードではそもそも買い物ができないので多少は安心かと。

    ただしこれだけですとこの口座に振り込みができる環境にしばらく無い状況に置かれたり、カードの紛失や盗難にあった場合に困ってしまいますので、もう一つこの口座とは別に、少し多めのお金を入れておく銀行口座を用意しておきます。

    何かあったときにはそちらから引き落とされるカードで支払いするようにいたします。

    しかしこの二つの口座に旅の全資金を入れておくのではなく、カードで支払いをする口座には必要最低限に留め、旅の資金の大部分はもう一つの口座に入れておきます。この口座のカードは持って行かず、全てネットバンキングから各口座に振り込むときにのみ使用するようにしておけばセキュリティはかなり上がるのではないでしょうか?

    お金の管理

    整理しますと以下のようになります。

    1、主に支払いに使う少額の資金を入れておく口座を用意する

    2、カードの紛失盗難に遭ったり、1の口座にお金を補充できない環境に長くいるときなど、1の口座からの支払いが困難な場合に使用する予備用の口座を用意する

    3、旅の資金を管理し、1と2の口座への振り込みにのみ使用する口座を用意する。こちらはネットバンキングからのみ取引を行い、カードは持って行かない。

    あとはなんだかんだで米ドルは共通通貨として強いので、数万円程度の米ドルの現金は持って行くと便利とのこと。

    誰かがこうしているとかを参考にしたわけではないのでこれが良い方法かはわからないですが、こんな感じで行こうかと思っています。

    デビットカードですとスキミングの被害などに遭ったときに、すでにお金が引き落とされてしまっている状況になるので、クレジットカードに比べると多少面倒なこともあるようですが、保証されないわけでは無いですし。

    素人考えなのでツッコミどころがございましたら是非つっこんでください(⌒▽⌒)

    Facebook にシェア
    Pocket

    このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他

  • こんなん付けちゃいましたけど効果あるんかいな?

    Facebook にシェア
    Pocket

    先日のダート練習のときにアフリカツインに乗るビッグオフのアニキ、M〜んさんが何やらグリップのところに良さげなものを付けていました。

    M~んアニキのアフリカツインは一番奥

    何やら雨と風を防いでくれそうなちょっと良さげなもの(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    本来はスクーター用の風防らしいのですが、アフリカツインにも付けられたということ。お値段も1,000円程度とお安く、最悪テネレに付かなくてもそこまで痛くないので、買ってみることにしました。

    さて、いざテネレに付けようとすると元々付いていたハンドガードに干渉してうまく付かない∑(゚Д゚)

    仕方無いので干渉する部分を糸鋸でカット(-.-;)

    まだ付かない∑(゚Д゚)

    またカット(´;Д;`)

    まだ付かない∑(゚Д゚)

    またカット((((;゚Д゚)))))))

    ええい、クソと思って下半分をカットしたらうまく付きました。反対側も同じように下半分カットして装着(๑・̑◡・̑๑)

    右も
    左も
    なんとか付きましたとさ(^_-)-☆

    どれほどの効果があるかわかりませんが、邪魔になりそうもないのでコイツもとりあえず乗せてやらぁ╰(*´︶`*)╯

    Facebook にシェア
    Pocket

    このギャラリーは、2 枚の画像があります  写真 他

  • テネレ…?お前、大丈夫かε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘??

    Facebook にシェア
    Pocket

    先日のダート練習でテネレの身にちょっと気になる異変を感じました。

    走行中に突然エンストしたのです?!∑(゚Д゚)エエ

    2ndから3rdに変速するタイミングでアクセルを戻したときにエンストしたんだと思います…。

    アクセルを戻してクラッチも切ったのでそのまま惰性で走りながらセルを回して再度エンジンをかけて走行しました。

    その後はおかしなことは起こらなかったのですが、一度でもこのようなことがあると注意深く観察した方が良さそうですテネレヨヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3ダイジョブカ

    オマエの身に一体何が起きたんだ…?

    少し前にエンジンのかかりが多少悪いかなと感じてプラグの交換もしていますので、そのほか考えられる原因としては制御系のトラブルなのか、点火系のトラブルなのか…。

    素人の私ではわからないので、とりあえずバイク屋に持って行って見てもらいます。出発前のトラブルは勘弁してほしいところではありますが、出発後に発覚するよりも今の時点でアラートを上げてくれたのはありがたいです。

    テネレお前は良いやつだよ。ちょっと待っててくれな

    Facebook にシェア
    Pocket

    このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他

  • 出発前最後?!のオフロード走行

    Facebook にシェア
    Pocket

    出発前最後になるかもしれないオフロード走行の練習に行ってきました。

    次男坊CRF250Lがいた頃はS島などに行きダートを走る練習をしていたのですが、車体の大きいテネレではなかなかその機会も減っていましたので本当に良い練習になりました。

    この日は天気も最高に良く、富士山がとても綺麗でサイコーのバイク日和でした!(^^)!

    富士山も超絶キレイでした!

    でも本当に思うのはCRF250 Lがいたからダートを走ることに対する不安を多少なりとも拭い去ることができたのだなぁと。

    これからもしオフロードをやりたいという方は最初からできるだけ車体が軽く扱いやすいバイクを購入して練習することをお勧めします。まずは扱いやすいバイクに乗ることで体にバイクの扱い方を覚えさせれば上達は早いですし、そのあと大きいバイクに乗っても体の使い方が身についていると全然違うと思います。

    私は最初から重たいバイクに乗ってしまったから上達が驚くほど遅かったなぁと…。もともとのセンスが悪かったというのもあるのでしょうが…(//∇//)

    もちろんこの日も大変な思いをすることもありましたが、CRF250 Lでの練習の日々があったおかげで例えテネレであっても果敢に難所に突入できて楽しい一日を過ごせました。

    ヒルクライムもどきのようなことも(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    スタックしたり、細い道に侵入してUターンもできず後ろ向きにずり下げなければならないこともありましたが、珍しく転倒することもなく無事帰宅できたのも収穫です。

    テネレよ、一緒にいろんなところを走れて楽しかったな(^o^)

    もちろん海外では一人です。上記のようなことがあったり、荷物を積んだ状態で転倒すれば一人ではどうにもならなくなってしまうこともあります。ですので場所によっては特に慎重にならないといけないでしょうし、ゆうてもヘタクソには変わりないので過度の自信は持たないように自分の技量を見誤ることなく楽しく海外を走ってきます!

    Facebook にシェア
    Pocket

    このギャラリーは、3 枚の画像があります  写真 他

  • コレ、良いけどどうやって持ち運ぼう??

    Facebook にシェア
    Pocket

    先日のふもとっぱらキャンプに持って行ったポケトーチ

    風が少しでもあるとライターで火を点けるのは意外と難儀します。このポケトーチは使い捨てライターを装填するだけでバーナーになります。

    ポケトーチ

    コレ、本当にすごく便利です(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    でも、スイッチのストッパーが見当たらない…。兄弟品のガストーチはストッパーが付いているようなのですが、ポケトーチには見つからない…。

    フタも付いていないし、何かの拍子にスイッチが入ってしまったら大事故に繋がりかねないですよね?!

    ガストーチはCB缶から直接ガスを注入して使用できるので、国内で使う方はそちたの方が良いかもしれません。

    ポケトーチ、非常に便利なので持って行きたいのですが、持ち運ぶのは怖いなぁ…。持ち運ぶときはライターを外そうかとも思ったけど、ドライバーでネジを外す必要があるようだし…。

    どなたかこの問題の解決策ご存知ないですか?

    Facebook にシェア
    Pocket

    このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他