• カテゴリー別アーカイブ 旅の準備
  • 遂に届いた相棒(バイク)の装備

    Pocket

    先日、どのように世界旅行の相棒(バイク)を選んだのかについてお話いたしました。

    でもそれだけではなく、旅に出るには相棒にも旅に適した装備をしてもらいます。
    バイクそのもの自体はどうしても乗ることに楽しみを見出すものなので利便性においては自動車や自転車には敵いません。それでも、それを補ってあまりある自由を提供してくれるので多くの人がバイクに魅了されるのですけどね。

    先日注文していたパーツがやっとこさ届いたのでどんな装備にビルドアップされたのかお知らせします。
    私の相棒は日本のメーカーにもかかわらずヨーロッパ限定車のため、ほとんどのパーツがヨーロッパからの取り寄せになります。今回も注文をしてから約2か月かかったのでパーツの取り寄せも早め早めで動かないといけませんね。

    1個目~まずはなんといってもパニアケース

    長期の旅行計画(この旅の計画は別途ブログに上げます)ですので荷物もそれなりに多くなります。サイドバッグという選択肢もあるとは思うのですが、頑丈さやセキュリティを考えてここはケチらずにパニアケースを新調しました。パニアケースって付けると旅に出るんだって感じがしてずっとあこがれてたんですよね

    ただ、今回はサイドケースだけにしてトップケースは見送りました。理由としてはトップケースなしでそのままバイクの荷台とサイドケースの上に荷物を積んだ方が積載量は多くなりそうだと感じたのと、トップケースはバイクのかなり後ろに付くので重心が後ろになって前輪が浮きやすくなると小耳に挟んだからです。

    しかし、やっと届いたパニアケースなのに両サイドで4つ必要なはずの鍵が2つしか梱包されていませんでした…。2か月も待ったのに困るよね。まだ多少時間に余裕があるので気長に待ちますがまた2か月とかかかってしまうのでしょうかね…。仕方ないか…・

    パニアケース

    2個目~センタースタンド

    パンクなどの足回りの修理で後輪を浮かせたいことが旅先ではよくあるとのこと。通常の装備ではサイドスタンドしかないのでこれを追加!このブログで何度も取り上げているクロサワコウタロウさんの珍夜特急のユーラシア大陸偏でも、サイドスタンドがあれば良かった…という記述が何度か出てきます。自分でサイドスタンドで立てたり降ろしたりはだいぶ力とコツが要りそうなので不安ではあるのですが…

    3個目~サイドスタンドエクステンション

    これもクロサワコウタロウさんの珍夜特急で欲しかった装備として登場します。やわらかい地面の上にバイクを停めるときに、サイドスタンドの先端が少し広くなっていないと地面に沈んで不安定になってしまうそうです。珍夜特急の中では海外の現地のバイク屋さんに溶接して作ってもらっていました。

    サイドスタンドエクステンション

    4個目~サイドスタンド3cmカット

    これはメタボンさんのブログにアップされているメタボンさんの壮行会withおっさんさん、りゅうちゅんさん、MMGさんの中で、りゅうちゅんさんがおっしゃっていたのですが、荷物を積むと車体が沈んでサイドスタンドで立てても直立に近い状態になってしまうそうです。この動画の中でりゅうちゅんさんは10mmくらいとおっしゃっていましたが、モトランド蒲田店で3cmカットのサイドスタンドが在庫としてあったので、それをそのまま装着しました。

    取り付けをお願いした日が従業員の方がお休みだったりしたためお忙しい取り付け作業をしてくれたのですが、時間がかかってしまっているということで、こちらの取り付け工賃はサービスしてくれたのとパーツ自体も20%ほどディスカウントしてくださいました。本当にありがとうございますK店長。

    5個目~ナックルガード

    転倒したときにクラッチレバーやブレーキレバーを折ってしまうというトラブルは起こりやすいらしく、こちらも装着することにしました。YAMAHAの純正のパーツですと見た目はカッコイイけれど、頑丈さという観点では非常に心許ないのでツラーテックのパーツをK店長はオススメしてくれました。写真で見たものよりも実際に装着した感じは全然よかったのと、ハンドルロックをしたときにフロントシールドに干渉してしまう可能性があるとのことでしたが、それも無くこちらを選択して良かったです。

    ナックルガード

    6個目~タンクガード

    テネレのタンクは樹脂でできているためサビがガソリンに混ざらないという利点があるそうです。ただし、金属と違い転倒してぶつけたりすると変形するのではなく割れてしまうということでした。なのでタンクを守るためのガードです。
    こちらは本体購入時に同時に一緒に注文したのですが、パーツが届いたのはこのときも2か月以上経ってからでした。実は購入してすぐに立ちごけしたのですが、そのときにはまだこちらは装備されておらず少しキズがついてしまいました…。コケる前に届いて欲しかったですが仕方ないですね…

    これら以外にもアンダーガード(エンジンガード)とリアキャリアを装着しようかどうか悩んでいます。こちらについてはまた別途機会があればアップします。

    Pocket

    このギャラリーは、3 枚の画像があります  写真 他

  • 旅の相棒(バイク)の選び方

    Pocket

    世界を共に回る相棒(バイク)を何にするかというのもかなり悩んだことの一つです。

    私自身、前にも述べましたが二年ほど前に急に思い立ってバイクで世界中を回ることを計画し、そこからバイクの免許を取得したのでほとんどと言っていいほどバイクに関する知識はありませんでした(今でもあまりありません)(;´Д`)アウ…。

    ただ他のバイクで世界中を回った方々の書籍やブログを拝見し、マシントラブルバイクの性能で苦労をされた場面もしばしば登場してくる現実を考えると、実際にどんなバイクが良いのかは悩みました。

    ユアンマクレガーの大陸横断バイクの旅の中でも、バイク選びは相当に迷走していました(といってもメーカにスポンサーとしてバイクを提供してもらうことを前提に話を進めていたので、それが難しかったのでしょうが)。
    結局ユアンマクレガーたちはBMWのR1150GS アドベンチャーで冒険に出ることになりました。
    このバイクは見た目もかなり男前ですが、価格も相当な男前Σ(||゚Д゚)なので私の相棒候補にはなりませんでしたが。
    というより、そもそもが1150ccと大き過ぎて私が設定した基準からは外れていたので、最初から候補に入っていませんでした。

    R1150GS

    では、実際に私はどのような基準で相棒(バイク)選びをしたかというと、以下の4点です。

    1.オフロードバイク
    2.排気量500cc以上900cc未満
    3.航続距離が長いこと(500kmくらい欲しい)
    4.日本車

    海外では悪路を走ることは避けられないのでオフロード車であることは必須でした。
    更に以前紹介させていただきましたクロサワコウタロウさんの珍夜特急ユーラシア大陸編やおっさんさんのブログを拝見すると、排気量の小さいバイクでの巡行はエンジン負荷が大きく、かなり大変な思いをされているような記述がところどころあったため、ある程度排気量の大きいバイクであることも重要な条件と考えました。もちろん小型のバイクであることで取り回しの良さや悪路の巡行はより楽になるというメリットもあるので、そのあたりはどうしてもトレードオフの関係になってはしまうのですが…。また、反対にあまり大きすぎるバイクですと、それを乗りこなす技術は私にはないのでリッタークラスのバイクは対象外としました。
    それともう1つ、大きな大陸を走るのに、ガソリンスタンドが数百キロ先まで無いヽ(ill゚д゚)ノ アンビリバーボなんてことも十分に考えられるので、航続距離も長い方が当然良いと考えました。
    最後の条件の日本車というのは特に強いこだわりがあったわけではないですが、日本人として海外を走るなら日本車がいいかなぁ( ´∀`)bくらいの気持ちです。BMWのGS800とかカッコイイから全然乗りたいんですけどね。如何せん価格が男前過ぎる(゚Д゚;)アラマッのですよ。新人ライダーの私めがこんなん乗ってコケたら泣いちゃうよ。゚(゚´Д`゚)゚。ってのが目に見えていたので今回は他のにしよーっとって感じです。

    BMW GS800

    ところが、調べてみると日本国内で大排気量のオフロードバイクはかなり数が少ないということがわかりました。

    一番最初に行きついたのがHONDAのアフリカツイン。名前もカッコイイしと思ってバイク屋で聞いてみると、古いタイプのもので状態の良いのを探すのは大変なのと車体が重いよ((((;゚Д゚))))とのこと。また、アフリカツインの後継車であるCRF1000L Africa Twinが2016年に発売したと聞いたけれど、1100ccと大き過ぎるてとてもじゃないけど乗りこなせないだろうということで断念(´Д⊂グスン。

    Honda_XRV_750_Africa_Twin_2000
    CRF1000L Africa Twin

    そのほかになるとこの条件を満たすバイクはKTMやトライアンフ、BMWといった海外産のバイクがほとんどで、どうしようかなぁなんて思っているときにたまたまネットで見つけたのがYAMAHAのXT660Zテネレヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

    日本メーカーが出す排気量660ccのオフロード車、航続距離も約500kmとまさに理想的で、私が求める条件とピッタリΣ(゚∀゚)アヒャ。しかも見た目もメチャクチャカッコイイキャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

    これだ!!コレシカナイ!!と思ってバイク屋を回りましたが、実はコヤツ、YAMAHAのバイクのクセにヨーロッパ限定車ときやがりました(TдT)
    いい加減泣いちゃいますよ。もう逆におかし過ぎて笑っちゃいますよ(゚^Д^゚)゚。プギャーハハ。バイク屋さん曰く、この手のタイプのバイクは日本ではあまり売れないそうです。

    確かに日本国内走るのにはこんなに航続距離無くても困らないし、山道走るならもっと小さくて軽い方が扱いやすいし、山に行くまでの移動でも高速道路で100km/hくらいで走るなら250ccくらいでもなんとかなるし、ちょっと向いてないのかもしれませんね…。

    そんな風にあきらめかけていたとき、たまたま入ったバイク屋(モトランド平井店)の姉御肌の男前な雰囲気のお姉さんが、「テネレなら蒲田店の店長が乗っていて、その店長が積極的にテネレを仕入れているから蒲田店にならあるかもよ」とのことォオー!!(゚д゚屮)屮

    まじかーい!!キタ━(゚∀゚)━!ってことで蒲田店に電話をしていただくと在庫があるとのこと。ソッコーその足で蒲田店に見に行きました。

    そして、ここモトランド蒲田店のK店長はとっても親切な方で、バイクのこと全然知らない私に対して一生懸命相談に乗ってくださり、遂に念願の相棒(バイク)を手に入れることができました( ´∀`)つ□ 涙拭けよ!!。・゚・(ノД`)・゚・。

    遂に手に入れた最愛のパートナー。・゚・(ノД`)ヽ(゚Д゚ )ヨチヨチ

    愛車のテネレ

    こいつと一緒にいろんな人に出会って、いろんな景色を見て、いろんなことを経験して、一緒に泣いて、一緒に笑って…
    大変なこともあるとは思うが、よろしくナ((o(´∀`)o))

    Pocket

    このギャラリーは、6 枚の画像があります  写真 他

  • オンライン英会話を楽しく続けることができている理由

    Pocket

    前回、オンライン英会話は英会話を続ける手段としてはオススメという話をしました。
    ただしなんでもそうですが継続することが大切でありそれが難しいのも事実ですよねン( ̄^ ̄メ)。
    今回はまだ2か月ちょっとですが、私が毎日楽しくオンライン英会話を続けられている理由、コツのようなものについて話をしたいと思います。

    まず一つ目のコツです。

    最初の一週間(人によっては一か月になるか、それ以上になるかもしれませんが…)はとにかく英語の勉強に全力で集中することです。特にレッスンの予習復習を徹底的にやることが大切だと思います。
    私は最初の一週間は本当にしんどかったです。全然しゃべれなくて、30分弱のレッスンが長く感じて時計ばかりチラチラ見ている体たらくでした。
    ただ、幸いなことにオンライン英会話を始めたのが正月休みだったので、その期間は英語ばかりやっていたと思います。

    ちょうどオンライン英会話を始めて一週間経ったときにそれは起こりました。
    その日のレッスンで受講した先生が当時の私にマッチしたのも幸いだったのですが、その日の先生は非常にゆっくり丁寧に話をしてくださったので、リスニングもいつも以上にできて、落ち着いて会話をすることができました。

    それがきっかけで自信がついたのか、その日を境に急速に会話ができるようになったのです。

    正直英会話は初めのうちは中学レベルの英語で間違っても良いのでとにかく頑張って話すことが大切だと思います。要は最初は度胸が全てと言っても過言ではないでしょうか。多少間違っていても人間対人間です。先生も一生懸命こちらの言っていることを理解しようとしてくれて、いろいろと聞き返してくれるので、そのとき先生が使った表現をきちんとメモをするなり覚えて、一つでも自分のものにすれば私は十分だと思います
    そうやって積み重ねた知識を実際の会話の中で使えるようになったりすると英会話はどんどん楽しいものになっていきます。

    なので、コツとまでは言えませんが、最初の辛い時期は頑張って乗り越えましょう。そこを乗り越えれば一気に楽しくなりますよというのが一つ目のお話です。

    次に英会話を楽しむ二つ目のコツですが、こちらはその人の現在の環境に依存するかもしれません。

    私は独身一人暮らし中年男性なので、毎日若い外国人の女性とお話できるというのは非常に楽しい時間です(=⌒▽⌒=) 
    もちろん男性の先生もいるのですが、先生はこちらから指名できるので、私は基本的には女性の先生を指名しています。
    不純な動機だと言われていしまいそうですが、不純だろうが何だろうが相手に迷惑をかけない限り続けれられるきっかけをなんだって使ってやれば良いじゃないでしょうか

    男性女性問わず、特に一人暮らしの人にとっては職場以外の人と話す時間は有意義だと思いますよ。さらにはいろいろな国の人と自宅にいながら会話ができるのですから考え方次第でとても楽しい時間になるはずです。

    更には、基本的にオンライン英会話の先生は非常にインテリの方が多いです。途上国で大学や大学院で研究をされていた方々が多いので、知識が豊富で話していてとても楽しいです。私は最近はもっぱらDMM英会話が提供してくれる教材を使ってレッスンを受講していますが、先生の専門に近いような話題を選ぶと、より様々なことを教えてくれて非常に刺激的です。

    せっかく先生の指名ができるのですから、お気に入りの先生を作って、会話を楽しむということが継続のもう一つのコツだと思います。

    そして最後に、もしかしたらこれが番大切なことかもしれませんが、期限を設けた明確な目標を作ることだと思います。

    私の場合はバイクの旅に出ます。英語が通じる地域は全行程の中の半分以下かもしれません。
    それでも海外でいろいろな地域に住む人たちと言葉によるコミュニケーションを取れることを想像するとワクワクします。
    楽しい旅を想像して、一方でもし勉強しなかったことで悔しい思いをする自分も想像してみて、やっぱり頑張ろうって思います。

    もし、読者の皆さんもオンライン英会話を始めていみようと思うのでしたら夏休みや来年の正月休み、ちょっと早いかもしれませんが5月の大型連休に海外に行く予定を立ててみて、渡航先で英会話を楽しむ姿を想像してみてください。それがきっと継続するモチベーションにつながると私は思っています。

    Pocket

  • オンライン英会話のススメ

    Pocket

    またまたオンライン英会話の話です。

    先日、私はオンライン英会話で英語の勉強をしているというお話をいたしました。
    私は英会話を学ぶ手段としてオンライン英会話はかなりオススメだと思っています。

    その理由としては価格が安いにもかかわらず、非常に満足度の高いサービスを受けることができるのと、自宅でレッスンを受講できるので継続しやすいということです。

    オフラインの英会話教室ですと週一回のレッスンの受講で月謝1万円前後が相場ではないでしょうか?(オフラインの英会話教室に通ったことがないので認識が違っていたならごめんなさい(m´・ω・`)m ゴメン…)。
    それに対してオンライン英会話ですと家にいながら毎日30分弱のマンツーマンレッスンを受講できて月額6千円程度が相場です。1か月30日と考えると1レッスンあたり200円程度で外国人とマンツーマンで英会話ができるなんて数年前には考えられなかったことではないでしょうか。。

    でも始めたは良いものの、続けるのが難しいんだよ(`Д´)という意見があるかと存じます。いくら自宅にいながらレッスンを受けられると言っても、毎日継続するのは難しいという気持ちはよ~くわかります。

    私もすでにオンライン英会話を始めて2か月以上たちますが、毎日習慣化しているつもりでも、正直今日はシンドイなぁめんどうだなぁと思うことはあります。それでも続けられているコツとしては、毎日レッスンが終わったらすぐに翌日のレッスンの予約をすることです。予約をしてしまったら自分に負けそうな気持を我慢してキャンセルをしないことです。正直どうしようかなぁ、今日はやめたいなぁ…なんてグダグダしている間にキャンセルできない時間になってしまいます。そうしたらやるしかありませんからね(><)

    そんなのコツじゃないよ。それでもやるってのは意思が強いからできているだけじゃんって言われてしまいそうですね。
    当然毎日苦痛を感じていたらどんな方法を取ってもなかなか継続が難しいのは確かですね。

    ちょっと長くなってしまいそうですので今日はここまでにして、次回、少しでも楽しく続けるコツをいくつか紹介いたします。

     

    Pocket

    このギャラリーは、6 枚の画像があります  写真 他

  • オンライン英会話の選び方

    Pocket

    前回、語学についてのお話をした際に、実は今、オンライン英会話をやっているというお話をしました。

    今回は旅のお話とはちょっとずれますが、オンライン英会話を提供している会社はどのように選んだのかについて、私の場合のお話をいたします。

    まず、オンライン英会話をやっていると、「どこの会社のサービス?」とよく聞かれます。確かに私自身もまずオンライン英会話を始めるにあたってどこの会社のサービスを選ぶのかは多少考えました。

    でも、私の考えとしてはどれでもいいんじゃない?(゚‐゚*)です。またそれかよ!って言われそうですね。おめぇさんはいつもそうだよ。適当に決めて適当な答えしか用意しないから全然参考にならねぇと。
    す、すみません…m(。≧Д≦。)m。

    でもね、でも言わせてください。グダグダ悩んでるくらいだったら始めてみよう、やってみようと思うわけですよ。私はそんなに想像力が豊かでもないですので、結局やってみないと分からないんですよね。やらなければ何も始まらないし、やらなければ何も身につかないと思います。
    もちろんそれで失敗したら他のものを試そうという気になれないので、最初で失敗しない方が良いに決まってるのですが、ある程度有名なサービスであればお互いに切磋琢磨して頑張ってるハズなのでそこまで質の悪いものはないでしょうし、じゃ、それぞれのサービスの違いで私が習得できるものが大きく変わるほど私自身の能力が高いこともなく…m(_ _”m)

    もちろん、はっきりと明確な目的を持っている方はそれに強みを持っているサービスを選んだ方が良いとは思います。ビジネス英語を身に付けたいとか、TOEFL、TOIEC対策もしたいとか…。
    私の友人のNさんは大変優秀で素晴らしい経歴をお持ちです。そしていつも自己研鑽をされているのですが、お仕事のための英会話として、ビジネス英会話に強みを持つビズメイツをオススメされていました。

    私の場合は単に英会話」と漠然としたものだったので正直そんなにこだわる必要もありませんでした。そういった方は、いずれのサービスにしろ2~3回の無料体験レッスンがあるので、気になった会社のサービスの体験レッスンをいくつか適当にピックアップしてまずは試してみれば良いのではないでしょうか?

    私は結局2,3のサービスの体験レッスンを受講してみて、サイトのUIの作りと実際に受講した先生とのフィーリングでDMM英会話にしました。先生は毎回同じ先生を選べるわけでは無いのですが、それも縁だと思って考えすぎても仕方ないのでそうしました。参考になりそうも無くてすみません。でも、始めなければ何もわからない。まず一歩踏み出すこと。無料体験も自宅にいてできるのだからやってみましょうよ。っていうのが私の考えです。

    私は始めてみて、もちろん今日は憂鬱だなと思う日もありますが、それでも休むことなく毎日続けています(●⌒∇⌒●)

    ではなぜ私がオンライン英会話を続けていられるのかはまた別の機会にお話いたします。

    Pocket

    このギャラリーは、3 枚の画像があります  写真 他

  • 語学についてはどう考える

    Pocket

    「語学は得意なの?」

    これまた非常に良く聞かれる質問です。これに関しては出発してみないことには何とも言えませんが、とりあえず現時点でどう考えているのかということを記載してみようと思います。

    正直言って言葉なんてどうとでもなると思っています。

    この業界では非常に有名なバイクの松尾さんなんて、英語は野球に出てくるようなファーストやセカンド程度の言葉しか知らないということですが、それでも世界中を活き活きと楽しく旅をしているそうです。

    もちろん松尾さんの場合は対人コミュニケーションスキルが半端ないということもあるので、松尾さんができているから私もできるとは限らないのですが、人間対人間のコミュニケーションであるのだから何とかなるでしょうと甘い見通しでいます

    ただ、今回の旅のルート(これはまた別の機会に)を考えたとき、特に都市部は交通環境や治安面などを考えると極力避けたい、さらには田舎まちを訪ねる方が魅力的だなと思っているので、英語だけ勉強してもどこまで意味を成すのかわからないと感じています。

    ということを考えると、英語以外の語学まで日本で勉強してから行くなんてことはしてられないので、そのまま行くしかないというのが実際のところなのですが。

    と、ここまで語学は特に…、と言いつつ、実は今現在、オンライン英会話にて毎日外国人の先生と英会話を楽しんでいるのも事実です。。

    おいおい、そりゃ裏切者のやり方じゃねーか!って言われてしまいそうですね。中学生のころに、テスト前に全然勉強してねーよって言っておきながら実はバッチリ勉強してて、その言葉を信じてしまったがために、自分ひとり痛い目にあったみたいな…。

    英語が通じない地域もたくさんあるとは思うのですが、それでもまだ一番広い地域で通じる言語であることと、少しでも言葉でのコミュニケーションができたほうがより楽しめるのではないかと思っているのも事実です。困ることもあるかもしれないけど、なんとかなるだろうでもできないよりできた方がより楽しめそうだね。ということです。
    ダラダラと書いてしまいましたが、これが私が現時点で考えていることです。

    ま、実際にオンライン英会話を始めたところ、これが結構楽しくてたまたま毎日続けられているということでやっているので勘弁してください。

    今回はここまでにしますが、オンライン英会話についてもそこそこ皆さんに提供できるネタはあると思いますので、今後このブログでもちょいちょいアップしていこうと思います。

    Pocket

    このギャラリーは、3 枚の画像があります  写真 他

  • 予防接種はお早めに

    Pocket

    バイクで海外を旅行するにあたりやっぱり感染症は怖い(´д`ι) 

    黄熱病なんかは予防接種を受けていないと入れない国もある・゚・(;´゚д゚)ゞ・゚・

    なので訪問する国などを考慮して予防接種は受けていった方が良いわけなんだけど、モノによっては同じ種類の予防接種を2~3回受けて抗体ができるようなものもあって、半年くらいかかるものもある
    もししっかりと予防接種を受けてから出発したいという人はなるべく早め(出発の半年前くらい)に予防接種を受け始めた方が良い。

    で、どこで受けるのって話だけど、ネットでいろいろ調べてみたら東京だと東京医科大学病院渡航者医療センターってところで受けられるということがわかった。
    他の医療機関でも受けられるけれど 、私が調べた感じだと情報がしっかりしていて料金も他に比べて安めだったからここにした。

    あとになっていろいろ調べてみたら、同時期に同じバイクでロシアに出発予定のメタボンさんのブログでもっと安いところがあるということがわかった。

    しかし、当時は慌てていたのでこれは致し方ないかなと思っている。
    早め早めの準備で有利になれるのは、情報を多く集められて、より有利な選択肢を得られるというのが一番大きいと思う。
    でも、そうはいっても旅をしていれば想定外の事態はいくらでも起きうるわけだし、そのときそのとき得られた情報から判断してより良い選択をしていくしかないのだから、振り返って反省はしても、結果は割り切るしか無い_(:3」∠)_ 

    では実際にどんな予防接種が必要なのか?
    それは自己判断で!

    ………、それで済ませてしまってはこのブログを読んでいる方からしたらなんじゃそりゃって話だと思うので、実際に私が打った(打つ予定の)予防接種を下記にまとめます。

    ※各予防接種の詳しい内容はおっさんさんのブログに記載されています。

    予防接種名 接種回数 接種間隔 抗体有効期間 一回あたり費用
    A型肝炎(輸入) 2回 6か月 5年 10,800円
    B型肝炎  3回 2回目:1か月
    3回目:1回目から6か月
    5年 5,700円
    破傷風  1回 10年  3,400円
    狂犬病(輸入) 3回 2回目:1週間
    3回目:1回目から1か月
    ⇒3/26追記
    4回目:1回目から1年
    5年
    ※2年という話もあるので再度確認
    ⇒3/26追記
    4回目を1年後に受けると有効期間が5年になるとのこと。3回だけだと2年間⇒7/30追記
    別の先生から3回の予防接種で2~5年間有効と言われる。何が正解か不明。
    もうわからないので3回で私は旅に出る
    13,500円
    腸チフス  1回  ー 3年 8,800円
    黄熱病 1回  ー 生涯有効 12,000円
    ダニ脳炎  3回 2回目:1か月
    3回目:1回目から6か月
    確認できたら追記予定
    ⇒3/26追記
    50歳以上では3年、50歳未満では5年
    11,500円
    麻疹 1回 生涯有効 7,000円
    合計 15回 144,900円
    お医者さんが書いてくれた予防接種スケジュール

    うん。たくさん打ってるね。

    シャブじゃないよ

     

    お金いっぱいかかってるね。

    しんじゃうよ~

    メタボンさんなんかはかなり種類を絞って打ったようです。
    2011年頃にバイク世界一周をしたおっさんさんはそこそこ打ったみたいですが、私はそれ以上に打ちます。

    予防接種は医療保険対象外で一本あたり数千円から1万数千円するので、何を打つかで数万円単位で変わってきてしまう。

    ここは難しい判断になるかと思いますが、打つことでリスクが回避できるなら私はここは数万円程度であれば支払うべきコストかなと判断しました。

    ここを節約したがために旅を途中で断念しなければならなくなったとか、大きく予定を変更しなくてはならなくなったといった事態に陥ったら悔しいので数万円の支出であれば仕方ないとの割り切りです

    黄熱病に限って言えば、アフリカ南米で予防接種を打っていないと入れない国があるので渡航を検討している方は必須になりますが、それ以外は結局は自己判断になります。

    これから海外を長期旅行されるかたは、ご自身の旅のプランと照らし合わせて考えてみてください。恐らくお医者さんも相談に乗ってくれると思いますよ。

    私の場合は、いい年したおっさんがバイクで世界旅行??
    お前頭おかしいんじゃねぇの!いい加減大人になれよって顔されるかと思っていたら、担当してくれたお医者さんは非常に理解のある方で前のめりでいろいろと話を聞いてくださいました。

    Pocket

    このギャラリーは、4 枚の画像があります  写真 他