• カテゴリー別アーカイブ 旅の準備
  • これは買わなくて良かったかなと思ったらとても便利だった その2

    Pocket

    前回に引き続き、買った時には買わなくても良かったかなと思ったけれど、実際にキャンプ場に持って行って便利だと思ったもの第2弾です。キャンプ用品のレビューなんてされても全然興味ねえよ!ってご意見もあるかもしれませんが、一方でアウトドアをされる方から(へっぽこキャンパーの)キャンプ用品のレビュー面白いねとのご感想もいただいてしまったので…。ご興味の無い方は読み飛ばしてください。

    第2弾はチャムスのマルチハードケースです。

    おしゃれな見た目に惹かれて思わず買ってしまい、早くも荷造りをしている時点で、こんなおしゃれなケースを持って行っても汚したくないから気を使ってしまいそう、あまりいらなかったなと思っていました。

    おしゃれなチャムスのケース

    とりあえず小物類を入れて持って行ったのですが、こちらのケース、テント内での就寝前に大活躍でした。

    寝る前にこういった入れ物が枕元にあるっていうのは大変便利です。キャンプに行くときって気づくとたくさんの小物類を身に着けています。

    腕時計、眼鏡、スマートフォン、モバイルバッテリー、アクションカメラ、歯ブラシなどなど、だいたい適当にテント内に置いて、寝袋の下や脱いだ洋服の下敷きになって探すのが面倒という経験って結構あるのではないでしょうか?

    このケースはそこそこ大きさもあるのでそういった小物類をポンポン投げ入れておくだけで非常に整理されます。

    小物をポンポン投げ入れとても便利

    こちらも少しお値段も張るので、代用品になるようなものなら何でも良いと思いますが、ふたを大きく開けられる小物入れは大変重宝します。

    Pocket

    このギャラリーは、2 枚の画像があります  写真 他

  • これは買わなくて良かったかなと思ったらとても便利だった

    Pocket

    amazonで購入して、実物が家に届いた時点では、うーん買わなくても良かったかなと思ったDODのライダーステーブル

    とりあえず前回のふもとっぱらキャンプにせっかく買ったのだから試しとばかりこいつも連れて行ってやった。

    するとどうでしょう?今までのキャンプではバイクのパニアケースの一つをテーブル代わりにしていて窮屈さを感じていたのですが、こいつ一台でかなり快適に過ごすことができました。

    広くてしっかりしていて快適

    作りも大変しっかりしていて満足な一品です。ソロでキャンプツーリングなどされる方にはかなりオススメです。ただし少しお値段がお高いですので、もしかしたらもう少し低価格の類似品でも良いのかもしれませんが。

    パニアケースをイスに、ライダーステーブルをサイドに

    本番の世界ツーリングでは持っていかないつもりでしたが、思わず連れて行ってあげたくなってしまっています。

    そんな旅にそんなところのちょっとした快適さを求めてどうすんだ?!って声が聞こえてきそうですが、荷物をもう少し減らせば連れて行ってあげられなくもないんでないか??

    ちっちゃくなって軽いよ?!
    Pocket

    このギャラリーは、2 枚の画像があります  写真 他

  • SOTOストームブレイカーの使用感

    Pocket

    先日のふもとっぱらキャンプの一番の目的は先日なんとか購入できたSOTOのストームブレイカーを実際に使って慣れてみるということです。

    ストームブレイカーで湯を沸かす

    一回のキャンプで使用しただけですが、結論として、SOTOストームブレイカーはかなり良さそうだなという評価をしています。

    私のようなど素人でも、数回試せば普通に使えるようになります。

    と言いつつ、私が試しに火を付けようとしているとみんなから「もっと遠くでやれ!あっちでやれ!」の大合唱。私が火を触るのそんなに怖いかい…(ー ー;)

    でもそうは言いながら初めて使ったときはKさんのボーイフレンドのとっても優しいSさんが近くで見てくれてなんとかできたという感じでしたが。理解力の乏しい私が説明書を読みながら苦戦していると、Sさんがいろいろとアドバイスをくださいました。

    私が「説明書がよくわからん」って言っているとSさんが「こうじゃない?」と教えてくださり「説明書に書いてある通りだね」と言われるのを繰り返す。恐らく私がアフォなだけでしょう。

    でも、1〜2回試してみれば誰でも使えるようになると思います。

    へっぽこキャンパーのクセに火をつけるとカッコよく見える
    でも実際はこんなに怪しい人(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    ちなみにこのバーナーの別売りのガソリンボトルは法基準を満たしていないので、ガソリンスタンドなどで給油はできません(携行缶は別途それ用のものとして販売されています)。

    別売りガソリンボトルは携行缶基準を満たしていません

    今回はバイクから直接ガソリンをポンプで吸い上げたのですが、ポンプの使い方を知らない私は、大量にガソリンをこぼしてしまいました。

    これには周りから「クセェクセェ」の大合唱。ごめんなさいでした(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    サイフォンの原理ってヤツですね…。高校大学時代はそこそこ勉強したつもりなのに何も生かされない…。Kさんにサイフォンの原理だよって指摘されるまでそのことにすら気付けない…。

    知識は人生のあらゆる場面で助けてくれます。だから勉強ってとても大事だと思います。でも、私のようなアフォは経験しないと身につけられない…。

    何はともあれストームブレイカーはガソリンバーナーとしては秀逸だと思います。国内でのみ使用する方はガスバーナーの方が気軽に使えるのでわざわざこちらを購入する必要はないかもしれませんが、海外でも使用される方にとっては自動車が走っているところならどこでも手に入れられるガソリンが使えるこの商品は非常に便利だと思います。

    富士山を背景にストームブレイカー
    Pocket

    このギャラリーは、4 枚の画像があります  写真 他

  • フェリーの予約完了

    Pocket

    海外をバイクで回るって言うと、どこからどのように行くのかご質問を受けます。

    現在日本からバイクと自分自身が同乗して出発できるのは鳥取県の境港からロシアのウラジオストクへ行く船便のみとなっております。

    以前はサハリン行きの船便もあったようですが、現在ではバイクを積むことはできないようです。

    その他、東アジアや東南アジアの国々にバイクを持ち込んでの旅行は現在は不可能なため、最も東から出発するのはロシアからとなります。

    この境港からウラジオストク行きの船便の予約をする際に、ロシアビザが間に合うかわからないと伝えましたが、後から変更しても大丈夫なので、ということで先に予約をしてくださいました。

    結果的にロシアビザも間に合うのでそのままの予定で行けます)^o^(

    バイクを持ち込むため日本側とロシア側で通関業務が発生するので、その代行業者への依頼や、そのため書類の取得などやらなければならないことはまだいくつかございますが、ビザの申請と交通手段の確保で少しホッとしました。

    Pocket

    このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他

  • ロシアビザは間に合いそうです(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    Pocket

    先日、ロシア側の招待状発行システムの不具合でロシアビザの取得が間に合わないかもしれないというお話をいたしました。

    結論から申し上げますと十分間に合いそうです。

    ビザは間に合いそうです(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    どうなってしまうのかと思い直接ロシアビザの申請代行業者に問い合わせました。ロシアビザにはいくつかの種類があり、私の場合、決められた期間内に何度でも出入りできるマルチというタイプのものが必要です。

    今までネット上で目にしていたマルチビザは1年間のビジネスビザというもので、そちらを取得するにはロシア側の招待状が必要になり、確かにその場合は発行が出発のギリギリになってしまう恐れがございました。

    しかし、その業者のHPをよく見ると観光6ヶ月マルチビザというものも存在し、こちらの場合、招待状は即日発行できるということで、ビザの発行は十分間に合うということがわかりました。

    日本から車両を持ち込み旅行するのもこのビザで問題ないということでした。

    こちらのビザは6ヶ月の間に何度でも入国が可能ですが、6ヶ月の間のロシアでの滞在日数の合計は90日以内、連続滞在日数は30日以内となっています。

    ロシアを西に向かってヨーロッパまで駆け抜けようと思うと厳しい日程になってしまいますが、私は旅の前半のハイライトはモンゴルや中央アジアと考えていますので、これで大丈夫だと思っています。

    のっけから焦りましたが、とりあえずなんとかなりそうで良かったです。

    Pocket

  • ヤバイよヤバイよロシアVISAが間に合わない?!

    Pocket

    ロシアVISAの取得が出発予定日までにできるかかなり際どい状況ということに気づきました(>人<;)

    ロシアVISAの取得は入国の3ヶ月前から可能なのですが、仕事の兼ね合いなどで出発日を確定させられておらず、まだ取得していない状況でした。

    やっと出発日を確定したので、早速ロシアVISAの申請をしようとしたのですが、なんとロシア移民局の招聘状発給システムにトラブルがあって発給が遅れているとのことです。

    そのため私より2週間近く早く申請をしている方で、すでに6/8以降の出発にするように勧められたということです。

    私の場合、ロシア→モンゴル→ロシア→中央アジアと最低限2回はロシアに入国する必要があります。また中央アジアの中でもトルクメニスタンのVISAの取得が非常に難しいらしく、さらに悪いことに、直近でイランの法改正があって大型バイクでの入国ができないとの噂も流れて来ました(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

    もしトルクメニスタンやイランへ入国ができなかった場合、カスピ海を経由して西側に移動するか再度ロシアに戻るという方法しか無いのですが、そうなると場合によっては3度目のロシア入国の必要に迫られる可能性がございます。

    ビザが間に合わない

    その場合はロシアVISAは期限内であれば何度でも入国できるマルチというタイプのVISAが必要になります。マルチVISAを取得するためには招聘状が必要になるのですが、ただでさえ時間のかかる招聘状の発行がシステム障害でさらに遅れているというピンチヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

    ダブルという2回入国までできるVISAならもっと早く取得できるようなので、最悪それで行くことも視野に入れないとならないかもしれません。ただしその場合、トルクメニスタンに入れなかったら先にも進めず後にも戻れず…。

    ありゃりゃ??

    とにかく日本を出ないと始まらない…。

    Pocket

    このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他

  • 何事も早めに

    Pocket

    早め早めに準備をして、気持ちに余裕を持って出発したいって思っていたのですが、やらかしてしまいました。

    キャンプ道具を一通り揃えてはいましたが、バーナーに限っては今までカセットコンロで代用できていたこと、来たるべき時が来たらいくつか比較して購入しようなどと考えていたことからまだ購入に至っていませんでした。

    春になったし、またキャンプに行こうと思い始めようやくバーナーの購入を検討し始めました。

    バーナーを検討するにあたり必須条件はガソリンバーナーであること。しかもホワイトガソリンでは無く自動車ガソリンが使えることです。

    理由としては、海外でガス缶が入手できる地域は限られていることから、自動車が走っているところならどこでも入手可能なガソリンで火を起こせるということが必要条件でした。

    その中で最も秀逸だと思われるガソリンバーナーを見つけました。

    SOTOのストームブレイカー

    コヤツはガス缶も使える一方で自動車ガソリンが使え、さらにガソリンバーナーのハードルを上げる要因の一つであったプレヒートが不要という優れもの。

    さらに一つ前の型であったSOTOのMUKAストーブにあった最大の欠点であるジェネレーターが消耗品でガソリン20L毎に交換が必要という長旅にはかなり不利に働く仕様も解決されています。

    これはもうストームブレイカーの一択だと思い早速amazonで検索すると売り切れ…。しかも入荷時期未定。

    楽天で検索かけるも唯一注文できるショップでも1〜3ヶ月待ち…。

    メルカリの出品を探すも見つからない。

    つい先日までamazonで普通に買えたのに…。

    キャンプの師匠、Kさんにこのことを話すと

    「はぁ?何言ってんの。そんなもんとっくに買ってると思ってたよ。これからキャンプシーズン始まるのに無くなっちゃうに決まってるじゃん。あのね、普通はもっと早く買って色々試して練習してから行くものなの。海外にバイクで行くって、私、ヒデさんが心配だよ。」

    頭を抱えるKさん
    顔を覆う北海道に帰るYさん

    いつもは優しいKさんの厳しいお言葉…。自分のいい加減っぷりに返す言葉もございませんT^T

    とりあえずどこかアウトドア専門店に置いて無いかと思い立ち寄ってみると、なんと1軒目で発見!

    事なきを得ました。やっぱり早め早めの準備が大切ですね…。

    ストームブレイカー購入!

    追記

    ちなみに現在(2019.4.19現在)は、またamazonでも購入が可能になっています。

    Pocket

    このギャラリーは、2 枚の画像があります  写真 他

  • 旅のステッカーのデザイン完成

    Pocket

    海外を走るライダー同士、ステッカーの交換をすることが度々あるということを小耳に挟みました。

    そこで以前勤めていた会社の同僚だったデザイナーAちゃんにステッカーのデザインをお願い出来ないか相談したところ快諾してくれました。

    ただ単にイメージはカッコ良く!!という非常につかみどころの無い注文だったにもかかわらず、本当にカッコイイものを作ってくださいました。

    この惑星に吹け 優しい風

    このAちゃんは女性らしい可愛らしいキャラクターやキレイな女性画を描くイメージだったのですが、プロってやっぱりスゴいって思わされるカッコいいデザインを細部まで丁寧にこだわって作ってくださいました。

    「この惑星に吹け 優しい風」

    このステッカーに書かれているように、優しい穏やかな気持ちでこの惑星の笑顔に、逢いに行きます。

    Pocket

    このギャラリーは、1 枚の画像があります  写真 他

  • ありがとう次男坊(CRF)、そしてさようなら

    Pocket

    約一年前に購入した次男坊ことcrf250l を手放すことになった。もともとオフロードを一度も走ったことのない私の練習用で、壊しても良いつもりで購入したものだが、この一年間本当に頑張ってくれた

    一年前、私のもとに来てくれたばかりのピカピアの次男坊

    結局購入して半年近くは一人で林道などを走る勇気が無く、ほとんど活躍の場を与えてあげることができなかったのだが、勇気を出してオフロードの世界に飛び込んで、自分でも驚くほどヘタクソでセンスの欠片もない中、お世話になったオフロード仲間の方々にたくさんのことを教えてもらいながら、後半の半年ほどは毎週のようにオフロードを走って大変お世話になった。

    ヘタクソ過ぎて転んでばかりだったが、ヘソを曲げる事も無く毎回元気にエンジンを回して私を鼓舞してくれた。

    転んでクラッチレバーがおかしな方向へ

    周りのオフ車乗りの方たちからは、crf250l なんて重たいし、見た目をオフ車にしてるだけで、実際はオフロードを走るようなバイクじゃないんだから、もっとオフに適したバイクに乗り換えなよなんて言われたりもしたが、ヘタクソで転倒を繰り返してばかりでも壊れる事もなく、コイツは私に海外で走るための不安をだいぶ取り除いてくれた恩車である。

    初めてダートを走った千葉の林道も、温泉に入った群馬の林道も、見晴らしのいい場所でコーヒーを飲んだ静岡の林道も、美しさに目を奪われた道志の林道も、毎週末のように行って泥だらけになって一緒に遊んだS島も本当に楽しかったよ。

    伊豆の林道では素晴らしい景色を見ながらコーヒーを飲んだね
    道志の林道は本当にきれいだった

    バイクってこんなに楽しいんだって教えてくれたのは間違いなくおまえだから。楽しすぎて思わず旅に出ないで、一生こうして遊ぶだけでも良いんじゃないかって思ってしまうほどだったよ。

    今回、ありがたいことに友人のFくんが買い取ってくれるということになったので、これからは新しいオーナーさんの元、今まで通り元気に走り回ってな事故の無いようにFくんのこともよろしく

    最後に一緒に記念撮影
    ありがとう次男坊

     

    Pocket

    このギャラリーは、5 枚の画像があります  写真 他

  • 初めてのハンモック泊

    Pocket

    以前の風の強い日のキャンプにて本当はハンモック泊デビューをする予定だったのですが、あまりの風の強さに日和ってその日はテント泊にしたのでした(∀`*ゞ)テヘッ

    しかし遂に待ちに待ったハンモック泊を実践いたしましたΣヽ(`д´;)ノ うおおおお!

    ハンモック

    なぜテントを持っているのにわざわざハンモック泊??とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。
    ハンモックの利点としてはなんと言っても設営と撤収の手軽さ。木が二本あればそこにつるすだけです。撤収もそれを外してまるめるだけ。なんてお手軽なんでしょう!

    さらには寝心地の良さもテントより良いと思います(^o^)ノ < おやすみー。テント泊の場合は下に石が無いかとか傾斜やその向きを気にしたりしないと寝苦しかったり場合によっては腰を痛めたりするのですが、ハンモック泊の場合は地面の影響を受けず、優しく包み込むようにくるんでくれるので、非常に寝心地が良いです。下が濡れていても関係無いというのもよりポイントが高いですね。

    キャンプ場では少し開けた広めの場所が人気スポットで場所取り合戦になることもございますが、ハンモック泊なら今のところそんなことはあまりないです。

    デメリットとしては中に大きな荷物は隠せない( ̄ー ̄)bヨイショ、ちょうど良い木が無いと設営できない( ゚д゚)ドシタ風が強い日は難しい( ̄Д ̄ )モヒトツといったところでしょうか?

    そういったデメリットがあるのは確かですが、それを補って余りある利点がハンモックにはあると私は感じております。

    そして、実際にハンモック泊をした感想ですが、非常に快適でした(>Д<)オメデト

    注意点としては、夏でも床側は冷えるので、きちんとエアマットや銀マットは敷いた方がいいです。でも、寝ている間にずれてしまうので冷える夜ハンモック泊は少し難しいかもしれませんね。それを防ぐためにアンダーキルトと呼ばれる防寒用のギアもあるそうですが、それを付けると収納時のコンパクトさに欠けるので、今のところ私は考えておりません。

    ただし、この日は泥酔してハンモックに潜り込んだためにきちんとエアマットをきちんと体の下に入れられなかったというのも大きく影響したとも考えられなくはないのですが…。

    もし、これからキャンプを趣味にしようと考えていらっしゃる方や、すでにキャンプはやっているという方でもテント泊の経験しかないという方はハンモック泊をしてみると楽しいかもしれませんよ。

    ちなみに私の購入したハンモックはヘネシーハンモック エキスペディションです。こちらはこれ一個買えばタープも蚊帳もつるすためのロープもすべて付いているので非常にお手軽です。

    この夏、キャンプに行こうとお考えの方はぜひテント泊も検討してみてはいかがでしょうか?

    ハンモックから見た景色

     

     

     

    Pocket

    このギャラリーは、2 枚の画像があります  写真 他